Coaching

ナレッジセンター



概要、フォーラム、ベストプラクティス、専門家のヒント、情報源。

下記によって貢献される: 人の花


概要

CoachingCoachingは何であるか。 記述

Coachingは定義された時間枠に新しい学習へ個人を導くことに使用することができる技術および方法として記述することができる。 


コーチのための多くの定義がある。 そう多くの変化および矛盾した定義のによってコーチする定義の討論に参加することがこの現在に抽象的概念(ジャクソン2005年)の練習であることが提案された。 多産の学術の作家は(ClutterbuckおよびMegginson 2005年)分野がまだ成長して、液体ことを示す彼らの視点を変える。 「1対1の助力が」であるかもしれない希望エスペラントのようにとの1994年まで遡って、Garvey (1994年)は「1対1の助力を」参照し、こうして言葉を定義し直すことの概念を提案する、ほとんどaの再生はしかしディスクリプターの言葉で有効決め付けることが言葉で「粘着性がない」言葉をmuddied。


何人かの作家は働くタイトルとしてmentoringがコーチのためのモデルであることmentoring、である余りに形式的提案し。 彼らは容易に美味しいので単語のコーチを利用する(ハドソン1999年)。 最近、この混同した眺望内の結合の形態を創造する英雄的な試みで私達は分野の顕著な作家が他のサブセットとしてどちらかの活動を受け入れて幸せでないことを見る。 彼らはコミュニティが一致したコーチ顧問の言葉に動き始めるべきであるこの2つの言葉の原因の混乱間の区別、そして合式的に示す(Parsloe及びWray 2005年)。


Coaching定義は、「他に権限を与えるプロセス簡単、含む(Whitmore 1997年)。 またはより限定的: 「」起こり、こうしてパフォーマンス向上することを学習および開発を可能にするプロセス。 巧妙なコーチであることはコーチのtakes place (Parsloe 1999年)文脈に適切である様式、技術および技術の変化と同様、プロセスの知識そして理解を要求する。 見通しはまた個々の貢献者定義の解釈の巨大な役割を果す。 顧問は結果(Cranwell等2004年)につながれて特定の機能が主に、技術関係したようにコーチを見る。 コーチは仕事の決算、業績に焦点(MegginsonおよびClutterbuck 1995年)および現在の仕事内のパフォーマンスの第一次焦点を移し、技術(Clutterbuck 2004年)の開発を強調する。


コーチでの定義は長年かけて成長した。 幾分風変わりで古風のから、「コーチのほとんどの重要な面が心配の受け入れられたり、尊重された取られたという可能性としては危なく、島国的な確信、よりもむしろコーチとcoachee間の情報交換」 (Olalla 1998年)。 「コーチはパフォーマンス、開発および達成を」高める可能にするなプロセスであること発音するビジネス定義に(アレキサンダー及びRenshaw 2005年)。 特定の段階でactionedコーチが人の開発でより有効であること興味深く、1988の申し出まで遡ってMegginson (1988年)眺め。 従ってビジネス世界の文脈にコーチはより多くの役割、仕事細目(ウィリアムス2000年)を予測する。 私達が人の開発の適切な時に特定の介在が最も有効な方法である思考のこのラインに続けば、コーチの介在の広い範囲の検討は要求される。 そして私達は今では新しい何が、(Zeus及びSkiffington 2000年)コーチは心理学、スポーツ心理学および教育を合併したこと、および使用中の建物「市場性および信頼性」であることを見る。
 

Coachingの起源。 歴史

言葉「コーチ」はキャリッジの方法、実際にKócs (発音された「koach」起きる馬が引く車を示す1500'sで見られる)の小さいハンガリーの町に第1である。 中間の1850年代に単語のコーチは検査の準備の学生を(ZeusおよびSkiffington 2005年)助け、「詰め込むこと」のリンクを持つようである人に関係している英国大学で利用され外見上馬が引く駅馬車(Wikipedia 2005年)のチームの制御と関連付けられた多重タスク処理技術をリコールする。 Coachingは見、それが人文主義的な心理学の根(Zeus及びSkiffington 2000年)であることを人の威厳および実在価値に焦点を合わせる。


