Brand Identity Prism
(Kapferer)

ナレッジセンター

   

ブランドのアイデンティティの分析。 ジーンNoël KapfererのBrand Identity Prismの説明。 (「92)

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Brand Identity Prism Kapferer

ブランドの隠喩のために人間を使用することの明らかな利点は理解し、ブランドが意味するものを論議するためにnon-expertsのためにはるかに容易に、特に、なることである。 消費者は容易に人格特質を有するようにブランドを感知する。

 

Brand Identity Prismは何であるか。 記述

ジーンNoël Kapfererに従って、ブランド人格はブランド・アイデンティティのちょうど1つの主面べきである。

Jennifer Aakerは生き返らせるための信用にブランドのための人間の隠喩を値するが、彼女によりブランド人格にブランド・アイデンティティのいくつかの次元の併合によって概念的な混乱を引き起こしている。 Kapfererは全面的なブランドのディスクリプターとしてブランド・アイデンティティの元の専門用語に生き返らせることを推薦する。


Brand Identity Prismの起源。 歴史

Kapfererのモデルを理解するためには僅かな歴史を読むことは有用である:

既に1958年に、Martineauは店を特別にさせるnon-material次元を示すのに単語「ブランド人格」を使用した: その特性。


60sおよび70sにプロダクトおよびブランドの一致を用いる成長の不満があった。 そのの典型的な例はRosser Reevesからの言葉「Unique Selling Proposition」かUSPだった。


1982年に、すべてのブランドが3つの面に沿って記述されているSéguela、推薦される言及する代理店のVP:

  1. 物理的。 プロダクトは何およびどれだけうまくそれ行うするか。
  2. 特性。 ブランド人格面。
  3. 様式。 言及することおよびコミュニケーションのための操作上の要素。

80年代後期では、テッドの怒りは言葉「Unique Selling Personality」をもたらした。 結果として、有名な「コピー作戦で」の-コピーという意味で広告の作戦を要約する必要な単一シート顧客会計主任が満ちている新しい項目を見るために-それは広まるようになった: ブランド人格。


類推的に心理学の言葉「人格」の使用に、研究の側面で、ブランド・アイデンティティのframeworkはブランド・アイデンティティの次元-ブランドに帰因させることができる即ち人間人格のそれらの特質としてブランド人格を常に引用した。 他の次元間にありなさい:

  • 決め付けなさい内部の価値(文化的な面)を
  • 決め付けなさい関係面(行ないの行動の様式、)を
  • ブランド反映された消費者面
  • ブランドの物理的な面(特質を区別する材料)

本: Jean-Noël Kapferer - The New Strategic Brand Management: Creating and Sustaining… -


Brand Identity Prism フォーラム
  Brand Identity Strategy
Branding is the discipline of setting apart, di...
     
 
  Using the Brand Image for Recruiting and Selecting People
Dear all, I need some tips and literature on how y...
     
 
  Developing an Advertising Campaign
It is important to make a creative brief, a Kapfer...
     
 
  How to apply the Kapferer Model in a Product and Service Dimension
How will the Kapferer model fit or how will it exp...
     
 
  Significance of Kapferer Model for Developing an Advertising Campaign
What is the significance / importance of Kapferer'...
     
 

Brand Identity Prism 特別興味グループ


特別興味グループ

Brand Identity Prism 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Brand Identity Prism プレミアム
  Top-10 Naming Blunders For a Company, Product or Brand
Here's a list of errors you should avoid when choo...
     
 

Expert Tips (ENG) - Brand Identity Prism プレミアム
 

Pitfalls of International / Global Brands

Consistent with current trends in  
 
 

How to Build a Brand in China

Based on data about Chinese consumers expectation...
Usage (application)Brand Development, China, Best Practices
 
 
 

What are Attributes of Strong Brands?

In the article The Brand Report Card (Har...
Usage (application)Brand Management, Brand Valuation
 
 
 

Characteristics of a Good Brand Identity Prism

A well-built Brand Identity Prism typically has th...
Usage (application)Demands for Brand Identity Prism
 
 
 

How to Divest 2nd Tier CPG Brands?

On top of the value of each individual brand comes...
Usage (application)Brand Portfolio Management, Freeing up Resources for Main Brands, Brand Valuation
 
 
 

Generic Traits of a Good Brand

A good brand displays nine traits:
1. ...
Usage (application)Brand Management, Checklist
 
 
 

Nationalism and Patriotism in Corporate Brand Communication Strategies

Past research in market communication revealed tha...
Usage (application)Corporate Branding, Corporate Reputation, Corporate Nationality, Corporate Patriotism, Corporate Nationalism
 
 
 

Why are Brands Often So Similar? Understanding Brand Similarity/Parity

Despite of the efforts of companies to differentia...
Usage (application)Branding, Brand Management, Brand Parity, Brand Similarity, Know Model, Brand Differentiation
 
 
 

The Need for Brand Authenticity

In an article called "Embrace the Dark Side" in th...
Usage (application)Branding
 
 
 

Generic Implementation Steps of a Global Brand

Firms that want to build global brands should t...
Usage (application)Global Brand Development, Best Practices
 
 
 

The 22 Laws of Branding (Trout & Ries)

1. The Law of Expansion: The power of a brand is i...
Usage (application)Branding, Brand Recognition
 
 
 

Status Brands: The influence of Power-distance Beliefs

Status brands are brands that can inherently raise...
Usage (application)Branding, Brand Management, Power Distance, Brand Recognition
 
 
 

Brand Relationship Quality

A lot of research has been done to consumers bran...
Usage (application)Branding, Brand Management, Brand Differentiation, Brand Relationship
 
 
 

Focus Points in City Branding

Although most people are used to products and serv...
Usage (application)City Branding, Regional Branding, Geographical Branding
 
 
 

Three Dimensions in How Global Brands are Evaluated by Consumers

Holt et al. (2004) researched how people evaluate ...
Usage (application)Global Branding, Corporate Reputation, CSR, Globalization
 
 

リソース - Brand Identity Prism プレミアム
 

brand identityについてのニュース


     
 

brand dimensionsについてのニュース


     
 

brand identityについての動画


     
 

brand dimensionsについての動画


     
 

brand identityについてのプレゼンテーション


     
 

brand dimensionsについてのプレゼンテーション


     
 

brand identityについてのもっと


     
 

brand dimensionsについてのもっと


     

Brand Identity Prismをと比較した:  Brand Personality Dimensions  |  Brand Asset Valuator  |  Reputation Quotient


経営ハブに戻る: 方針決定と評価知識と無形財産 | マーケティング


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2017 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 18-11-2017。所有者別の全 tm 名。