Facilitation様式(ジョンのHeron)

ナレッジセンター

   

人々を促進し、助ける方法。 ジョンのHeronのFacilitation様式の説明。 (1975年)

目次

プレミアム

Facilitation様式Facilitation様式モデルは何であるか。 記述

ジョンHeronによるFacilitation様式のframeworkは顧客と助手間の可能な治療上の相互作用の範囲を分析する6つの可能な方法の間で区別する。 Heronは顧客(2001年)へ従業者のサービスの一部分であることばによるおよび/または非言語的な行動の確認可能な部分と介在を定義する。
 

Facilitationの起源はframeworkのスタイルを作る。 歴史

ジョンのHeron (b. 1928年)は社会科学の直接参加による研究方法の作成の開拓者である。 Heronは介在様式の彼の仕事のために知られている。

Heronによる以前のモデル(1975年)に6つの部門の介在の分析6つのFacilitative介在とと称され、2つの主要な部門で6つの促進様式があった:

  1. 権威のある介在。 従業者はより支配的かより強引な役割を取り、顧客のためのそしてに代わる責任を取る。
    1. 規定する介在。 助言および方向の提供によって顧客を指示する。
    2. 報知的な介在。 指示の提供によって顧客に知識、情報および意味を、与えるシーク。
    3. 介在の直面。 直接フィードバックによる顧客の挑戦行動か態度。
  2. Facilitative介在。 従業者は顧客が自治になり、彼ら自身のためのより多くの責任を取ることを可能にするように努める。
    1. カタルシスの介在。 強力な思考か感情を表現し、克服する助けの顧客。 共感する。
    2. 触媒作用の介在。 反映するべき助けの顧客は発見し、学ぶ。 質問をする。
    3. 支える介在。 顧客の信任を造り上げる。 賞賛、価値は顧客を支え。

より遅いHeronは6つの次元および3つの決定モードに彼のモデルを精製し、と称する: Facilitationはモデルのスタイルを作る。 (数字、数値)。


Facilitation様式の使用法。 適用

Facilitationの強さはモデルのスタイルを作る。 利点

  • 現在および可能な助力様式の意識を創造する。
  • 教えるか、または相談様式を伝え、論議するframework。
  • 個人およびグループのレベル両方で使用することができる。

Facilitationの限定はframeworkのスタイルを作る。 不利な点

  • 自治モードの方の促進様式で変われる行動、価値および技術の転位を要求する。
  • 講演者から世話役への、専門家からの顧問への、制御からの構造からのあい昧性への危険への。
  • すべての人々が助けの高度の方法の準備ができていない。 「私はちょうど」今すればいいのか私に何を言うことを必要とする。

本: ジョンのHeron - 6つの部門の介在の分析。 人間の潜在的な研究計画。 サリー州(1975年) -の大学

本: ジョンのHeron -世話役のHandbook (1999年) -

本: ジョンのHeron -顧客を助けること: 創造的で、実用的なガイド(2001年) -


Facilitation Styles 特別興味グループ


特別興味グループ (0人のメンバー)


Facilitation Styles フォーラム  

最近の話題

  Facilitation Styles of van Maurik
J. van Maurik argues good facilitators are those who are able to give accurate and flexible responses to their teams. He develops four styles that ca...
     
 
  How to Become an Authority as a Consultant?
I am currently researching the development of a model which maps the process of becoming an authority in some chosen field of expertise (focused on bu...
     
 
  Corrupt Interventions after Heron
Heron was keen to ensure that the ethical aspect of caring was maintained throughout the client journey and so included the category of corrupt int...
     
 

ベストプラクティス - Facilitation Styles
  Four Sets of Activities of Donaghue
John Heron's work focused on the relationship between the helper and the client.
In 1992 Charles Donaghue incorporates a responsibility for the ...
     
 

Expert Tips (ENG) - Facilitation Styles



経営管理と管理に自分自身を教育



リソース - Facilitation Styles
 

Facilitation Styles Heronについてのニュース


     
 

Intervention Model Heronについてのニュース


     
 

Facilitation Styles Heronについての動画


     
 

Intervention Model Heronについての動画


     
 

Facilitation Styles Heronについてのプレゼンテーション


     
 

Intervention Model Heronについてのプレゼンテーション


     
 

Facilitation Styles Heronについてのもっと


     
 

Intervention Model Heronについてのもっと


     



あなたの管理職歴昇進を加速する



Facilitation様式をと比較した: Coaching  |  Mentoring  |  Managerial Grid  |  4 Dimensions of Relational Work


経営ハブに戻る: 変更と組織コミュニケーションとスキル人材知識と無形財産


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader















 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2018 12manage - The Executive Fast Track. V14.1 - 最近の更新: 20-10-2018。その所有者のすべての名前™。