ビジネス世界のCoaching

現れ始められるヒューマニストの動きが私達見始めるのでの平行出現はの内のコーチ同等者の内で見ることができるビジネス世界、ジャーナルを見直した。 gorby (1937年)はパフォーマンスのボーナスを達成するために無駄を減らすように新しい従業員をコーチしているより古い従業員を記述する。 bigelow (1938年)は販売の人々をコーチしている販売部長を詳述する。 型(1951年)は「コーチとしてマネジャー」プログラムを報告した。 コーチする「フォローアップ」が評価を増進したHayden (1955年)は論争した。 mahler (1964年)は有能なコーチであるためにマネジャーを得る組織の難しさを示した。 gersham (1967年)は「態度及び業績」のスーパーバイザーの効果を評価した。 tobias (1996年)は「柔らかい技術」でコーチされる技術的に「優秀な」 44 yr oldのマネジャーで報告する。 「見直される同等者でしかし報告されて」紹介ある主に「を事例研究」が日誌に記し、「コメントしなさいマンチェスターの相談のグループ最近の調査のような厳密で分析的な仕事に対して」 (Zeus及びSkiffington 2005年)。 このグループは5.7回ROI 1996-2000年の間に進水するコーチプログラムに関して報告する。 また研究の焦点はこれとして偏られた製造業の方にだったその時に財政のpowerbase連動になり、「権限を与えられた労働力」および「作戦資源以外の人的資本」の概念はまだ現れることだった。


表面上に「生命コーチの」概念は、高校中退者をねらいとしたプログラムの活動のように、コーチする現代定義によって第1示した。 窮乏の戦争の最前線のこの仕事はベドフォードStuyvesant、ブルックリン、ニューヨークのYMCA後援されたトレーニングプログラムからの50年代に始まった。 その目標はより強力な勧めることを捜すことだったまたは助力人々の学習方法は生命(Adkins 2006年)の予想可能な進化問題に対処のための心理的なおよび社会技術を学ぶ。 60年代の終わりの方に研究はより厳密になった(グラント及びCavanagh 2004年)。 学術の方法のこの焦点はより進歩的な商業ボディによって必要な信頼性のための触媒だった。 そして自体エグゼクティブ及びビジネスコーチの生れは80年代のリーダーシッププログラムから現れた(Zeus及びSkiffington 2005年)。


Coachingの実質の進歩は事実上それ自身を改革するスポーツおよびビジネス世界の組合せと、来た。 テニスの彼の内部のゲームを持つTim Gallwey (1974年)は、のような他の著しいスポーツコーチの速い連続のビジネス文脈のコーチのための第一次触媒だった: ジョンWhitmore (チャンピオンの競争起動力)、David Hemery (オリンピックハードルのメダリスト)、およびDavid Witaker (オリンピックホッケーコーチ)。


それのCoachingは現代外観現実のNO、本当の通訳または解釈がないという中心の確信の理論を(ウィリアムス及びIrving 2001年)、学ぶConstructionistから生まれたである(Zeus及びSkiffington 2005年)。 1つは示す主義からのコーチの生れを見ることができる: 私達は「すべて私達が住んでいる世界の私達の経験の反射によって私達の自身の理解を」、組み立てる。 そして興味深く90年代のある人々は経営およびコミュニケーションの開発にかかわるそれらの特定の好意を見つけている「ある程度哲学の」グループの盛り上りであると信じる何が見ることと(Parsloe及びWray 2005年)、NLPのような現象が(Grinder及びBandler 1989年) 「この例を採り上げられるConstructionist理論、Batesonの(2000年の) Cybernetics、Chomsky'sの(1972年の)言語理論およびLandamatics (Landa 1974年)のようなそのような区域から」チェリーをいかに食べるか見ることは可能である。 それは学術およびより厳密な方法が分野の基準そして確認として機能するところに」、コーチの「科学者従業者モデルのための呼出しを発生させた商業企業の世界のこの「チェリー一突き」のアプローチそして要求である。 多数のためにコーチは専門的にコーチするそれらの存在にもかかわらず専門職、であることから遠く離れてある(グラント、2003b)。 定義および妥当性の現在の心配は「一点に集中したり」よりもむしろ現在位置に「現れた」専門職によって説明することができる。


Coachingの使用法。 適用

  • ビジネスコーチ。
  • 管理のコーチ。
  • 生命コーチ。
  • パフォーマンスのコーチ。
  • スポーツはコーチする。
  • 仕事場のコーチ。

Coachingのステップ。 プロセス

一般に一致しない。


Coachingの強さ。 利点

  • 個人およびビジネスへのコーチの優勢な利点はself-directed学習の促進である。 学習がコーチで可能になるけれども、コーチの本当の根本的な利点は個人の機能により有能な貢献者として経験からで」動く「ある。
  • 保ち、成長の才能によって調査は転移の間に積極的にコーチを奨励するか、または段階を変える会社にかなりの利点を示す。
  • コーチのためのROIは調査が示す管理のコミュニティの標準的な教室研修が、特に、それら30まですぐにより中間層のスタッフを切るよりかなり高い。

Coachingの限定。 不利な点

  • Coachingは療法でない。 そうであればcoacheeは依存するようになることができる。
  • ビジネスの威信の位置として見、こうしてコーチおよび政治influencersのclichéを創造できる。
  • あなたの上司に彼は告げる試みがらくたのコーチである!

