Knowledge Management
(Collison Parcell)

ナレッジセンター

   

知識、経験および好ましい習慣の学び、捕獲し、共有し、そして開発。 CollisonおよびParcellのKnowledge Managementの説明。 (「01)

下記によって貢献される: クリスCollison

目次

プレミアム

CollisonおよびParcellのKnowledge Managementのアプローチは何であるか。 記述

クリスCollisonおよびGeoff ParcellからのKnowledge Management方法は知識、経験および好ましい習慣を学び、捕獲し、共有し、そして開発することに使用することができるframeworkである。


Knowledge Managementは撞着語法である-だれも従業員の頭部に実際に資産を経営存在するできないし、会話によって主に共有される。

ことができる何をする、次のとおりであるけれども: 知識が創造することができる環境を経営するため発見され、捕獲され、共有され、蒸溜され、認可され、移され、採用され、適応させ、そして適用される。 ビジネスバリューを創造するため。

知識が急速に活気づく環境を創造するために私達は必要とする:

  • 良い状態。 共通の信頼できる下部組織および企業家で喜んでである組織。
  • 権利の平均。 学習のための共通モデル、用具およびプロセス。
  • 右の行為。 人々が本能的に追求するところで、知識を共有し、使用しなさい。
  • 右のリーダーシップ。 学び、共有して予想され、役割模倣されるところ。

方法は助けの組織に活動の前後および最中で学ぶためにいくつかの用具、介在および促進の技術を提供する。
これらの学習の介在からの利点は好ましい習慣として人々ネットワーク(コミュニティ)を通して、または規則的に更新された「知識プロダクト」に捕獲および成文化によって-より広く共有されれば増加することができる。


collisonおよびParcell著Knowledge Management方法の起源。 歴史

米国の軍隊および他の学習の組織の好ましい習慣から、世界の一流の知識の会社の1人からのレッスン」飛ぶことを、学ぶ1998年にbpの知識管理のチームによって最初に得られて、方法は本の2001年「Collison及びParcellに出版された。 出版されて、方法は色々からの700人以上練習のコミュニティを-今公衆および民間部門の組織生産した。 10の他の組織からの適用の物語を運ぶアプローチの伝達性を示すために2005年に「飛ぶことを」学習の新版は出版された。 適用は国際連合からBBCからのニュー・サウス・ウェールズの小学校までDe Beersまで、及ぶ。 この知識管理のアプローチの要素は多数の組織およびビジネススクールで今日見つけることができる。 HenleyおよびCranfieldの経営の学校を含んで。


Collison Parcell Knowledge ManagementcollisonおよびParcell著Knowledge Managementのframeworkの使用法。 適用

  • 大きい、国際機構の車輪の再発明を、特に防ぐこと。
  • 獲得か合併に続く統合過程プロセスの加速。
  • 組織の好ましい習慣を識別し、捕獲し、そして共有する。
  • 組織を-例えば「」ここに発明されなくて保持する文化的な障壁を取扱うこと
  • 造るためには、練習のネットワークそしてコミュニティを育てり、支えなさい。
  • 連続的な改善および学習の文化の創造。
  • 右の行動でリーダーシップを知識共有を補強するために含むこと。

