Customer Satisfaction model
(Kano)

ナレッジセンター





測定の顧客の幸福。 KanoのCustomer Satisfaction modelの説明。 (「84)


Kanoの顧客満足モデル

顧客満足モデルは何であるか。 記述

n. Kanoからの顧客満足モデルは顧客の幸福の測定に使用することができる質の経営およびマーケティングの技術である。


Kanoの顧客満足のモデルは最初の3実際に影響の顧客満足質の属性の6つの部門を区別する:

  1. 基本的な要因。 (Dissatisfiers。 。持たなければならない) -達成されれば達成されなければ不満を引き起こす最低の条件により、顧客満足を引き起こさないが(または超過される)。 顧客は前提条件とこれらをみなし、許可されるのためのこれらを取る。 基本的な要因は市場の記入項目「境界」を確立する。
  2. 興奮は考慮する。 (Satisfiers。 魅力的。) -提供されなければ渡されたら引き起こさない不満を顧客満足を高めるが、要因により。 これらの要因は顧客を驚かし、「歓喜」を発生させる。 これらの要因を使用して、会社は肯定的な方法で競争相手と実際にそれ自身を区別できる。
  3. 作業率。 パフォーマンスが低ければパフォーマンスが高ければ満足を引き起こす要因により、および不満を引き起こす。 ここに、属性のパフォーマンス全面的な満足は線形および対称的である。 普通これらの要因は顧客の明確な必要性に直接接続され、欲求および会社は競争であることをここに試みるべきである。

Kanoが述べる付加的な3つの属性は次のとおりである:

  1. 無関心な属性。 顧客はこの特徴を気遣わない。
  2. 不審な属性。 それはこの属性が顧客によって予想されるかどうか明白でない。
  3. 逆の属性。 この製品の機能の逆は顧客によって予想された。
     

顧客満足モデルの起源。 歴史

顧客満足の分析の方のアプローチはKANO、n. SERAKU、n.、TAKAHASHI、f.及びTSUJIのS.の(1984年の)魅力的な質によって記事で最初に出版され、質、Hinshitsu (質、Quality, the Journal of Japanese Society for Quality Control)、14、PPなである。 39-48。


顧客満足モデルの使用法。 適用

明らかな質経営およびマーケティングの使用法のほかに、Kurt Matzler、Matthias FuchsおよびAstrid Schubertは彼らの記事ので「従業員の満足疑問に思う: するKanoのモデルを適用するか」。 顧客満足の要因のKanoのモデルが従業員の満足を記述してまた関連しているかどうか(Total Quality Management & Business Excellence、11月12月2004年)。 従業員が内部顧客として感知することができるので。 彼らはKanoの理論が実際内部顧客の分析のためにまた使用可能であるという結論に達する。


顧客満足のステップは模倣する。 プロセス

Kanoは他の3つの付加的な要因と同様、基本的な、パフォーマンスおよび興奮の要因を識別するためにアンケートを開発した。

  1. 顧客が5つの方法の1つで答えることができる組の質問各製品の機能のために作り出される。
  2. 最初の質問はプロダクトがその特徴(機能質問)を示せば顧客の反作用にかかわる;
  3. 第2質問はプロダクトがこの特徴(正常に機能しない質問)を示さなければ顧客の反作用にかかわる。
  4. 答えの結合によってすべての属性は6つの要因に分類することができる。

特別興味グループ - 顧客満足度


特別興味グループ (1人のメンバー)


フォーラム - 顧客満足度  

主題に関する議論:顧客満足度。


  Example FMCG and B2B business
Who can give an example of these 3 factors in the FMCG and B2B business. What are the basic factors, (...)
 
 
 
 
  Alternate Methods to Measure Customer Satisfaction
Are there any other approaches to measuring customer satisfaction or client happiness? (...)
 
 
 
 
  Software for Measuring Customer Satisfaction
What kind of software do you require to work on a CSM survey using Kano's model? (...)
 
 
 
 
  How to Design a Generic Model Serving Unique Customers?
As far as I know, every customer is different. How can we design a model which has a more generic ap (...)
 