Coachingの仮定。 条件

  • CoachingはMalcolm Knowlesの考えで実際に引っ張り、個人に自身の学習およびすべての約束のための責任があると本質的に言う「学んでいる」は大人、「導かれる、よりもむしろ」導かれるべきである。
  • これは非常に簡単な事のための非常に複雑なトピック、である。 それ自身をコーチすることが定義によってモデル行わないことである理由、モデルはのようなコーチの用具に育ったり、である。
  • 現在一般に受け入れられた定義を提供する本部モデルがない。

本: Zeus & Skiffington - The Coaching at Work Toolkit -

本: Mary Beth O'Neill - Executive Coaching with Backbone and Heart -

本: Bruce Peltier - The Psychology of Executive Coaching -


特別興味グループ

参加する

コーチング 特別興味グループ。



特別興味グループ (1人のメンバー)

フォーラム

新しいトピック

コーチングフォーラム。


The GROW Model / Coaching Framework
There is a coaching model from partnership coaching, called "GROW" involving a set of exploring questions: G - GOALS - (...)
38
 
15反応
Coaching as Social Capital
I have always been fascinated by the references in the literatures and in coaching trainings to the coach-client relatio (...)
11
 
4反応
Teacher Professional Development (TDP) Models
I came across several teacher professional development (TPD) models outlining ways and means to engage teachers as learn (...)
11
 
2反応
Business Coach must be Holistic
As business coaches we have to know more about strategy/operations, people management, self management and communication (...)
10
 
0反応
Qualitative and Quantitative Aspects of Coaching
Mentoring and coaching both have qualitative and quantitative aspects. For example, using multiple data collection tool (...)
9
 
2反応
Raising Productivity by Coaching
Be patient + be patient + be patient = success in coaching, but it is too hard to raise the productivity by coaching onl (...)
8
 
2反応
The Wheel of Life: Balance your Life
Life is not uni-dimensional; balance in life comes from fulfillment in all areas. If we overly focus on one or just a fe (...)
7
 
0反応
Coaching Emanates from the Relationality
Working as a coach in English education I have for a long time seen coaching repeatedly come and go as a mode of profess (...)
6
 
2反応
Evaluate the Benefits of Coaching in Your Organisation
Evaluation of coaching outcomes within an organisation is important for many reasons. It can: Assist with continual (...)
4
 
1反応
Coaches Bring Out the Best in Their 'Teams'
A great coach is not someone who teaches skills... It is someone who guides, directs, and provides opportunity for pract (...)
3
 
16反応
Problems with Definition of Coaching
Overly broad definitions of coaching (and mentoring too) plague discussions around these two topics: - Coaching can be (...)
2
 
6反応
ベストプラクティス

メンバーになろう

コーチングに関する最も評価の高いディスカッショントピック。ここでは、最も価値のあるアイデアと実用的な提案を見つけます。


Coaching by Managers and Leaders
I've been a long time manager in multinational companies and I am since 8 years a self-employed business coach. As a pro (...)
43
 
23反応

Mentoring versus Coaching
Mentoring has high interest for me. Based on my observation and that of other officers, a great gap exists in planning a (...)
29
 
20反応

The Enneagram of 9 Personalities. Types and Centers.
The Enneagram is a very old symbol which has been introduced to the Western society by Gurdjief (1866 1949) and gradua (...)
27
 
10反応

Has Coaching Become Too Technical?
I have been researching coaching for a number of years - partly in the hunt for the 'simple but effective' set of tools. (...)
23
 
9反応

The Coach is a Facilitator for Self-Findings
Coaching is not about teaching people, but it is a process of facilitating the coachee to dig out his/her own hidden tal (...)
21
 
9反応

Qualities of a Good Coach. Checklist
The importance of coaching cannot be underestimated. However, identifying a good coach is far from easy. Here's a checkl (...)
20
 
4反応

Trillion Dollar Coach: Team Coaching Lessons for Managers
Are you a manager or a coach? According to a new book by Google's Eric Schmidt, Jonathan Rosenberg and Alan Eagle there (...)
17
 
