変更モデル(Beckhard)
Change Equation

ナレッジセンター



概要、フォーラム、ベストプラクティス、専門家のヒント、情報源。


変更モデル(また: リチャードBeckhardの変更のフォーミュラ、Change Equation)およびReuben t.ハリス(1987年)はDavid Gleicherへのそれらによって実際に帰因させる。 速いの与えるのはやすくけれども強力な用具、可能性および条件の第一印象組織を変えである。


Beckhardの変更モデルフォーミュラの同等化Organizational Developmentのマイル標石

歴史的に、Change EquationはOrganizational Developmentの分野については主要なマイル標石として見ることができる。 組織開発訓練は雇用者の必要性に応じて、そのうちに次第に拡大した。 これらの雇用者ただ経営目標によって、しかしまた従業員の約束によって彼らの組織を先に動かしたいと思うため。 今日の雇用者は従業員介入と組織の成功間の関係を理解する。
 

従業員介入

変更の従業員介入への移動、および内部か外的なコンサルタントの使用は変わるために反作用をどうにかして、Taylorismとして知られるようになったFrederick Winslow Taylorの科学的管理のアプローチのようなより早い経営理論から考えることの転位を表す。 この「命令および制御」アプローチはマネジャーと従業員の間で鋭いラインを引出した。 根本的な哲学は「労働者働く、マネジャーは」。が考えることであり Taylorの方法は時の反射、工場連合および一貫作業-堅いマネージメント制御を必要とした環境とのすなわち、産業時代だった。

Taylorの眺めは補足され、より多くの労働者の介入および利点のための方法展開した、組織心理学およびグループ原動力として人間関係の動きによって最終的に(取り替えられる)、および労働者の刺激の理論を舗装する。
 

Change Equationのフォーミュラ

変更モデルフォーミュラ(Change Equation)は次のとおりである:


D x V x f > r

 

=

 

変更への不満Xの視野Xの第一歩>抵抗


抵抗の克服の3つの部品

Change Equationは1つが組織の変更への抵抗を克服するために3つの部品がすべてなることを理解するのを助けることができる:

  • 現状の不満、
  • 将来可能であるものをの視野、
  • この視野に達することの方の達成可能な第一歩。

3のうちのどれかがゼロか近いゼロなら、プロダクトはまたゼロであるまたは変更への近いゼロそして抵抗は支配する。


特別興味グループ

メンバーになろう

変更の要因 特別興味グループ。



特別興味グループ

フォーラム

メンバーになろう

変更の要因フォーラム。


Alternate Systemic Change Equation
I propose an alternative model of formula of the success of systemic change as:
Ssc = CML/PML > CR - (f C+Ew (...)
10
 
4反応
 
The Three A's of Change Management
Whatever the nature of change it always follows a three step process: Awareness ⇒ Acceptance ⇒ Action. (...)
3
 
1反応
 
Application of Change Equation
I am looking for ideas on how the change equation model can be applied in an organization of more than 500 employees. Ho (...)
3
 
1反応
 
ベストプラクティス

メンバーになろう

変更の要因に関する最も評価の高いディスカッショントピック。ここでは、最も価値のあるアイデアと実用的な提案を見つけます。


Crisis is Strong Dissatisfaction
One strong form of dissatisfaction is a corporate crisis. (...)
8
 
0反応

 
Adjusted Change Equation Model
I have always adapted this model as follows, which makes it more useful and clear: D x G x Ps x S > R, or: Dissatisfac (...)
4
 
1反応

 
Newton's Laws Revisited
Newton's first law states: an item will not change motion without force. So without some first steps no change can happe (...)
4
 
0反応

 
Isn't the Will to Change the Most Important Change Factor?
Is it true that there are several factors involved in change, but the WILL (to change) is the key? (...)
3
 
0反応

 
エキスパートのヒント

メンバーになろう

Change Factorsについての高度な洞察(英語)。ここには専門家による専門的なアドバイスがあります。


Personal Networks of Successful Change Agents

Leading Major and Minor Change Initiatives
Organizational change is often difficult to achieve because it disturbs the hierarchical structures and the way to accom (...)
   
 
 
 

Leadership Strategies for Change

Initiate, implement, develop and sustain change
In response to the high rate of change failure, Ken Blanchard and his team have developed the Blanchard Leading Through (...)
   
 
 
 

Add a C to the Change Equation for Confidence / Competence

Conditions to Change an Organization
I have added a C to the model for Confidence and/or perceived Competence. One needs to believe that the change is possib (...)
   
 
 
 

What Change Agents Should I Use?

Change Management, Organizational Change, Turnaround Management
When choosing between internal or external change agents, organizations should consider following advantages and disadva (...)
   
 
 
 

Assessing the Risks of Change and the Organizations Capacity for Change

Leading Change
In their book "Transforming Public and Nonprofit Organization Stewardship for Leading Change", James Edwin Kee and Kat (...)
   
 
 
 

Unfreezing, Moving, Freezing

Change Management
In the early 20th century, psychologist Kurt Lewin identified three phases/stages of change that are still the basis of (...)
   
 
 
 

Six Crucial Mind Shifts for Strategy Execution / Implementation

Change Management, Strategic Change, Resistance to CHange, Strategy Implementation
Speculand (2009) suggests six mind shifts that people should consider when they're implementing new strategies in organi (...)
   
 
 
 

Strategic Change: Why, What, When, Who and How

Preparing Strategic Change
If we need to change strategically, we need to think about why, what, when, who and how: - Why do we want to change? - (...)
   
 
 
 

The 7C Framework for Successful Personal and Professional Change

Personal Change, Professional Change, Personal Transition, Professional Transition, Embracing Change
In the article 'Managing Yourself: How to Embrace Complex Change", Brimm (2015) provides a framework of seven Cs that c (...)
   
 
 
 

A Closer Look at How Change and Innovation Decisions are Made

Decision-making on Organizational Change, Innovation Decision-making, Contingent, Participative Decision-making
Kim, T (2015) elaborates on decision making on "non-routines" or innovations. According to him, non-routines can be seen (...)
   
 
 
 

The Role of the CEO in Strategic Change Initiation

Communicating Strategic Change
In management literature the role of the CEO in formulating and implementing strategic change has often been emphasized. (...)
   
 
 
 
の情報源

メンバーになろう

変更の要因に関するさまざまな情報源。ここでは、独自の講義やワークショップで使用するパワーポイント、ビデオ、ニュースなどが見つかります。




変更モデルフォーミュラをと比較した: DICE Framework  |  Forget Borrow Learn  |  Changing Organization Cultures  |  Appreciative Inquiry  |  Positive Deviance  |  RACI  |  Change Iceberg  |  Change Phases  |  Force Field Analysis  |  Planned Behavior  |  Business Process Reengineering  |  Kaizen  |  Dimensions of Change  |  Seven Habits


経営ハブに戻る: 変更と組織人材リーダーシップ  |  プログラムおよびプロジェクトマネジメント


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

変更の要因のエキスパートですか?無料で登録する

このナレッジセンターへのリンク

コピーあなたのウェブサイトにこのコード:

 


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク/私たちを引用 | プライバシー | 提案 | サービス条件
© 2020 12manage - The Executive Fast Track. V15.6 - 最近の更新: 3-12-2020。その所有者のすべての名前™。