SECI model
(Nonaka Takeuchi)

ナレッジセンター



動的組織の知識の作成の統一されたモデル。 NonakaおよびTakeuchiのSECI modelの説明。 (「95)

下記によって貢献される: トムDe Geytere


SECI model Nonaka TakeuchiSECI modelは何であるか。 記述

Ikujiro NonakaおよびHirotaka Takeuchiは知識の作成の動的性質を理解し、そのようなプロセスを効果的に管理するためにプロセスを創造する知識のモデルを提案する: SECI model。 それは3つの要素から成っている:

  1. SECI
  2. Ba
  3. Knowledge Assets

この3つの要素は組織的にそして動的に互いに相互に作用している。 組織の知識の資産は「Ba」で個人が保持する暗黙の知識が知識の螺線形によって変えられ、増幅される一方動員され、共有される:

  • 社会化
  • 外在化
  • 組合せ
  • 内面化

3つの要素は構成が知識を絶えずそして動的に創造できるように明らかなリーダーシップの下で統合されるべきである: それは組織のメンバーのための訓練にならなければならない。


SECI

知識の作成は暗黙および明確な知識間の動的相互作用の連続プロセスである。 知識の転換の4つのモードは知識の作成の螺線形で相互に作用している。 螺線形は組織のレベルを通って動くなり、知識の作成の新しい螺線形を誘発できると同時にスケールでより大きく。
BaのSECOモデル4部門
社会化。 さしせまったコミュニケーションまたは共用経験による暗黙の知識の共有。 例は年季奉公である。
外在化。 結合された暗黙の知識を埋め込む成長の概念。 そしてコミュニケーションを可能にする。
組合せ。 明確な知識の様々な要素の組合せ: プロトタイプを造ることは例である。
内面化。 することによって学習に密接につながれて、明確な知識は個人の知識ベース(例えば精神モデル)の部分になり、構成のための資産になる。


Ba

この困難な概念は知識が共有される共用文脈と(単語の厳密な翻訳がない)定義され、相互作用によって創造され、利用することができる。


図表は様々なタイプのBaを、知識創造プロセスの特定のステップのための文脈を提供するそれぞれ説明する。

Seven-Eleven (日本の便利の店)を使用して部門の例、:

  • Baの発生: 作業現場、それは人々が互いにそして顧客と相互に作用していることを可能にする。
  • 対話のBa: ローカル従業員の暗黙の知識がダイアログの販売の予測を、互いに創造するのに使用されている。
  • Baの組織化: 販売の予測は営業成績に対してテストされ、ローカル店に戻る。
  • Baの運動: 現実とこの情報およびそれを予測をする比較することを使用して、スタッフは技術および機能を増進する。
     

知識の資産の4つの部門知識の資産

これらは会社のための価値を創造するために不可欠の会社特定の資源である。 それらは知識創造プロセスの入力、出力、および緩和の要因、である。


効果的に知識の作成および開発を管理するために、会社は知識の資産の目録の「地図を描かなければ」ならない。 しかし分類は十分でない: 知識の資産は動的である; 新しい知識の資産は既存の知識の資産から創造することができる。

 













次の図表に於いてのリーダーシップの役割は説明される:
SECI -リーダーシップの役割
 

SECI modelの起源。 歴史

NonakaおよびTakeuchiからのモデルは暗黙および明確な知識(1983年)間のPolanyiの区別に基づき、日本ビジネス文化見通しからの知識の作成そして経営の理解を提供する。


SECI modelの強さ。 利点

  • 知識および知識の作成の動的性質を認める。
  • 関連したプロセスの経営にframeworkを提供する。

SECI modelの限定。 不利な点

  • それは暗黙の知識に重く頼る日本の組織の調査に基づいている、: 従業員は生命の会社と頻繁にある。
  • 概念の直線性: 螺線形はステップを跳ぶことができるか。 それは左回りに行くことができるか。

本: Ikujiro Nonaka, Hirotaka Takeuchi - The Knowledge-Creating Company -


特別興味グループ - SECI model


特別興味グループ (2人のメンバー)


フォーラム - SECI model  

ここであなたは興味深くそして教育的な議論を見つけるでしょう。


  Relevant for Knowledge Management
I found this article very interesting for my course work...
 
 
 
 
  The Meaning of the Japanese Word Ba (1反応)
I need a bit more on "Ba". Is this word coming from Japanese...
 
