Organizational Learning

ナレッジセンター

   

クリスArgyrisおよびDonald SchönのOrganizational Learningの説明。 (「78)

目次

プレミアム

クリスArgyris Organizational Learning

Organizational Learningは何であるか。 定義

クリスArgyrisおよびDonald Schön (1978年)は組織の学習を(OL)次のように定義した: 「検出そしてエラーの修正」。 FiolおよびLylesは「よりよい知識による行為を増進するおよび」理解プロセスと後で学習を定義する(1985年)。 DodgsonはOrganizational Learningを次のように記述する: 方法会社は活動のまわりでそして文化の内で労働力の広い技術の使用の増進によって造り、補い、そして知識およびルーチンを組織し、組織の効率を適応させ、そして開発する。 (1993年)。 Huberは情報の処理によって、[構成]潜在的な行動の範囲が」変われば学習が組織に「起こる示す(1991年)。


構成」を学ぶことは故意に構造および作戦を組み立てるOrganizational Learning (Dodgson 1993年)を高め、最大にする会社、である。 学習の組織の概念は組織が変わるためにより適応可能でありたいと思うので普及するようになった。 学習は動的概念であり、組織の絶えず変更の性質を強調する。 焦点は個々の学習から組織の学習に次第に移っている。 学習は個人の成長のために必要である; それは組織のために均等に重要である。 個人以来構成の大部分を形作りなさい変更を促進するために、必要な形態および組織の学習を可能にするためにプロセスを確立しなければならない。


OLは個人の学習の一部分の合計より多くである(Dodgson 1993年; fiol及びLyles 1985年)。 組織は学習能力でメンバーが構成を残すとき失わない。 組織の学習は組織の記憶に貢献する。 従って、学習システムは歴史の蓄積のためにしか即時のメンバー、また未来のメンバー、経験、標準および物語に影響を及ぼさない。 学習の組織を創造することは挑戦的な問題へ解決半分だけである(Prahalad及びHamel 1994年)。 均等に重要構成は過去のいくつかを忘れなければならないこと本質的に平均学び直す組織の作成はである。 従って、学習はそのような矛盾した要因(Dodgson 1993年)の中に起こる。
 

3つのタイプの組織の学習(ArgyrisおよびSchön)

  1. Single-loop learning。 これは間違いがそして会社が現在の方針および目的から続ける検出され、訂正され、とき起こる。 dodgson (1993年)に従って、Single-loop learningは知識基盤に構成の活動の基本的な性質を変えないでかしっかり特定の能力またはルーチン加える活動に一致することができる。 Single-loop learningはまたFiolおよびLyles (1985年)によって「低レベルの学び」、「適応性がある学びか」、または「対処し」ようにSenge (1990年)によってを、そしてMason (「93)によって「非戦略的な学習」参照された。
  2. Double-loop learning。 これは、検出そしてエラーの修正に加えて、構成が質問する起こり、既存の標準、プロシージャ、方針および目的をと変更する。 Double-loop learningは構成の知識基盤かしっかり特定の能力またはルーチン(Dodgson 1993年)変えることを含む。 Double-loop learningはまたFiolおよびLyles (1985年)によって「高レベルの学び」、「生成的な学びか」、または「Senge (1990年)による組織の機能」を拡大することを学びそしてMason (1993年)によって「戦略的な学習」と称される。 戦略的な学習は「組織が追求できるまたはこれらの目的を処理するためにそれに利用できる資源および行為の範囲」。成している目的の範囲を広げる方法で環境の意味をプロセスと定義される (Mason、1993:843)
  3. Deutero-learning。 これはSingle-loop learningおよびDouble-loop learningを遂行する方法を組織が学ぶと起こる。 学習の最初の2つの形態は学習は起こらなければならないこと組織がわかっていなければ起こらない。 無知に気づいていて学習に動機を与える(等Nevis、1995年)。 これは学習のオリエンテーションのか様式識別、および学ぶことを促進するように必要な(要因を促進する)プロセスおよび構造意味する。 等Nevisは、(1995年)学習に影響を及ぼす10の促進の要因および7つの学習様式を識別する。 例えば、促進の要因の1つは目標とされた結果と実際のパフォーマンス間のパフォーマンスのギャップを識別している。 この意識は適切な環境およびプロセスが創造される必要があることを構成にこと起こる必要性を学ぶ、そして確認させる。 これはまた正帰還またはよいコミュニケーションの長い期間が学習を妨げることができるという事実を確認することを意味する(Argyris 1994年)。

