Stakeholder Analysis

ナレッジセンター

   

査定するだれまたは何を実際に計算。 Stakeholder Analysisの説明。

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Stakeholder Analysisの-内部および外的なstakeholdersStakeholder Analysisは何であるか。 記述

Stakeholder Analysisは頻繁に影響を与えることができたりまたは組織の目的の達成によって影響される個人かグループが形作る力分野を識別し、調査するのに使用されているアプローチである。 Stakeholder Analysisはstakeholdersが構成に影響を及ぼすかもしれなかったりまたは活動によって構成およびターゲットの方の態度と同様、影響を及ぼされるかもしれない方法を識別する。


エドワードフリーマン(戦略的な経営のStakeholder Value Perspectiveに従って: stakeholderのアプローチ1984年は)、会社のまさに目的stakeholderの興味を調整するための車として役立つことである。  この眺めでは、Stakeholder Analysisはそれ自体が目的であるものである。 しかし私達がShareholder Value Perspectiveを取る時でさえ企業目的を達成する、stakeholderの分析は重要な平均である。


経営の役割は作り出し、作戦を実行し、stakeholdersすべてまたはほとんどをすること満たす、または少なくとも保障することである決定を強力で、正当なstakeholdersが余りに不運残っていないことを。


典型的なstakeholdersの広範囲のリストはここにある:

  • 所有者および株主の投資家
  • 銀行および債権者
  • パートナーおよび製造者

  • バイヤー、顧客および見通し
  • 経営
  • 従業員、仕事議会および労働組合
  • 競争相手
  • 政府(支部、国家、国民、国際)および調整装置
  • 専門職協会、企業の同業集団
  • 媒体
  • 非政府機関
  • 公衆、社会的な、政治、環境の、宗教利益団体、コミュニティ

より多くの個人かグループは特定の情況で確認可能かもしれない。 ある個人はstakeholderの多数のグループの部分である場合もある。 stakeholdersにかもしれなくない明確で、形式的な組織が、他あるかもしれない。 内部stakeholders (従業員のような)および外的なstakeholdersがある(政府のような)。


すべてのstakeholdersの興味は構成の一般的な成功そして富と密接に関連付けられる。 但し、stakeholdersのある特定の興味はある特定の問題が扱われなければならないとき時々特に重要である例えば:

  • 顧客はプロダクトの質が論議されるとき重要である。
  • 従業員は仕事の情況か安全が論議されるとき重要である。
  • 政府は環境か立法を取扱うとき重要である。

Stakeholder Analysisの-第一次および二次stakeholders私達はまた第一次stakeholders (株主のような)と二次stakeholdersの間で区別してもいい(政府のような)。 ラインが正確に引出されるところに、多くの討論のもとである。


Stakeholder Analysisの使用法。 適用

Stakeholder Analysisのステップ。 プロセス

  1. 識別しなさいstakeholders (Brainstorming)を
  2. stakeholderの必要性および興味を理解しなさい。 意味を持ったグループにそれらを分類しなさい。 比較しなさい: stakeholderの地図を描くこと
  3. stakeholdersに順位をつけるか、バランスをとるか、和解させるか、または総合しなさい
  4. 構成の作戦と行為にstakeholderの必要性を統合しなさい

Stakeholder Analysisの決算、業績。 利点

  • よりよい洞察力はstakeholderごとにの得ることができる:

    • stakeholderの関係
    • stakeholderがメンバーである組織か連合
    • 構成へのstakeholderの重大さ
    • stakeholderの力
    • stakeholderの優先事項
    • 準の危険区域
  • よりよい作戦および決定
  • 構成の作戦そして決定のよりよい受諾

