Organizational Memory
(Walsh Ungson)

ナレッジセンター

   

組織の情報保持、獲得および検索。 WalshおよびUngsonのOrganizational Memoryの説明。 (「91)

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Organizational Memory (Walsh、Ungson)

Organizational Memoryは何であるか。 記述

WalshおよびUngsonからのOrganizational Memory方法は情報保持、獲得および組織で検索に使用することができる技術である。

組織の記憶の構造が6情報の内で「収納用の箱」分類することができるWalshおよびUngsonは提案する:

  • 個人
  • 文化(物語、精神モデル)、
  • 変形(様々なプロセスおよびプロシージャ)、
  • 構造(構成内の役割)、
  • 生態学(構成の物理的な設定)、
  • 外的なアーカイブ(情報ドキュメンテーション)。

組織の記憶は現在の決定に使用することができる組織からの貯蔵された情報を示す。 それは保たれる異なった設備を渡って中央に貯蔵されないが、配られる。
モデルはHRMのマネジャーがこれらの記憶場所を形づけることおよび影響を及ぼすことによって記憶潜在性を、よりよく開発する組織のチャンスを増進するのを助ける。

Organizational Memoryの起源。 歴史

組織の記憶に関する仕事を出版する何人かの現代学者がある。 しかしそれはこの概念の起源がDurkheimおよびVygotskyのような早い第20世紀学者の仕事に基づいていること明らかである。 Wexler (2002年)に従って、組織の記憶の概念はDurkheimおよび彼のprotégéの仕事から起き、集合的な記憶の概念に造られた。 組織の記憶がVygotskyおよび社会的な構造理論の仕事に紛糾してつながることをSpender (1996年)は主張する。 彼は社会的に活動を先行した個々の意識(p. 71)の開発に埋め込んだ議論を提供する。 walshおよびUngson (1991年)は(1958年) 3月および組織または施設の記憶は方針およびプロシージャで収容することができること仮定するサイモンの仕事を引用する。 この保持の特徴はまた否定的な結果で起因できる。 walshおよびUngson (1991年)はまたStarbuckおよび効力をそのうちにそして実際に失うとき役割のような構成された人工物は施設に害をすることができることを主張するHedberg (1977年)の仕事を引用する、変わるべき障害はなる。


Organizational Memoryモデルの使用法。 適用

  • 人事管理
  • Knowledge Management

Organizational Memoryの概念の強さ。 利点

  • 知識管理の向上を時間の努力に指示するための簡単なframeworkを与える。
  • 施設を歴史的情報とlearningsから寄与することを許可する。 組織会員(Berthon、Pitt及びEwing 2001年)の一時的な性質にもかかわらず。
  • 競合上の優位性(Wexler 2002年として役立つことができる; Croasdell 2001年)。
  • 缶は実際にトランザクションコスト(Croasdell 2001年)を削減する。
  • 組織に於いての政治役割に役立つことができる。 これは肯定的で、否定的な含意を有することができる(WalshおよびUngson 1991年)。

Organizational Memoryの限定。 不利な点

  • 組織の記憶の余りにも高い重点は組織の学習を不具にするにはでき剛性率および盲目をもたらす: 会社はもはや環境の変更に気づかない。
  • 組織の記憶は施設の年齢、サイズおよび成功(Sinkula 1994年の機能である; ルーカス、HultおよびFerrell 1996年; そしてBerthon、PittおよびEwing 2001年)。
  • 前の歴史によりSingle-loop learning (Berthon、PittおよびEwing 2001年)で作る習慣的な決定を引き起こし。
  • 役割のような人工物および組織構造は、それまた施設の文化の内で、変わるべき障害になるかもしれない貯蔵される(WalshおよびUngson 1991年)。

Organizational Memoryの仮定は模倣する。 条件

  • walshおよびUngson (1991年組織の記憶について考えるとき)に従って、3つの重大な要因を考慮しなければならない: 保持、獲得および検索。

Organizational Memory フォーラム
  Organisational Memory Blocks Innovation
I have found that memory is always the worst de...
     
 

Organizational Memory 特別興味グループ


特別興味グループ

Organizational Memory 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Organizational Memory プレミアム

Expert Tips (ENG) - Organizational Memory プレミアム
 

Barriers that Hinder Effective Knowledge Sharing

According to  
 
 

Strategies to Change Employee Habits, Hearts and Heads

According to J.E. Kee and K.E. Newcomer ("Why Do C...
Usage (application)Changing Organization Cultures
 
 
 

How to Identify and Map Knowledge

In his article Knowledge Mapping: The Essentials ...
Usage (application)Knowledge Identification, Knowledge Capturing, Knowledge Storage
 
 
 

Pitfalls and Best Practices in Culture Change

According to Jon Katzenbach and Ashley Harshak ("S...
Usage (application)Changing Organizational Cultures, What to DO and what NOT
 
 
 

Critical Activities to Build a Learning Organization

Learning organizations are distinguished because t...
Usage (application)Implementing Organizational Learning, Best Practices
 
 
 

Knowledge Management Scope

Research by Deishin Lee (HBS) and Eric Van den Ste...
Usage (application)Knowledge Management, Level of Know-how
 
 
 

Knowledge Management Focal Point

Research by Deishin Lee (HBS) and Eric Van den Ste...
Usage (application)Knowledge Management Focus
 
 
 

PROs and CONs of a Strong Corporate Culture

Implementing a significant change is generally eas...
Usage (application)Corporate Culture Change, Change Management, Organizational Change
 
 

リソース - Organizational Memory プレミアム
 

organizational memoryについてのニュース


     
 

knowledge managementについてのニュース


     
 

organizational memoryについての動画


     
 

knowledge managementについての動画


     
 

organizational memoryについてのプレゼンテーション


     
 

knowledge managementについてのプレゼンテーション


     
 

organizational memoryについてのもっと


     
 

knowledge managementについてのもっと


     

Organizational Memoryをと比較した: Bridging Epistemologies  |  SECI model  |  Knowledge Management (Collison及びParcell)  |  Five Disciplines  |  Organizational Learning  |  機械論的な、有機体システム  |  Action Learning  |  Levels of Culture  |  Changing Organization Cultures  |  People CMM  |  マジック


経営ハブに戻る: 人材知識と無形財産


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2017 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 20-9-2017。所有者別の全 tm 名。