 
 
 
  Advantages Disadvantages Between SECI Model and Other Models (6反応)
What are the main advantages/disadvantages (and other main d...
 
 
 
 
  Commonality of SECI Model (1反応)
Is the SECI model the most used knowledge management model? ...
 
 
 
 
  Nonaka's SECI Process versus Peter Senge's Learning Organization (5反応)
How does Nonaka's SECI process support the Learning Organiza...
 
 
 
 
  SECI for Integration between eTOM and KM System
The SECI model has been implemented in many industries. Tel...
 
 
 
 
  Capturing Experiences
The best model of capturing data from those who posses exper...
 
 
 
 
  SECI is a knowledge management process
The SECI model can be easily appreciated as a KM process com...
 
 
 
 
  SECI Software Tools? (1反応)
Hi Everybody. I am looking for a software solution to suppor...
 
 
 
 
  SECI Model as a tool for developing an effective teaching pedagogy. (1反応)
My paper entitled "effects of mountain climbing learning ana...
 
 
 
 
  Recognition SECI Model
I believe the SECI Model developed by Nonaka and Takeuchi ha...
 
 
 
 
  History of Knowledge Management (1反応)
I found that other models and concepts came after SECI model...
 
 
 
 
  Digital Learning Platform Based on SECI (2反応)
I am setting up a digital learning platform for staff member...
 
 
 
 
  How does SECI Lead to Improvement of Organizational Performance?
How will the SECI knowledge management processes help to ach...
 
 
 
 
  Linking SECI Model to Innovation (1反応)
I have some thoughts on how Knowledge Management and Innovat...
 
 
 
 

ベストプラクティス - SECI model

ここであなたは最も価値のあるアイデアを見つけるでしょう。


  Implementing SECI in an Organization (2反応)
Can anyone explain how an implementation of SECI work...
 
 
 
 
  What is the Best Way to Transfer Tacit Knowledge? (13反応)
In my opinion, the SECI model is essence of knowledge manage...
 
 
 
 
  (How) Does the SECI Model Work in Western Cultures? (7反応)
The SECI concept was developed (and works extremely well) fo...
 
 
 
 

Expert Tips (ENG) - SECI model

ここでは、専門家からの高品質なアドバイスがあります。


 

Barriers that Hinder Effective Knowledge Sharing

Effective Knowledge Sharing, Pitfalls to Avoid, Knowledge Management Implementation...
 
 
 

9 Major Definitions of Knowledge Management

Knowledge Management...
 
 
 

How to Identify and Map Knowledge

Knowledge Identification, Knowledge Capturing, Knowledge Storage...
 
 
 

The N-Form Organization (Hedlund)

Alternate KM Framework...
 
 
 

Critical Activities to Build a Learning Organization

Implementing Organizational Learning, Best Practices...
 
 
 

Capturing Learned Lessons

How to Capture Organizational Learning? Best Practices...
 
 
 

Knowledge Management Scope

Knowledge Management, Level of Know-how...
 
 
 

Three Pillars of Knowledge Management (WiiG)

Alternate KM Framework...
 
 
 

Components of Learning Agility

Organizational Agility, Organizational Learning, Knowledge Management...
 
 
 

Positive Effects of Age Diversity on Company Productivity and (Tacit) Knowledge Sharing

Tacit Knowledge Transfer, Workforce Productivity, Incentive Management...
 
 
 

Knowledge Management Focal Point

Knowledge Management Focus...
 
 

リソース - SECI model

こちらでは、パワーポイントのプレゼンテーション、マイクロラーニングのビデオ、その他の情報源を見つけることができます。


 

SECI Nonakaについてのニュース


     
 

SECI knowledgeについてのニュース


     
 

SECI Nonakaについての動画


     
 

SECI knowledgeについての動画


     
 

SECI Nonakaについてのプレゼンテーション


     
 

SECI knowledgeについてのプレゼンテーション


     
 

SECI Nonakaについてのもっと


     
 

SECI knowledgeについてのもっと


     

SECI modelをと比較した: Bridging Epistemologies  |  Organizational Learning  |  Organizational Memory  |  Action Learning  |  Knowledge Management (Collison及びParcell)


経営ハブに戻る: 知識と無形財産リーダーシップ


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますかに特化しています? 無料で登録


 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2019 12manage - The Executive Fast Track. V15.1 - 最近の更新: 24-7-2019。その所有者のすべての名前™。