8反応

Assumptions of Coaching: You Can Change and Develop Yourself
Since the 1960s, human studies, psychotherapy and philosophies rooted in oriental traditions like Zen Buddhism and Taois (...)
16
 
5反応

Effective Coaching
An effective coach is a skilled and knowledgeable individual who understands that all individuals, if they are not alrea (...)
15
 
6反応

Rational Emotional and Behavioral Therapy: REBT
The theory of REBT has been developed by Albert Ellis in 1955. Albert Ellis was not satisfied with the type of therapy h (...)
13
 
0反応

Coach People's Strengths or Weaknesses?
Coaching people's strengths I find is much more effective than coaching their weaknesses. Working on a str (...)
13
 
5反応

Coaching is Expert-aided Goal-oriented Learning
A coach is one which takes you from the the present place to another desired place. Therefore coaching is goal-oriented (...)
12
 
5反応

Why Leaders Need Coaching
Leaders must be very conscious of their actions and of the impact they have on others. Coaching is an excellent tool to (...)
12
 
9反応

Does Business Coaching Really Work?
Hypothesis: coaching helps the coachee (and his team) to perform significantly better in achieving business objectives. (...)
11
 
15反応

Using Incentives and Rewards in Coaching
Is it helpful for coaches and coachees to provide different types of incentives or rewards for better performance? Of c (...)
11
 
4反応

The Need for Relational Coaching
The term 'Relational Coaching' might seem to be synonymous to Coaching, since coaching always involves at least two peop (...)
11
 
1反応

How to Get Help from Someone Else?
Most people are a bit reluctant to ask for help, especially in the work environment. That is because we feel uncertain, (...)
11
 
8反応

Coaching and Pedagogy
I would like to see the difference between coaching and the roman concept of pedagogical leading. To me, the difference (...)
10
 
4反応

Use of the Body in Coaching
What do you think about coaching approaches that use the body to generate awareness and to develop soft skills - Are t (...)
9
 
5反応

Preconditions for Successful Coaching
I believe that coaching is a tool that helps to facilitate the learning progress of certain practices or habits. It does (...)
7
 
4反応

エキスパートのヒント

メンバーになろう

Coachingについての高度な洞察(英語)。ここには専門家による専門的なアドバイスがあります。


Myths on REACHING the top

What Experiences, Qualifications and Characteristics are Needed to Reach the Top?
I'd like to contribute a summary of an article by HRM Professor Monika Hamori of Instituto de Empresa Business School. H (...)

Write a Personal Mission Statement

Establish focus on who you want to be in your life...
Covey wrote this pearl of wisdom in his book Seven Habits: "The key to the ability to change is a changeless sense of wh (...)

Building an Organizational Coaching Capacity

Developing an Organizational Coaching Capacity, Learning Organization, Developing Coaching as an Organizational Capacity
COACHING ON AN INDIVIDUAL LEVEL In their book "Trillion Dollar Coach: Lessons for Managers", Google's Schmidt, Rosenber (...)

GENIUS Coaching Model

Coaching Talented People
I developed the GENIUS coaching model as a guide to managing a creative thinking coaching session. This grew out of my e (...)

What is Your Leadership Point of View?

Reflection on your Leadership Style
In my experience very few leaders are able to define and succinctly articulate their leadership point of view. The reaso (...)

Promotion-focused versus Prevention-focused Employees

Motivating your Coachee
An interesting way to look at coachees for motivation purposes is described by Heidi Grant Halverson and E. Tory Higgin (...)

Personal Benefits of Coaching

Explaining the Advantages of Coaching at Coacheel Level
Here is a list of some typical advantages of using a coach as an assistant to your personal and professional development (...)

History of Coaching

Organizational Development, Background of Coaching
- In the context of management, the term coaching appears to have first been used by Myles Mace in 1958 and was seen as (...)

The GROWTH Framework for Coaching

Extended Coaching Model to Guide Coach-Coachee Interactions
The GROWTH model adds two more dimensions to this coaching model. Once deciding what the coachee will do, we look at: - (...)

Identify and Develop Leadership Abilities

Leadership Development, Management Development, Coaching, Mentoring
Covey's 4 Roles of Leadership helps managers to identify and develop 4 important abilities of 'true' leaders: Modeling (...)

Organizational Benefits of Coaching

Explaining the Advantages of Coaching at Organizational Level
Here are some typical benefits of using a coach to overcome problems within an organization: - Coaches may help to iden (...)

What is the Opposite of Situational Leadership?

