Cause and Effect Diagram 特性要因図 石川馨

ナレッジセンター



概要、フォーラム、ベストプラクティス、専門家のヒント、情報源。

98アイテム • 1.214.964回の訪問


概要

Kaoru石川の魚の骨の図表原因および効果の図表は何であるか。 記述

日本の品質管理の統計学者からのKaoru原因そして効果の図表(魚の骨の図表)は石川でき事の原因をか問題または結果識別し、整理するのにチームで使用することができる写実的な技術である。 それは重要性のレベルに従って図式で原因間の階層関係をか細部およびある特定の結果説明する。 またと称される: 石川の図表
 

魚の骨の図表の起源。 歴史

魚の骨の図表は東京大学の教授によってKaoru石川、質経営の非常に見なされた日本の専門家発明された。 彼は1943年に川崎の鋼鉄仕事で要因の複雑なセットが助けといかにの理解する問題を関連していることができるかエンジニアのグループに説明を助けるのに最初にそれを使用した。


原因の使用法および効果は図表で示す | 魚の骨の図表。 適用

  • チーム努力の複雑な問題の集中。 比較しなさい: 8D問題解決
  • 特定の効果、問題、または状態のためのすべての原因そして根本的原因を識別しなさい。
  • 分析し、特定プロセスに影響を与える要因間の相互作用の一部を関連付けるか、またはもたらしなさい。
  • 是正処置を可能にしなさい。

石川の図表の創造のステップ。 プロセス

  1. 会合の目的を説明しなさい。 それから、明らかに国家識別し、分析されるべき問題か効果に一致しなさい。
  2. 皆がそれを見ることができるようにwhiteboardかflipchartを置きなさい。 横の脊柱が付いている図表の問題または効果の右側のの側面を含んでいる箱を引きなさい。

  3. Brainstormingの会議を行ないなさい。 第一草稿、なぜなら主要なブランチが次の部門を使用できるように:
    • サービス産業: 8 ps: 人々、製品/サービス、価格、昇進、方針、プロセス、プロシージャ、場所または植物または技術。
    • 製造業: 6氏: マンパワー、方法、測定、機械類、材料、大自然(環境)。
    • 例えば頼むことによって上記の部門を使用しなさい: 問題に影響を与えるか、または起こす人々問題は何であるか。
  4. 調査される効果に貢献する主要な原因を識別しなさい。 これはすることができPareto Analysis (80/20の規則)またはRoot Cause Analysisを適用する。

  5. これらの主要な原因はあなたの図表の補助的な枝のためのラベルになる。

  6. 各々の主要で補助的な枝のために、効果の原因であるかもしれない他の特定の要因を識別しなさい。 頼みなさい: この原因はなぜ起こっているか。
  7. 原因のますますより詳しいレベルを識別し、関連の原因か部門の下でそれらを組織し続けなさい。
  8. 図表を分析しなさい。
  9. 図表の行為。 問題の原因を取除きなさい。 これのための一般的なの組織的アプローチはDeming CycleまたはRACIである。

強さは原因および効果図表で示す。 利点

  • 問題のすべての考えられる原因を見つけ、考慮する助けよりもむしろ最も明らかであるちょうど物。
  • 構成された方法で問題または品質特性の根本的原因を定める助け。
  • グループ参加を奨励し、プロセスのグループの知識を利用する。
  • 不平および関係がない議論へ依頼しないで問題の原因の焦点への助け。
  • 整然とした、読みやすいフォーマットをもたらおよび効果関係を図表で示すのに使用する。
  • 皆が仕事で要因についての詳細を学ぶのを助力によるプロセスの増加の知識いかに関連しているかおよび。
  • 十分な情報の欠乏があるそれ以上の調査のための区域を識別する。

石川の限定は図表で示す。 不利な点

  • 多くの原因および多くの問題が関連する非常に複雑な問題のために特に有用。

魚の骨の仮定は図表で示す。 条件

  • 問題はまた補助的な原因で次々と構成される原因の限られた数で構成される。
  • これらの原因および補助的な原因を区別することは問題を取扱う有用な第一歩である。

本: Kaoru石川-品質管理へのガイド


特別興味グループ

参加する

原因と結果の分析 特別興味グループ。



特別興味グループ

フォーラム

新しいトピック

原因と結果の分析フォーラム。


Solution and Effect Diagram
There exists also an inverted Ishikawa Diagram, with the Solution on the left and a big arrow with branches pointing to (...)
14
 
1コメント
Ishikawa System Limitations
The Ishikawa system is a practical, solid tool for solutions of the quantitative problems. But when getting into subject (...)
6
 
1コメント
When Should we Use a Cause Effect Diagram?
In addition to the usage and application areas already mentioned in the summary, the Ishikawa Diagram can be used in the (...)
5
 
How to Apply Cause and Effect Analysis in a Processing Plant?
I work in a process plant. I'm always facing breakdowns of machinery or even small defects. People including myself tend (...)
4
 
3コメント
Ishikawa Process in Quality Control and Quality Management
Problem Analysis for quality control/management issues using the Ishikawa process has a high degree of applicability. It (...)
4
 
1コメント
Only the Probable, Approximate Main Cause is Found!
Cause-effect diagram is one of methods determining the approximate main cause not the exact one
Because it depends (...)
3
 
