Hierachy of Needs
(Maslow)

ナレッジセンター





概要、フォーラム、ベストプラクティス、専門家のヒント、情報源。


アブラハムMaslowの伝記

アブラハムMaslowのHierachy of NeedsアブラハムMaslowは生まれる1908年4月1日ブルックリン、ニューヨークのである。 彼は自身に耐えられる7人の子供の第一号不完全に教育されたユダヤ人移民がロシアからのある彼の親である。 彼の親は新しい世界の彼らの子供のための最もよいのを望み、学術の成功のために彼を懸命に押す。 予想通り、彼は男の子として非常に孤独になり、本の彼の非難を見つける。

彼の親を満足させるためには、彼はニューヨーク(CCNY)の都市大学で最初に法律を調査する。 彼は彼の親願いに対してBertha Goodmanの彼の最初壮大な姪と、結婚する。 AbeにおよびBerthaは2人の娘がいることを続く。

彼がウィスコンシン大学に通ってもいいようにアブラハムMaslowおよびBerthaはウィスコンシンに動く。 ここに、彼は心理学に興味があるようになり、彼の学校の仕事は劇的に向上し始める。 そこに彼はハリー Harlowと働いている。 Harlowは赤ん坊のアカゲザルおよび付属品の行動の彼の実験のために有名である。

アブラハムMaslowは1930年に彼のBA、1931年に彼のma、および1934年、心理学のすべて、ウィスコンシン大学からのすべてに彼のphDを受け取る。 卒業の後の年、彼はMaslowが人間の性別の研究に興味があるようになるコロンビアでe. l. Thorndikeを使用にニューヨークに戻って動く。

彼はブルックリンの大学でフルタイムで教え始める。 彼の生命のこの期間の間に、彼は米国とブルックリンの方に特に移住している多くのヨーロッパの知識人が付いている接触に入って来る。Adler、Fromm、Gestaltの何人かの心理学者およびフロイト派の心理学者と同様、Horneyのような人々。

1951年に、アブラハムMaslowは彼がKurt Goldsteinに会う10年間Brandeisで心理学部の会長として役立つ。 Goldsteinは自己実現の考えに彼を導入し、Maslowは彼自身の理論的な仕事を始める。 それはまたここに彼が彼自身の理論化より彼にとって最終的にはるかに重要の人文主義的な心理学のための彼の改革運動を始めることである。 彼はカリフォルニアのsemi-retirementの彼の生命の最後の年を過ごす。 1970年6月8日に、彼は思わしくない健康の年後に心臓発作で死ぬ。


アブラハムMaslowのHierachy of Needsモデル


Hierachy of NeedsHierachy of Needs -生理学的な必要性

これらは空気、水、食糧、睡眠、性、等のような非常に基本的な必要性である。 これらが満足しないとき私達は病気、苛立ち、苦痛、不快、等を感じるかもしれない。 これらの感じはホメオスタティスを確立するためにそれらをできるだけ早く軽減するように私達に動機を与える。 それらが軽減されれば、私達は他の事について考えるかもしれない。


Hierachy of Needs -安全は必要とする

これらは安定性と無秩序の世界の一貫性の達成を取扱っている。 これらの必要性は実際のところ大抵心理的である。 私達は家および家族の安全を必要とする。 但し、例えば乱用の夫によって引き起こされる家族が正常に機能しなければ妻は次のレベルに動くことができない。 彼女が彼女の安全のために絶えずかかわっているので。 彼女が恐れにもはやないまで愛およびbelongingnessは待たなければならない。 私達の社会の多数は法と秩序のために近隣の歩行のために行くにはが十分に安全に感じないので叫ぶ。


Hierachy of Needs -愛およびbelongingnessの必要性

これらは梯子で次である。 人間にグループに属する欲求がある: クラブ、ワークグループ、宗教団体、家族、一団、等。 私達は他受け入れられることを他の人々愛されて(non-sexual)感じたいと思う。 実行芸術家は拍手を認めている。 私達は必要とされる必要がある。 比較しなさい: Hawthorneの効果


Hierachy of Needs -自尊心は必要とする

2つのタイプの尊重の必要性がある。 第1仕事の能力または支配からの結果の自尊心である。 二番目、他から来る注意および認識がある。 これはbelongingnessのレベルに類似している、しかし、ほしい賞賛は力のための必要性と関連している。


Hierachy of Needs -自己実現のための必要性

これはがなることができる」。こと1つがである何「より多くのなる欲求より多くの、すべてになるためにであり、 すべてがある人々は彼らの潜在性を最大にすることができる。 彼らは神との知識、平和、審美的な経験、self-fulfillment、一体感、等を追求してもいい。
 

MaslowのHierachy of Needsモデルは1943-1954年の間に開発され、1954年にMotivation and Personalityで最初に広く出版された。 現時点でHierachy of Needsモデルは5つの必要性を構成した。 Maslowの最も普及した本はより多くの層が加えられたToward a Psychology of Being (1968年)である。


Hierachy of Needsの限定は模倣する。 不利な点

心配はこの階層に余りに堅く付かないために取られるべきである:

  • 現実には、人々はこれらのレベルを通って必ずしも一つずつ働かない。 彼らは彼らの必要性を満たす方法で大いにより少なく構成される。 (Graves)
  • 異なった文化的な背景を持つそして異なった状態の異なった人々に必要性の異なった階層があるかもしれない。 (HofstedeEarlyな)
  • 他の研究者は他の必要性がまた重要また更により重要であることを主張する。 達成、加入および力のための必要性を識別したMcClellandを見なさい。
  • 1968年に、Maslow彼自身に彼の本の加えられた付加的な層がある: 「Toward a Psychology of Being」。

