Positive Deviance
(Pascale Sternin)

ナレッジセンター



概要、フォーラム、ベストプラクティス、専門家のヒント、情報源。


Positive Devianceモデルは何であるか。 記述

リチャードTanner Pascaleおよびジェリー Sterninに従う、ビジネス上の問題に関する規則へ肯定的な例外が常にある。 どうかして、少数の隔離されたグループか個人は、皆と同じ抑制および資源と作動して、よりよく作用している。 2005年5月のHBRでは、彼らはPositive Deviance彼らの方法を記述する。 これはマネジャーが積極的にそれらの非常に成功したグループおよび個人を捜さなければならない保持し主流にこれらの「肯定的なdeviants」の隔離された成功の作戦をことを持って来る。 練習のChange Management最もよい方法はこれの実現でよくない。 それはあなたが発見の過程において変えたいと思うコミュニティのメンバーの参加を保障するためにPascaleおよびSterninがなぜ提案するかである。 このように彼らの自身の転換の経験のそれらに福音伝道者をすることができる。 また彼らは6ステップ肯定的なdevianceモデルを記述する。
 

Positive Devianceのアプローチの起源。 歴史

PascaleおよびSterninは記事のCooperriderを述べない。 それらは明確にAppreciative Inquiryを述べる。 但しそれはアプローチが組織の変更についての同じような考えに基づいていること明らかである。 PascaleおよびSterninは変更への従来のアプローチの次の比較を対変更へのPositive Devianceのアプローチする:


変更への従来のアプローチ

変更へのPositive Devianceのアプローチ

道のブレーカとしてリーダーシップ

Outside-in

欠損基づかせている

論理運転される

傷つきやすい拒絶を移植するため

解決の同一証明の方の問題解決からの流れ

主役に焦点を合わせられる

照会としてリーダーシップ

Inside-out

資産基づかせている

学運転される

自己写しに開けなさい

問題解決の方の解決の同一証明からの流れ

ネットワークの拡大に焦点を合わせられる


Positive Devianceの使用法。 適用

  • 強さおよび限定の下で次に見なさい

Positive Devianceの6つのステップ。 プロセス

  1. グループにグルをしなさい。 チャンピオンおよび変更のリーダーは重要であるが、余りに頻繁に、これらの個人は彼らのチームからのunconstructive依存を発生させる。
  2. 事実によるReframe。 問題は再表明されなければならない。 よりもむしろの中箱定義にはじまって。 注意は肥沃な新開地に移ることができ、心は新しい可能性に開く。
  3. 学ぶことを安全にしなさい。 肯定的なdeviants、権威者およびグループの他はすべて大地incognitaに旅行がするべき危ない事であることに感じるかもしれないかもしれない。 革新的な考えを支える安全な環境は創造されなければならない。
  4. 問題の具体的なを作りなさい。 さもなければ、送り主の間でゆがみに信号を送れば受信機によりすぐに不必要な効果を引き起こすことができる。
  5. てこ比の社会的な証拠。 古い格言: 「見ることは変更を取扱っているとき」特別な潜在的能力を持っていることを信じることである。 同じような状態ではたらいた解決の例を見つけ、伝えなさい。
  6. 免疫の防衛応答を混同しなさい。 回避、抵抗およびexceptionalismを防ぎ、自然な変更の感じを許可しなさい。 余分な権限を使用してはいけない。

Positive Devianceの強さは近づく。 利点

  • 方法は行動および態度を表わした変更がのためにと称される状態のために最もよく働く。 そこにある一方、明白な在庫治療および巧妙な対処の作戦は隔離され、隠されて残らない。
  • 専門家が学習者になる役割の逆転を、教師なる学生に促進し、リーダーは従節になる。

Positive Devianceの限定は模倣する。 不利な点

  • 技術的な問題に証明された治療のまわりで変更の率先に適されなくて。 著者はSupply Chain Management練習、ハードウェアおよびソフトウェア解決を述べる。
  • 頼るが、brainpowerに主要な行動の調節を要求してはいけない問題に適されなくて。 著者は有価証券のバランスをとり直を述べる。
  • 専門家が学習者になる役割の逆転を、教師なる学生に要求し、リーダーは従節になる。
  • 革新的な考えを支える安全な環境を創造することは時々簡単でないかもしれない。

Positive Deviance方法の仮定。 条件

  • ビジネス上の問題に関する規則へ肯定的な例外が常にある。 どうかして、少数の隔離されたグループか個人は、皆と同じ抑制および資源と作動して、よりよく作用する。
  • 練習のChange Management最もよい方法は主流に成功を持って来ることでよくない。
  • 人々の参加を保障すれば、彼らの回避、抵抗およびexceptionalismは減る。
  • 時間は問題でない。
  • リーダーは歩み、プロセスを促進したいと思う。
  • 肯定的なdeviantsは共有して喜んでである。