Using the Ishikawa Diagram in the Public Sector
What are the advantages to using a cause and effect diagram in the public sector rather than in the private sector? My t (...)
2
 
2コメント
The 4Ms Model to Name Ishikawa Main Causes
I checked the internet to find out who and when used the original 4Ms as names for the main cause categories (branches). (...)
2
 
2コメント

新しいフォーラムトピックを開始するについての原因と結果の分析より多くの情報

 

ベストプラクティス

メンバーになろう

原因と結果の分析に関する最も評価の高いディスカッショントピック。ここでは、最も価値のあるアイデアと実用的な提案を見つけます。


What is the Taguchi Principle?
Has anyone heard of the Taguchi principle and can you please explain what it is in simple terms? What are the benefits i (...)
23
 
15コメント

Cause and Effect Diagram: Next Steps
It is well known that C&E analysis is a good tool for trouble shooting. My point is there can be many causes while drawi (...)
18
 
2コメント

Determining the Relevance of a Problem with an Ishikawa Diagram
I use the fishbone to determine the relevance of a problem. On the upper side of the fishbone I put the positive charact (...)
13
 
4コメント

Six Sigma and Fishbone Diagram
Is there a relation between six-sigma and the fishbone diagram? (...)
12
 
5コメント

Understanding Demand and Failure Demand
I am an MSc student of Six Sigma for service. For my final project I am evaluating the benefits of DMAIC lean "systems t (...)
8
 
6コメント

Complex Effect and Cause Relations
Note that Effects and Causes of organizational problems are often interlinked as when a child does not study and the mot (...)
5
 
9コメント

エキスパートのヒント

メンバーになろう

Cause and Effect Analysisについての高度な洞察(英語)。ここには専門家による専門的なアドバイスがあります。


How to ApplyThe 5 Whys Method

Definition, Process, Best Practices, Limitations
Definition The 5 Whys Method was pioneered by Sakichi Toyoda and lately developed by the architect of Toyota Production (...)

Approaches to Conducting RCA Activities

Root Cause Analysis Methods
One might be tempted to conclude that a completed RCA is the compilation of stakeholder views of "why" a situation occur (...)

3 Potential Categories of (Root) Causes

Root Cause Analysis, Ishikawa, 8D, TOC
Latino and Latino consider in a 1999-paper called 'Root Cause Analysis Improving Performance for Bottom Line Results' (...)

Team-oriented CAEA

Team-based RCA
The 8-D problem solving process, is a team-oriented method of problem solving. It applies process and statistical tools (...)
の情報源

メンバーになろう

原因と結果の分析に関するさまざまな情報源。ここでは、独自の講義やワークショップで使用するパワーポイント、ビデオ、ニュースなどが見つかります。


Ishikawa Diagram

Analysing main causes and effects
Comprehensive presentation. Topics: - Kaoru Ishikawa - Basic Concept - 7 Causes, 5 M's, 4P's, 4S's - Aim of Method (...)

Example of Root Cause Analysis: The Jefferson Memorial

Root Cause Analysis, RCA, 5 Whys, Ishikawa Diagram, Cause and Effect Analysis
The stone of the Jefferson Memorial in Washington DC was deteriorating quickly. Using Root Cause Analysis (more in parti (...)

Determining the Root Cause of a Problem

Root Cause Analysis, Problem Solving, Analysing
Presentation about the Root Cause Analysis by 1. Why determine Root Cause? 2. What is a Root Cause? 3. What is RCA? (...)

Using the Whys Method

Six Sigma, Toyoda, Toyota, Lean Production, Root Cause Analysis
To solve a problem effectively, you need to drill down through the symptoms to the underlying cause. Sakichi Toyoda, one (...)

Creating a Fish Bone Diagram in Excel

Fish Bone Diagram Excel, Excel, Ishikawa Diagram Excel
In this tutorial you can learn how to make a Fish Bone Diagram using Excel. (...)

First Introduction to 8D Problem Solving and Root Cause Analysis

Initial Understanding of Causes of Problems, Workshops, Trainings
In this video Adrian Gundy explains 3 important terms or principles you need to understand about the 8 Disciplines or 8D (...)

Cause and Effect Diagram

Cause and Effect Analysis
Download and edit this 12manage PowerPoint graphic for limited personal, educational and business use. Republishing in (...)

研究リンク

メンバーになろう

原因と結果の分析に関する他の有用な情報源に自動的にジャンプします。


ニュース 動画 プレゼンテーション 書籍 もっと

ニュース

動画

プレゼンテーション

書籍

もっと


原因および効果の図表をと比較した: 8D問題解決  |  Root Cause Analysis  |  Theory of Constraints  |  Dialectical Inquiry  |  Mind Mapping  |  ピラミッドの主義  |  Delphi Method  |  Analogical Strategic Reasoning  |  Action Learning  |  Brainstorming  |  Six Thinking Hats  |  Kepner-Tregoe Matrix  |  RACI  |  Gantt Chart


経営ハブに戻る: コミュニケーションとスキル方針決定と評価サプライチェーンと質


より多くの方法、モデル、理論

特別興味グループ

原因と結果の分析に興味がありますか?SIGリーダーになる

 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2021 12manage - The Executive Fast Track. V15.8 - 最近の更新: 6-8-2021その所有者のすべての名前™。