Hawthorneの効果
(Mayo)

ナレッジセンター



概要、フォーラム、ベストプラクティス、専門家のヒント、情報源。

下記によって貢献される: Eric Goh See Khai

130アイテム • 744.969回の訪問


概要

Western Electric Hawthorne Work, ChicagoHawthorneの効果は何であるか。 記述

Hawthorneの実験は様々な条件が処理されたか、労働者の生産性の一連の調査だった(支払、軽いレベル、湿気、休憩時間、等)。 意外にも、各変更は元の条件への利回りを最終的に含んでいる生産性の上昇で起因した。 これはグループの平均のと同様、each of個々の労働者の本当だった。
明らかに変数は処理された実験者生産性の変更の唯一の支配的な原因でなかった。 教授のためのElton Mayoおよび仲間F.J. Roethlisbergerおよびウィリアムj. Dickson 1つの解釈は、主に、パフォーマンスの改善の原因はだったかどれに本質的にそれ、それだったそれらが密接に出席されていた労働者の感じだった。 これは「Hawthorneの効果」と今言われる。
 

従ってこれらの実験はどの生産性モデルでも人間行動のような無形属性で考慮しなければならない最初の徴候間にあった。


2つのより多くのHawthorneの効果をきちんとそして正確に理解するために概念を理解することは重要である。 減少の最底限の実用性のYerkes-Docksonの法律そして法律。 刺激がある特定のポイントまで生産性を高める間、もう刺激(例のサラリー)は実用性の飽和のために有効でない。 従って生産性を上げむしろ構成文化の学習のような平均によって仕事のデザイン変更、仕事拡大、生産の機能を上げることのような他の刺激の属性と、巧みに補足し、1つはHawthorneモデルにもっぱら頼ってはならない。
 

Hawthorneの効果と関連している:

  • Pygmalionの効果。 これは学生が他の学生より単によく行った自己達成の預言の状態を彼らの教師によってそうすると予想されたので示す。
  • 偽薬の効果。 これは個人が予想するか、または働くと信じるので患者の徴候が別の方法で非効果的な処置によって軽減することができること外見上現象である。 この効果はdouble-blind試験の使用によってを取扱うことができる。

Hawthorne Experiments。 歴史

Hawthorneの効果は行なわれ、有名に1927年から1932年まで教授がElton Mayo分析するから一連の実験1924年から1933年である。 実験調査のための場所がHawthorneの西側の電気仕事で起こったと同時に言葉Hawthorneは、シカゴ鋳造された。 実験は主にライト、湿気の仕事場(例えば明るさ)の物理的な、環境の影響の検査に対する生産性と仕事の条件間の関係の調査のつもりで始まり、次に心理的な面(例えば壊れ目、グループ圧力、就業時間、経営リーダーシップ)に動いた。


Hawthorneの効果の計算。 フォーミュラ

限定的で量的なフォーミュラがので企業におよび企業あちらこちらに非常に変わる労働条件のための重要な属性ない。 但し、すべての企業を超越する提案された一般的なのアプローチは最高の生産性のための刺激の最適量があることYorkes-Docksonの法律を適用することである。 どの少し刺激でもか多くは生産性の低下で起因する。 従って: y = - ax2 + bx + c. (y=の生産性、x=の労働環境の属性)。


Hawthorne Experimentsの使用法。 適用

  • 工場環境。 例: 組み立て工場。
  • 設計/創造的な企業。 例: 製図工。
  • 教育/サービス部門。 例: 看護婦。

Hawthorneの効果のステップ。 プロセス

  1. 生産性に影響を与える労働環境の属性、例を識別しなさい: x1、x2… xn等。
  2. Paretoの分析に基づいて属性および選り抜き重大な属性をランク付けしなさい。 例: x1、x2、x3 (発言3の重要な属性だけ)
  3. 経営の中で、識別された重大な属性(発言w1、w2、W3)に重量を割り当てなさい。 定義しなさいモデル、yを= - ax2 + bx + c. (y=の生産性、x=の最終的な重くされた入力)
  4. 最終的な重くされた入力をとしてx = w1*x1 + w2*x2 + w3*x3模倣しなさい
  5. フォーミュラの入力: y = - ax2 + bx + c

Hawthorne Experimentsの強さ。 利点

  • 方法は労働者の心配の明らかな同一証明を可能にする。
  • それはきちんとそして正確に模倣されれば、支持でき、長い言葉の基礎の生産性問題を解決する。
  • それは想像する経営が長い言葉を遂行する必要があるとき作業状況の査定の一貫性を持ち出す。

Hawthorneの効果の限定。 不利な点

  • いくつかとして重大な労働環境の属性を識別すること困難構成原動力等のように本質的がありなさい。
  • 生産性モデルの変数、a、bおよびcの定量化はまた非常に主観的、マネジャーのdiscernmentに左右される。
  • 重大な働きの属性は動的であり、モデル実際の「地面」の状態を反映するために絶えず更新される必要がある。
  • 全体的に見ると、生産性モデルの正確さはマネジャーの判断そして鋭才で非常に関連する。

Hawthorneの効果の仮定。 条件

  • 重要な働きの属性は十分に捕獲することができる。
  • 隠されるか、または暗黙の非公式の知識は差し控えられない。

本: ベイリー -人間性能工学


特別興味グループ

参加する

Hawthorne Effect 特別興味グループ。



特別興味グループ

フォーラム

新しいトピック

Hawthorne Effectフォーラム。


Hawthorne Effect: Intellectual Fraud?
This effect was at the origin of a major change in the HR management.
Unfortunately since then, the study of Elton (...)
11
 
1コメント
Human Relations Movement and Scientific Management
The Hawthorne Experiments were the very first beginning of the human relations movement. The HR movement came up at the (...)
10
 