Knowledge Managementこの方法のステップ。 プロセス

図表右側のを見なさい。

  • 人々およびチームは一組の目的に同意する。 それから彼らは最終的に価値を創造する彼らのターゲットに対して、渡すのに知識を使用する。 どこで知識管理と介入し始めるか。
  • 「Using Knowledge circle」の焦点。 あらゆる重要な活動の前後および最中で学ぶようにあなたの構成を促すことができれば何。 簡単な学習過程は回顧(ポストのプロジェクト審査)同僚を助けることを好むおよび行為の検討が貢献をここにした後、かかわっている個人の頭部に残ろう知識--を新しい知識引き出すのを-助ければ。
  • この学習活動はすべてある種の「知識銀行に」接続される必要がある。 する前に学びたいと思えば回収をしたいと思う。 そしてあなたが貢献したいと思うレッスンを学んだ場合、沈殿物を作る必要がある。
  • それは知識を捕獲し、蒸溜する機能が重要になるところである。 しかしそれは一部始終でない。 すべてを捕獲することは不可能である従って主知識および洞察力を保持する、それらをに奨励するために明確になされる知識を-情報として捕獲されて所有し、更新しなさいネットワークおよび人々をつなぐことは重要であり。
  • あなたの構成内の環境か文化は知識共有を始め、支えて重大であるモデルを囲む。 これは右のリーダーシップ行動に反映され、最終的にそれが「意識不明の能力」になるようにKnowledge Managementが中心に埋め込まれるようになる方法は処理する。

Knowledge Managementのこのframeworkの強さ。 利点

  • より少しからの多くを、渡す! 私達皆の頼まれている何をことがないか。
  • 好ましい習慣の同一証明そして移動を増進しなさい。
  • 製品開発および連続的な改善のより速いサイクル時間へ導くことを学び、増進する。
  • 間違いの繰返しを防ぐこと、および車輪再発明。
  • ここに発明されない克服することは識別し、培養する。
  • 共有のレベルおよび働く新しい方法の巻き取り装置を向上するため。
  • 確実なアプローチ。 組織のbpそして小学校から国連からの敏捷な、ネットワーク非政府の組織まで企業巨人までで証明される、及ぶ広い範囲。

collisonおよびParcell著Knowledge Managementの哲学の限定。 不利な点

  • 根本的な文化を取扱う自発性を要求し、プロセス問題-それはちょうど技術の速い修正でない-それは総合的な、全体的なのアプローチである。
  • より大きい、分散組織の即時の利点を示すこと容易。 利点がsMEsのためにそこにあるもが。
  • 偽って簡単。
  • 知識管理は頻繁に技術の売り手の行商の情報管理の技術によって誤解される。 克服するべきある経営の先入観があるかもしれない。

Knowledge Managementの仮定。 条件

  • 組織は効果的にそして効率的に働けば利点を達成する。
  • 顧客に時間基づかせていたサービスを提供する会社は密接に見なければ知識のよりよい経営から利点を得るために価値がどこにを創造されるかならないかもしれない。

本: Collison & Parcell - Learning to Fly -


また見なさい: クリスCollisonのウェブサイト


Knowledge Management 特別興味グループ


特別興味グループ (2人のメンバー)


Knowledge Management フォーラム  

最近の話題

  The Value of Knowledge in a New Job
Knowledge is an interesting thing: in one respect, once we have it, we never lose it. In another respect, when a change occurs our previous knowledge ...
     
 
  Getting Traction in KM through Weekly Updates...
I made a very interesting observation over the past few weeks as I have been sending weekly updates to my stakeholders. Though I am still working on m...
     
 
  Knowledge Management Activity: The Share / Learn Board
This morning I facilitated a workshop around with the aim of getting people to connect and talk to fill knowledge gaps. There was no technology, and i...
     
 
  Closed Knowledge Management Platforms: Against the Grain?
So, while enabling open sharing platforms in my organisation for lessons and other non-process information and knowledge to enable reach to the widest...
     
 
  The Role of Higher Education Institutions in New Knowledge Management Systems
Technologies in information and knowledge management have been dynamic in the contemporary business environment. Teaching and learning institutions ar...
     
 

ベストプラクティス - Knowledge Management
  Knowledge to Use Knowledge
Knowledge is found everywhere in organizations. A successful organization has knowledge on how to use pertinent knowledge spread over different hea...
     
 
  Knowledge Capturing Process and Methods
Who can share a more detailed documentation on the knowledge capture process and methods?...
     
 
  The Value of Knowledge Sharing. The Proposition
Knowledge is best conserved through knowledge sharing....
     
