EFQM

ナレッジセンター

   

European Foundation for Quality Managementのframework。 説明EFQM。

目次

プレミアム

Total Quality Management (TQM)は品質管理が生産ラインの端に立つ質のコントローラーに任せられるべきでないという考えである。 (最終的な出力を点検する)。 のは(またはあるべきである)時完成品が前提を去るまで、原料が着く時からの組織に浸透する何かである。


EFQMのframeworkはである何。 記述

EFQM modelは9つの規準に基づく非規定するTQMのframeworkである。 これらの5つは「Enablers」であり、4つは「決算、業績である。 「Enabler」の規準はなんと組織かカバーしている。 「決算、業績の規準はなんと組織達成するかカバーしている。 「Enablers」を増進するために「決算、業績「はEnablers」および「決算、業績の助けからのフィードバックによって引き起こされる。

EFQM modelはパフォーマンスのすべての面の支持できる卓越性の達成への多くのアプローチがあることを確認する。 というパフォーマンス、顧客、人々および社会に関する優秀な決算、業績は方針および人々パートナーシップおよび資源を通して提供される、およびプロセス基づいている作戦を運転するリーダーシップによって達成される仮定に。


EFQMのframeworkEFQMはそこにの支持できる卓越性の達成への多くのアプローチ確認する非規定するframeworkである。 この非規定するアプローチの中ではEFQM modelを支えるある基本的な概念がある:
 

EFQM modelの概念

  • 決算、業績のオリエンテーション。 すべての構成のstakeholdersを喜ばせる決算、業績を達成しなさい。
  • 顧客重視。 支持できる顧客の価値を創造しなさい。
  • 目的のリーダーシップ及び安定度。 目的の安定度とつながれる幻および心に強く訴えるようなリーダーシップ。
  • processes及び事実による経営。 一組の相互依存のおよび関連付けられたシステム、プロセスおよび事実を通して構成を管理しなさい。
  • 開発及び介入に民を住まわせなさい。 開発および介入によって従業員の貢献を最大にしなさい。
  • 連続的な学習、革新及び改善。 現状に変更革新および改善の機会を創造することを学習の使用によってもたらす挑戦すれば。
  • Partnershipの開発。 パートナーシップを価値加えることを開発し、維持しなさい。
  • Corporate Social Responsibility。 構成が社会のstakeholdersの予想に理解し、答えるように努力するために作動する最低の規定するframeworkを超過すれば。

EFQM modelはヨーロッパの最も広く利用された組織のframeworkの1つである。


EFQMの使用

EFQM modelは次の目的に使用することができる:

  • 組織を査定するため。 従って改善の活動をどこに集中するか識別する。
  • Benchmarking。
  • 作戦の検討および作成。
  • European Quality Awardおよび多くの国民の質賞に適用のための基礎。

EFQM用具

次の用具は提供される:

  • RADAR Scoring Matrix -決算、業績、アプローチ、配置、査定および検討
    決算、業績-組織が達成するものをこれは覆う。 決算、業績が肯定的な傾向や支えられたよいパフォーマンスのターゲットを示す優秀な組織では適切、会われるか、または超過されて、パフォーマンスは他とよく比較し、アプローチによって引き起こされてしまう。 その上に、決算、業績の規模は関連した区域に演説する。
    アプローチ-組織がそれの理由計画するものをこれは覆い、することを。 優秀な組織のアプローチは適切な場合には健全な- stakeholderの必要性の明らかな理論的根拠、明示されてい、開発されたプロセスおよび明らかな焦点持っていることは、および統合されている-支持の方針そして作戦および他のアプローチにつながれてである。
    配置-これは組織がアプローチを使用するものにそれを配置するためにする範囲をカバーし。 優秀な組織ではアプローチは組織的方法で関連した区域で、実行される。
    査定及び検討-アプローチのアプローチそして配置を両方査定し、見直すために組織がするものこれは覆う。 優秀な組織アプローチは、およびそれの配置では、規則的な測定に応じてある、学習活動は実行され、改善を識別し、順位をつけ、計画し、実行するのに両方からの出力が使用される。
  • PATHFINDERカード
    Pathfinderカードは改善のための機会を識別するための自己申告用具である。 その目的は自己申告によって改善の機会の同一証明で助け、改善の計画を造るのを助けることである。 自己申告を実行する間記録用具、むしろそれであるすぐに答えられることを設計されている一連の質問でない。 この用具は規準か補助的規準のレベルで使用することができる。

EFQMは版権©1999 - 2003EFQMである


本: John S. Oakland - TQM: Text with Cases, Third Edition -


EFQM 特別興味グループ


特別興味グループ (0人のメンバー)


EFQM フォーラム  

最近の話題

  Common Assessment Framework (CAF)      
 
  Strategy Map Based on EFQM Model?      
 
  EFQM Self-Assessment Software      
 

ベストプラクティス - EFQM
  Starting an EFQM Implementation: First Steps
     
 
  What's the Relation between EFQM and TQM?
     
 
  EFQM Point of Reference
     
 
  EFQM Excellence Approach?
     
 
  EFQM Benchmarking and Continuous Improvement
     
 



管理について知る必要のあるのはこれだけです


  Spare Parts Management
     
 

Expert Tips (ENG) - EFQM
 

EFQM Levels and Objectives

 
 
 

Benefits of the EFQM Model

 
 



経営管理と管理に自分自身を教育



リソース - EFQM
 

EFQM frameworkについてのニュース


     
 

EFQM criteriaについてのニュース


     
 

EFQM frameworkについての動画


     
 

EFQM criteriaについての動画


     
 

EFQM frameworkについてのプレゼンテーション


     
 

EFQM criteriaについてのプレゼンテーション


     
 

EFQM frameworkについてのもっと


     
 

EFQM criteriaについてのもっと


     



あなたの管理職歴昇進を加速する



EFQMをと比較した: Deming Cycle  |  Kaizen  |  Balanced Scorecard  |  Baldrige  |  People CMM  |  Quality Function Deployment


経営ハブに戻る: 変更と組織コミュニケーションとスキル倫理と責任人材作戦  |  サプライチェーンと質


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

















12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2018 12manage - The Executive Fast Track. V14.1 - 最近の更新: 19-10-2018。その所有者のすべての名前™。