1コメント
The Influence of the Work Environment on Employee Motivation
Everyone thinks that is is either the "boss" or the employee that has a direct reaction to motivation. From my experienc (...)
9
 
1コメント
Short and Long Term Motivation and Demotivation
My believe is that all major thoughts or theories of motivation can help to improve the employee's morale (and then effi (...)
8
 
Advantages and Disadvantages Hawthornes Studies and Experiments
What are the advantages and disadvantages of Hawthorne's studies and experiments? What are the pros and cons? (...)
5
 
1コメント
How to Increase the Productivity of Employees?
How can a firm increase the productivity of its employees? In my opinion, management is to consider the following strate (...)
5
 
1コメント
Covey's Motivation Approach
Regarding motivation I love Coveys' Whole Person Approach. This paradigm begins with the person's four dimensions: Mind, (...)
5
 
The Deadtime Effect of Idle Time at Work
A series of study by Brodsky and Amabile (2018) reveals that meaningless idle time (= periods when workers are waiting f (...)
4
 
Employee Motivation is a Collective Responsibility!
Motivation should not be left to top management. Motivation is the collaborative, common responsibility of all team memb (...)
4
 
Staff Motivation apart from giving a good perks and good working conditions?
How do I motivate my staff apart from giving a good perks and good working conditions? (...)
2
 
4コメント
Motivation in Public versus Private Sector
My management experience in Ugandan public and private organizations has made me believe that CEOs motivate employees di (...)
1
 
What is the Flextime Concept? Definitions
Flextime (flexitime, flexi-time) is a variable work schedule in which there is usually a core period of approximately ha (...)
1
 
Labor Productivity Improvement Approaches
Which framework/approach could I use to perform a labor productivity improvement study for a construction company? (...)
1
 
1コメント
To Hawthorne or not to Hawthorne?
The Hawthorne effect was a clean break at the time it was observed for the first time. Since then, humanity has made som (...)
1
 
2コメント
Pygmalion, Hawthorne, Self-fulfilling, and Galatea Effects
The Galatea {gal-uh-tee'-uh} Effect is yet another name that this effect is sometimes referred to as. I mention it becau (...)
0
 

新しいフォーラムトピックを開始するについてのHawthorne Effectより多くの情報

 

ベストプラクティス

Hawthorne Effectに関する最も評価の高いディスカッショントピック。ここでは、最も価値のあるアイデアと実用的な提案を見つけます。


Principles of Human Motivation
1. Have a reason. Adults want to see a purpose in what we do.
2. Develop a sense of responsibility. People should b (...)
109
 
35コメント

The Effect of Motivated Employees on Profitability
There are straightforward and direct relationships between employee motivation and the performance of an organization.
38
 
19コメント

Internal and External Motivation
Employee motivation depends on two factors: internal and external:
- Internal factors depend on his needs, knowledg (...)
19
 
4コメント

Wanted: Successor of Hawthorne Effect
The Hawthorne effect as I understand is that employees were more productive when then understood that they were attended (...)
19
 
3コメント

Barriers to Motivation: 20 Principles of De-motivation
Some keys to discourage teams (and to lose money) in business are the following:
D1. Having little contact with peo (...)
12
 
3コメント

Pygmalion Effect vs. Self-fulfilling Prophecy vs. Hawthorne Effect
What is the difference between Pygmalion Effect and a Self-fulfilling Prophecy and the Hawthorne Effect? (...)
11
 
4コメント

Measuring Per Person Productivity
How does one go about measuring "per person productivity"...? (...)
9
 
3コメント

エキスパートのヒント

Hawthorne Effectについての高度な洞察(英語)。ここには専門家による専門的なアドバイスがあります。


Establishing a Nice Work Enviroment

Best Practices
According to Lisa Merlo there are 5 things business leaders can do to create a relational work environment: 1. Speak to (...)

Hawthorne Experiments Background

Historical Basis
The Hawthorne Experiment are also referred to as 'Illumination Studies' (1924-1927). But the conclusion of the Hawthorne (...)
の情報源

Hawthorne Effectに関するさまざまな情報源。ここでは、独自の講義やワークショップで使用するパワーポイント、ビデオ、ニュースなどが見つかります。


The Effects of Employee Involvement on Firm Performance

Influence of Employee Involvement on Firm Performance
Key findings of Research by Derek C, Jones and Takao Kato are that: (i) membership in offline teams initially enhances (...)

The Workplace Environment and Aging Issues

Performance Management, Two-factor Theory, Absenteism, Presenteism
This presentation discusses how a workplace can be designed in a way that is perceived as comfortable by their employees (...)

The Science of Personal Productivity

Personal Productivity, Time Management, Multitasking
In this video, science has been used to explore if there is a secret to being productive. It is important to realize tha (...)

How to Achieve Employee Engagement

Employee Empowerment, Employee Participation, Participative Management, Participative Leadership
Tom Peters gives a short, but fundamental advice on how you can accomplish his 3rd and 4th principle (3. Autonomy and En (...)

研究リンク

Hawthorne Effectに関する他の有用な情報源に自動的にジャンプします。


ニュース 動画 プレゼンテーション 書籍 もっと

ニュース

動画

プレゼンテーション

書籍

もっと


Hawthorneの効果をと比較した: Hierachy of Needs  |  Two Factor Theory  |  必要性の理論  |  Theory X Theory Y  |  ERG Theory  |  Expectancy Theory  |  Path-Goal Theory  |  Attribution Theory


経営ハブに戻る: 変更と組織人材知識と無形財産


より多くの方法、モデル、理論

特別興味グループ

Hawthorne Effectに興味がありますか?SIGリーダーになる

 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2021 12manage - The Executive Fast Track. V15.8 - 最近の更新: 22-10-2021その所有者のすべての名前™。