 
  The Impact of Knowledge Management in Value Creation
At which precise stage is value created by means of knowledge management and how can this opportunity be leveraged in sustaining firm's overall compet...
     
 
  Knowledge Management Social Capability
Culture and people factors can be merged into Knowledge Management Social Capability, and technology and leadership factors can be merged into Knowled...
     
 
  Methods for Explicit Knowledge Creation
What are the best methods or solutions to incorporate SECI knowledge into explicit (information) knowledge for daily use of management in organization...
     
 



管理について知る必要のあるのはこれだけです


  Technical Committees in Knowledge Management
A tool to improve KM is a "Technical Committee" with employees from different processes in the company. This committee has the responsibility to devel...
     
 
  Global KM Acceptance
KM is now globally accepted. In India and other advanced countries for last 2-3 years, there has been a sea-change in terms of accepting KM seriously....
     
 
  Social Networking for Knowledge Sharing
All of you know the value of Facebook and Twitter these days. Have you ever thought of such social network within the organization where all can sh...
     
 
  Knowledge Management in Testing of Software
Kindly can I have your ideas on how knowledge management can be used in software testing? Many thanks....
     
 
  Conditions for Knowledge Management
Everyone speaks about knowledge management, what are the conditions that must be met? Why? Thank you....
     
 
  Are People ready to share?
Very appropriately mentioned about the technology vendors. In my last 10 years of working on KM, I agree that culture is a limitation. If people are r...
     
 
  Components of Knowledge Sharing Systems
What are the essential components of knowledge sharing systems in an organization?...
     
 
  Success Could Be your Failure?
Make sure that your KM efforts are sustainable over the long run. Once you have proven successes, you will have plenty of people knocking at your doo...
     
 
  Time Spent on Finding and Applying Knowledge
A short article about a study of more than 200 knowledge workers by Al Jacobson and Laurence Prusak (HBR Nov 2006) indicates that 20% of all time is s...
     
 
  How to Design a Knowledge Transfer Template?
What are the major issues that must be considered when designing a Knowledge Transfer Template?
I am trying to find ways to improve knowledge tra...
     
 
  Ways to Make Knowledge Capture Happen
It seems to me that the most effective way to get people to capture and transfer knowledge is to make it an objective on their performance review, fed...
     
 

Expert Tips (ENG) - Knowledge Management
 

Barriers that Hinder Effective Knowledge Sharing

 
 
 

How to Identify and Map Knowledge

 
 
 

Positive Effects of Age Diversity on Company Productivity and (Tacit) Knowledge Sharing

 
 
 

Critical Activities to Build a Learning Organization

 
 
 

Capturing Learned Lessons

 
 
 

How Culture Levels Explain Failures in Organizational Learning and Innovation

 
 
 

What are Smart Creatives? Traits

 
 
 

People Development Approach for Successful Knowledge Management

 
 
 

Organizational Problems with Knowledge Workers

 
 
 

Knowledge Management Scope

 
 
 

Components of Learning Agility

 
 
 

Knowledge Management Focal Point

 
 



経営管理と管理に自分自身を教育



リソース - Knowledge Management
 

knowledge Collisonについてのニュース


     
 

knowledge managementについてのニュース


     
 

knowledge Collisonについての動画


     
 

knowledge managementについての動画


     
 

knowledge Collisonについてのプレゼンテーション


     
 

knowledge managementについてのプレゼンテーション


     
 

knowledge Collisonについてのもっと


     
 

knowledge managementについてのもっと


     



あなたの管理職歴昇進を加速する



Knowledge Managementをと比較した: Organizational Learning  |  Organizational Memory  |  Bridging Epistemologies  |  SECI model  |  Action Learning  |  Intellectual Capital Rating  |  Levels of Culture  |  People CMM  |  マジック


経営ハブに戻る: 変更と組織コミュニケーションとスキル人材知識と無形財産


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2018 12manage - The Executive Fast Track. V15.0 - 最近の更新: 18-12-2018。その所有者のすべての名前™。