Stakeholder Analysisの限定。 不利な点

  • 理想的に、Stakeholder Analysisは規則的に行われるべきであるまた更に絶えず、関連したstakeholders以来、力および連合はすぐに変わるかもしれない。
  • 組織の経営が各stakeholderの位置を査定しなければならないことに注目しなさい。 最終的に構成がstakeholdersの方に機能する方法を決定する経営ののは主観的な認識である。
  • 経営が普通すべてのstakeholdersのすべての要求を完全に満たすことは不可能である。 従って管理はウクライナのバランスをとる行為また更に和解または次の選択の総合に行為、なる:
    • stakeholderの1つの導くグループに焦点を合わせ、および他を必要または可能である範囲に満たす。 stakeholderの一流のグループは所有者または株主(Shareholder Value Perspective)また更にマネジャー自身であることができる。
    • 重量、重要性または緊急(Stakeholder Value Perspective)に従ってすべての興味のバランスをとるか、または和解させるか、または総合することを試みる。
  • 頻繁にそれにかなり、stakeholdersの建設的な協同ある行方不明が注意しなさい。
Stakeholder Analysis フォーラム
  Going 'Virtual' with Stakeholders
Increasingly getting work done or projects delivered requires a mix of stakeholder inputs, people in different locations, continents, organisations and priorities.
No longer do we always sit at the one table in the same room, building or company...
     
 
  Key Stakeholders' Expectations on Costs and Returns are not Matching
How can organizations handle the situation where some key stakeholders expect high returns (owners, shareholders, investors, managers) while some other important stakeholders' expectation will increase costs (employees require high sala...
     
 
  Satisficing all Stakeholders
I like this article. It shows that no stakeholder is to be left out as all of them should be carefully understood and dealt with appropriately. But this also leave me with a question. Are we trying to "satisfice" all the stakeholders in the organi...
     
 
  Avoiding Subjectivity in Stakeholder Analysis
As correctly stated in the excellent article above, any stakeholder analysis is typically the sum of the SUBJECTIVE PERCEPTIONS of the management team of the company. This means that if these perceptions are incorrect, the stakeholder analysis will a...
     
 
  Not doing a Stakeholder Analysis?
First excuse my writing. Personally I like the article, it gives me a notion of what to expect from a stakeholder analysis. There is one thing that I would like to know. What is the consequence of NOT doing a stakeholder analysis? I can unders...
     
 

Stakeholder Analysis 特別興味グループ


特別興味グループ

Stakeholder Analysis 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Stakeholder Analysis プレミアム

Expert Tips (ENG) - Stakeholder Analysis プレミアム
 

Multiple Perspectives of Analyzing Stakeholders

Ian Mitroff, Emeritus Professor from the University of Southern California, identified seven categories of stakeholder perspectives than can help to d...
Usage (application)Clustering Stakeholders
 
 
 

How to Reduce Stakeholder Complexity

A useful tool to understand what is happening in a complex situation is the Black Box.
It is a strategy for investigating a complex object...
Usage (application)Stakeholder Analysis Tool
 
 
 

The Role of the CEO in Strategic Change Initiation

In management literature the role of the CEO in formulating and implementing strategic change has often been emphasized.
An interesting view to s...
Usage (application)Communicating Strategic Change
 
 
 

The Maturity Stages of Corporate Responsibility

Simon Zadek provides a useful best practice five-stage maturity model of how organizations deal with Corporate Responsibility:
- Defensive: deny ...
Usage (application)Organizational Development, Corporate Responsibility Maturity
 
 
 

How to Effectively Conduct a Stakeholders Meeting?

Here are a few tips to effectively manage a stakeholders meeting:
1. Try to avoid getting into details and drawn into a conversation about a lo...
Usage (application)Stakeholder Meetings, Best Practices
 
 

リソース - Stakeholder Analysis プレミアム
 

ニュース

Stakeholder Analysis
     
 

ニュース

Analyzing Stakeholders
     
 

動画

Stakeholder Analysis
     
 

動画

Analyzing Stakeholders
     
 

プレゼンテーション

Stakeholder Analysis
     
 

プレゼンテーション

Analyzing Stakeholders
     
 

もっと

Stakeholder Analysis
     
 

もっと

Analyzing Stakeholders
     

Stakeholder Analysisをと比較した: stakeholderの地図を描くこと  |  Force Field Analysis  |  Stakeholder Value Perspective  |  Shareholder Value Perspective  |  Ashridge Mission Model  |  Clarkson Principles  |  Intrinsic Stakeholder Commitment  |  Strategic Stakeholder Management  |  PEST analysis  |  Crisis Management  |  Scenario Planning


経営ハブに戻る: コミュニケーションとスキル方針決定と評価倫理と責任プログラム・プロジェクト管理  |  戦略


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 1-10-2016。所有者別の全 tm 名。