Single-loop learningは質問の根本的な仮定および中心の確信なしで変更の受諾にかかわっているがDouble-loop learningおよびDeutero-learningはになぜおよび構成を変える方法をかかわっている。 Dodgsonは構成に組織の学習がどこにに起こるかOrganizational Learningのタイプがまた左右される示す。 従って、学習は研究、開発、設計、工学、製造業、マーケティング、管理および販売のような構成の異なった機能に起こることができる。


Organizational Learning 特別興味グループ


特別興味グループ (0人のメンバー)


Organizational Learning フォーラム  

最近の話題

  Organizational Learning from Failures: The Return on Failure Ratio      
 
  The Value of Contextual Awareness in Organisation Learning      
 
  To Trigger Innovation and Organizational Learning, you need to Accept Creative Errors      
 

ベストプラクティス - Organizational Learning
  Why Apply Organizational Learning in Organizations?
     
 
  Individual and Organizational Learning
     
 
  Value of Learning Culture
     
 
  Recent article on Execution as Learning
     
 
  Organisation Learning Gap Analysis?
     
 
  Learning Organization & TQM
     
 



管理について知る必要のあるのはこれだけです


  How do You Measure Organizational Learning?
     
 
  Informed Decisions in Rapid Change
     
 
  Implementing Organizational Learning
     
 
  How to Grow Organization Learning with Rapid Changes of Technology?
     
 
  Imperatives of Organisation Learning Types
     
 
  Best Practices to Sustain the Impact of Learning in Organisations
     
 
  Applications and Usages of Organisational Learning
     
 

Expert Tips (ENG) - Organizational Learning
 

Barriers that Hinder Effective Knowledge Sharing

 
 
 

Positive Effects of Age Diversity on Company Productivity and (Tacit) Knowledge Sharing

 
 
 

How to Identify and Map Knowledge

 
 
 

Capturing Learned Lessons

 
 
 

Critical Activities to Build a Learning Organization

 
 
 

How to Become a Self-tuning Enterprise: Advanced Experimenters

 
 
 

How Culture Levels Explain Failures in Organizational Learning and Innovation

 
 
 

The Relationship between Organizational Learning and Performance

 
 
 

Additional Definitions of Organizational Learning

 
 
 

What are Smart Creatives? Traits

 
 
 

Generating New and Useful Ideas in Innovation: Avoiding the Primal Mark

 
 
 

Knowledge Management Scope

 
 
 

Components of Learning Agility

 
 
 

Knowledge Management Focal Point

 
 



経営管理と管理に自分自身を教育



リソース - Organizational Learning
 

organizational learningについてのニュース


     
 

learning organizationについてのニュース


     
 

organizational learningについての動画


     
 

learning organizationについての動画


     
 

organizational learningについてのプレゼンテーション


     
 

learning organizationについてのプレゼンテーション


     
 

organizational learningについてのもっと


     
 

learning organizationについてのもっと


     



あなたの管理職歴昇進を加速する



と比較した: Organizational Memory  |  Bridging Epistemologies  |  Knowledge Management (Collison及びParcell)  |  SECI model  |  Gestalt theory  |  Action Learning  |  Intellectual Capital Rating  |  Levels of Culture  |  Change Phases  |  Organic Organization  |  Changing Organization Cultures  |  People CMM  |  マジック  |  Experience Curve  |  Team Management Profile


経営ハブに戻る: 変更と組織人材知識と無形財産


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

















12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2018 12manage - The Executive Fast Track. V14.1 - 最近の更新: 17-10-2018。その所有者のすべての名前™。