 
 
 
  Assumptions of the Kano Model
Note that the model by Kano is aimed at finding the average appreciation of certain quality f (...)
 
 
 
 
  C-U-S-T-O-M-E-R Service Dynamics in the New Economy
In the present economy, organizations must conform to the increased standards of customer service. T (...)
 
 
 
 
  Risks associated with Excitement Factor
I strongly agree that the excitement factors delight the customer but with the passage of time these (...)
 
 
 
 
  Using Kano Model for Strategic Planning
The Kano model can be used to find a new direction, so it can also be used as a method for defining (...)
 
 
 
 
  Customer Satisfaction and Competitive Advantage
What is the role of customer satisfaction in gaining a competitive advantage? (...)
 
 
 
 
  How to Trigger Customer Satisfaction - Variables
Customer satisfaction is a critical marketing construct and involves customer relationship and confl (...)
 
 
 
 
  Other Attributes of Features of a Product or Service
Kano model basically provides very good direction on features which must be there, must not be there (...)
 
 
 
 
  Customer Emotions and Actions
According to Kano theory there are two components: EMOTIONS and ACTIONS. In the service industry (ba (...)
 
 
 
 
  Customer Satisfaction as Research Driver
Customer satisfaction survey results should help in improving satisfaction and also in generating mo (...)
 
 
 
 
  Research Software Development Industry?
What possible research ideas can be found regarding the applications of customer satisfaction model (...)
 
 
 
 

ベストプラクティス - 顧客満足度

ここでは、過去から最も価値のある議論が見つかります。


  What Customers Truly Value? 30 Elements (Bain)
Marketers have generally spent much time and effort on the pricing side of the value equation (marke (...)
 
 
 
 
  Overall Satisfaction in Customer Satisfaction Questionnaire?
Should we have a question capturing "overall satisfaction" in a survey form, apart from individual p (...)
 
 
 
 
  What is Customer Satisfaction? Definitions
Customer satisfaction (CS) is the state at which the requirements are fulfilled in a way that meets (...)
 
 
 
 
  Sensemaking: What are your Customers' Needs? Really?
Customer Behavior Approaches There are many approaches towards analyzing customer needs, customer s (...)
 
 
 
 

Expert Tips (ENG) - Customer Satisfaction

ここでは、専門家によるアドバイスを見つけるでしょう。


 

Advantages of Kanos Model

Classifying quality attributes (...)
 
 
 

Importance-Satisfaction Model

Classifying quality attributes (...)
 
 
 

A Closer Look Into Customer Value

Customer Value Analysis, Strategic Marketing, Innovation Strategy (...)
 
 
 

Classifications of Human Needs (Employees, Consumers)

Motivation, Marketing, Human Needs (...)
 
 
 

Approaches to Understand your Customer's Needs

Customer Targeting, Customer Needs Identification, Customer Behavior (...)
 
 
 

Why are Brands Often So Similar? Understanding Brand Similarity/Parity

Branding, Brand Management, Brand Parity, Brand Similarity, Know Model, Brand Differentiation (...)
 
 
 

Relation Between Employee & Customer Satisfaction

Why Employee Satisfaction Matters for Customer Satisfaction (...)
 
 
 

Extreme Customer Trust as a Source of Competitive Advantage

Competitive Advantage, CRM, Customer Loyalty, Customer Intimacy (...)
 
 

リソース - 顧客満足度

こちらでは、パワーポイントのプレゼンテーション、マイクロラーニングのビデオ、その他の情報源を見つけることができます。



Customer Satisfaction modelをと比較した:  SERVQUAL  |  Relationship Marketing  |  Customer Relationship Management  |  操作上CRM  |  Two Factor Theory  |  Total Quality Management  |  Quality Function Deployment  |  Hierachy of Needs


経営ハブに戻る: 人材知識と無形財産マーケティング  | サプライチェーンと質


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますかに特化しています? 無料で登録する


 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2019 12manage - The Executive Fast Track. V15.2 - 最近の更新: 10-12-2019。その所有者のすべての名前™。