特別興味グループ

メンバーになろう

Positive Deviance 特別興味グループ。



特別興味グループ (1人のメンバー)

フォーラム

メンバーになろう

Positive Devianceフォーラム。


Positive Deviance is True but Useless
You allude to it, but I think you should make a more explicit reference to the concept of TBU (True but useless) as it a (...)
3
 
0反応
 
Great exercise (at least annually)
Leaders learning, teachers becoming students - the humility and genuine interest displayed in new ways of thinking, from (...)
3
 
0反応
 
Positive Deviance and Horizontal Violence
Has anyone used this method to address horizontal violence / workplace bullying? (...)
-2
 
0反応
 
ベストプラクティス

メンバーになろう

Positive Devianceに関する最も評価の高いディスカッショントピック。ここでは、最も価値のあるアイデアと実用的な提案を見つけます。


エキスパートのヒント

メンバーになろう

Positive Devianceについての高度な洞察(英語)。ここには専門家による専門的なアドバイスがあります。


What Change Agents Should I Use?

Change Management, Organizational Change, Turnaround Management
When choosing between internal or external change agents, organizations should consider following advantages and disadva (...)
   
 
 
 

Understanding Why Employee Appreciation is Important

Acknowledging the Power of Employees
The concept of is very important for organizations in the context of change initiatives. The sources of power in hiera (...)
   
 
 
 

Addressing Concerns Against Change and their Remedies

Change Management, Organizational Change, Turnaround Management
According to Ken Blanchard in the article Mastering the Art of Change (Training Journal, January 2010), it is importan (...)
   
 
 
 

Personal Networks of Successful Change Agents

Leading Major and Minor Change Initiatives
Organizational change is often difficult to achieve because it disturbs the hierarchical structures and the way to accom (...)
   
 
 
 

Innovating Bottom-up or Top-down

Corporate Innovation Approaches
I just read an interesting article by professor Deschamps on encouraging innovation within large organizations. Deschamp (...)
   
 
 
 

I'll never use the term 'Resistance to Change' again

Resistance to Change is a Defensive Attitude...
I am working as a change manager in a German IT company. Somebody advised me the other day to read an article about resi (...)
   
 
 
 

Key Success Factors when you're Designing your Change Management Program

Best Practices, Change Management, Organizational Change
In their article "Making Change Happen, and Making It Stick" (published in the online edition of strategy+business, Dece (...)
   
 
 
 

The Need to Communicate the REASONS for Change

Change Management
1072 survey contributors commented on how improve their chances of thriving, by communicating in ways that build trust a (...)
   
 
 
 

Assessing the Risks of Change and the Organizations Capacity for Change

Leading Change
In their book "Transforming Public and Nonprofit Organization Stewardship for Leading Change", James Edwin Kee and Kat (...)
   
 
 
 

Critical Leadership Skills

Tackling the Six Stages of Concern
In order to tackle all six stages of concern mentioned by Ken Blanchard in the article Mastering the Art of Change (Tr (...)
   
 
 
 

Six Crucial Mind Shifts for Strategy Execution / Implementation

Change Management, Strategic Change, Resistance to CHange, Strategy Implementation
Speculand (2009) suggests six mind shifts that people should consider when they're implementing new strategies in organi (...)
   
 
 
 

Strategic Change: Why, What, When, Who and How

Preparing Strategic Change
If we need to change strategically, we need to think about why, what, when, who and how: - Why do we want to change? - (...)
   
 
 
 
の情報源

メンバーになろう

Positive Devianceに関するさまざまな情報源。ここでは、独自の講義やワークショップで使用するパワーポイント、ビデオ、ニュースなどが見つかります。



Positive Devianceのアプローチをと比較した: Appreciative Inquiry  |  Change Management Iceberg  |  Forget Borrow Learn  |  Kaizen  |  Business Process Reengineering  |  Change Model Beckhard  |  DICE Framework  |  Changing Organization Cultures  |  Action Learning  |  Change Phases  |  Force Field Analysis  |  Core Group Theory  |  MSP  |  Bases of Social Power  |  Planned Behavior  |  Metaplan  |  Team Management Profile


経営ハブに戻る: 変更と組織コミュニケーションとスキルリーダーシップ  |  プログラムおよびプロジェクトマネジメント


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

Positive Devianceのエキスパートですか?無料で登録する

このナレッジセンターへのリンク

コピーあなたのウェブサイトにこのコード:

 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2020 12manage - The Executive Fast Track. V15.6 - 最近の更新: 1-12-2020。その所有者のすべての名前™。