上記の悪意はまだほとんどの人々のために、元の5層版元のHierachy of Needsに残る。


本: Abraham Maslow - Toward a Psychology of Being -


Hierarchy of Needs 特別興味グループ


特別興味グループ (0人のメンバー)

Hierarchy of Needsフォーラム  

最新のつのトピック:Hierarchy of Needs。


What is a Successful Manager?
When can a person reasonably be considered a successful manager? From the company's point of view, it is a matter of pe (...)
16
18反応
 
What is the PRACTICAL Value of Maslow's Need Hierarchy for an ORGANIZATION?
What is the practical value of Maslow's Need Hierarchy in getting things done in the work place? Can you give a practica (...)
13
4反応
 
Fundamental Flaw In Maslow's Pyramid
As convincing as Maslow looks at first sight, there is a fundamental error in Maslow's Hierarchy of Needs. His pyramid i (...)
2
0反応
 
Hierarchy of Needsベストプラクティス

ここでは、最も価値のあるアイデアと実用的な提案を見つけます。


🥇 How to Apply the Maslow Hierarchy of Needs to a Business
Clearly, an individual at the self-esteem and self-actualization levels would be a preferred employee. The problem stem (...)
50
2反応

 
🥈 Which Level of Need?
Let's call him Harry, he is very assertive. He will work for money and can change jobs for more money. Harry is hardwork (...)
49
2反応

 
🥉 Self-fulfilment Prophecy
In my organization, I have found that the perception of people is a self-fulfilling prophecy. Most of them are around th (...)
48
0反応

 
Marketing Interpretation of Hierarchy of Needs
Maslow's needs hierarchy can be re-interpreted in consumer needs / value terms to read from bottom to top: Functional, E (...)
41
1反応

 
Maslow's Model Related with Marketing
Maslow has really provided a basic model for which every individual is striving hard to achieve. The bottom ladder of th (...)
18
0反応

 
Maslow and Buyer Behaviour
How does Maslows Theory influences Buyer Behaviour? (...)
14
1反応

 
Maslow and Interests Outside of Work
I would assume that managers want (prefer) people to be motivated at the self esteem and self actualization levels. If s (...)
14
0反応

 
Is Self Actualization Equal to Nirvana?
Sometimes ago I attended a talk on Maslow's Hierarchy of Needs and the speaker stressed that the level of self-actualiza (...)
14
3反応

 
List of Criticisms on Maslow's Pyramid of Needs
Besides the criticisms already mentioned in the summary: 1. In reality, people don't necessarily go through these level (...)
8
0反応

 
Is Maslow's Hierarchy of Needs Still Valid Today?
Yes, Maslow's need hierarchy is still valid today and even handy and practicable. Most humans have the same basic concep (...)
8
6反応

 
Does Anyone Know That Maslow Reviewed Self-Actualization?
While Maslow originally meant self-actualization as a peak of personal needs, in fact before he died Maslow stated that (...)
7
0反応

 
Limitations to Maslow's Hierarchy of Needs
One of the limitations to Maslow's Hierarchy of Needs is that it does not take into account the unsatisfied needs. In a (...)
6
2反応

 
Hierarchy of Needs during Recession
During a recession, does the hierarchy of needs or preferences change? (...)
4
0反応

 
Hierarchy of Needsエキスパートのヒント(英語)

ここには専門家による専門的なアドバイスがあります。


Drivers and Levers of Employees

Improving Employee Motivation (...)
   
 
 
 

Differences Between Maslow's Hierarchy and Alderfer's ERG Theory

Understanding Human Needs, Teaching (...)
   
 
 
 

Promotion-focused versus Prevention-focused Employees

Employee Needs and Motivation (...)
   
 
 
 

Alternate Classifications of Human Needs (Employees, Consumers)

Motivation, Marketing, Human Needs (...)
   
 
 
 

Family-Work Conflicts (FWC) and Daily Job Performance

Family-work conflicts, Coaching, Mentoring, Job Performance (...)
   
 
 
 

Differences in Organizational Commitment Between Paid Workers and Volunteers

Organizational Commitment, Employee Motivation, Non-profit Organizations (...)
   
 
 
 

Internal and External Motivators

2 Types of Motivators.... (...)
   
 
 
 
Hierarchy of Needsの情報源

ここでは、独自の講義やワークショップで使用するパワーポイント、ビデオ、ニュースなどが見つかります。



と比較した: 必要性の理論  |  Spiral Dynamics  |  Ashridge Mission Model  |  Two Factor Theory  |  Theory X Theory Y  |  Hawthorneの効果  |  ERG Theory  |  Expectancy Theory  |  Customer Satisfaction model Kano  |  Emotional Intelligence  |  Cultural Intelligence  |  Cultural Dimensions  |  Coaching  |  Mentoring


経営ハブに戻る: コミュニケーションとスキル方針決定と評価倫理と責任人材知識と無形財産リーダーシップ  |  マーケティング  |  戦略


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

Hierarchy of Needsのエキスパートですか?無料で登録する

このナレッジセンターへのリンク

コピーあなたのウェブサイトにこのコード:

 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2020 12manage - The Executive Fast Track. V15.6 - 最近の更新: 26-9-2020。その所有者のすべての名前™。