Leadership Development, Management Development, Coaching, Mentoring
Situational Leadership can be seen as an adaptive style. The opposite, non-adaptive, or inflexible, style of leadership (...)

Five Leadership Development Ideas

Leadership Development, Management Development, Coaching, Mentoring
Although years of research and analysis by biographers, historians, and scholars have produced an enormous library of bo (...)

How to Develop your Own Leadership Philosophy

Leadership/Management Development, Coaching, Mentoring
In an article When should a leader be directive or empowering? How to develop your own situational theory of leadership (...)

Ineffective Behavior

Analyzing Manager, Employee or Self Behavior
There are many different forms or manifestations of ineffective behavior, such as - Finding it difficult to say 'no'. (...)

4 Patterns of Behavior

Creating Behavioral Awareness
According to Willem Roding there are 4 patterns cuasing behavior: 1. INSTINCT: Stimulus --> Reflex. Automatic decision: (...)

Psychoanalysis and Coaching

Similarities and Differences
Psychoanalysis is focused on what does not work, on dis-functional thoughts and behaviour, depending on the approach it (...)

The Relationship between the Power of Leaders and Overconfidence

Leadership, Power, Leadership Development, Executive Education
Fast et al. (2012) researched the relationship between power and overconfidence. In many cases it can be seen that decis (...)

Recognizing Distressed Managers in Leadership Pipeline Transition

Coaching, Mentoring, Management Development, Leadership Development
Moving from one manager level/phase to the following in the Management / Leadership Pipeline is a difficult task. Freedm (...)

Freud's Personality Types

Personality Types, Leadership Development, Management Development, Coaching, Mentoring
Freud recognized that there are an almost infinite variety of personalities which could be in the end broken down into 3 (...)

How to Assess Relational Skills of the Coachee?

Human Resources, Leadership
You can use the 4 dimensions of relational skills to assess relational skills: Influence skills: - Look for a history (...)

How to Develop Better Relational Skills?

Human Resources, Leadership
Although it is not necessary to be interested in or skilled at all four dimensions of relational work in order to succee (...)

CEOs Time Spent per Stakeholder / Constituency

CEO Coaching, CEO Time Management, Stakeholder Management
Research by Porter, Nohria and Higgins among 27 CEOs revealed the following interesting data on with whom they spend the (...)

The Best Managers in Coaching

Employee Development, Employee Growth, Coaching by Managers, Mentoring, Career Management, Management Development
Gartner (2018) surveyed 7,300 employees and executives across 25 industries and found that there are 4 types of managers (...)

Practical Tips to Increase the Performance of your Employees

Employee Development, Employee Growth, Coaching by Managers, Mentoring, Career Management, Management Development
The performance of an employee (or a team of them) depends on many factors. One of the main factors is how well the empl (...)

Family-Work Conflicts (FWC) and Daily Job Performance

Family-work conflicts, Coaching, Mentoring, Job Performance
FAMILY ROLES and WORK are two factors influencing each other: - Work can interfere with family roles; this is called a W (...)

Leadership Self-Assessement

Leadership Training, Leadership Development, Coaching, Mentoring
Before you seek training in leadership, you should assess your strenghts and weaknesses as a Leader by comparing with th (...)
の情報源

メンバーになろう

コーチングに関するさまざまな情報源。ここでは、独自の講義やワークショップで使用するパワーポイント、ビデオ、ニュースなどが見つかります。


ニュース動画プレゼンテーション書籍もっと

Coachingをと比較した: Mentoring  |  Facilitation様式  |  リーダーシップのパイプライン  |  個人的なPowerのHagbergモデル  |  Cultural Dimensions  |  Cultural Intelligence  |  Emotional Intelligence  |  Managerial Grid  |  4 Dimensions of Relational Work  |  MaslowのHierachy of Needs  |  ERG Theory  |  Spiral Dynamics  |  Changing Organizational Cultures  |  Expectancy Theory  |  Whole Brain Model  |  Seven Habits  |  Seven Surprises  |  Johari Window  |  EPIC ADVISERS  |  Leadership Styles  |  Level 5 Leadership


経営ハブに戻る: 変更と組織コミュニケーションとスキル人材リーダーシップ


より多くの方法、モデル、理論

特別興味グループ

コーチングに興味がありますか?無料で登録する

あなたの学生に通知

あなたの学習教材にこれをコピーしてください:

次に、次の場所にハイパーリンクを追加します。

このナレッジセンターへのリンク

このHTMLコードをWebサイトにコピーします。

 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2021 12manage - The Executive Fast Track. V15.7 - 最近の更新: 26-1-2021。その所有者のすべての名前™。