Six Sigma

ナレッジセンター

   

near-perfectプロダクトおよびサービスを開発し、提供することの焦点。 Six Sigmaの説明。

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Six Sigmaは何であるか。 記述

Six Sigmaはビジネス過程の機能を増進するために用具をビジネスに与える質経営の方法である。 パフォーマンスのこの増加およびプロセス変化の減少はプロダクトの利益、従業員の志気および質の欠陥の減少そして改善をもたらす。 mikelハリーおよびMotorolaによって開拓されたのは質の測定および改善用プログラムである。 それは中心線からの6シグマのポイントまでのプロセスの制御(標準偏差)、または百万の項目ごとの3.4の欠陥に焦点を合わせる。 それは顧客によって定められるように質のために重大である要因を識別することを含んでいる。 それはプロセス変化を減らし、改善の機能は、安定性および6シグマ目的を支えるために設計システムを高める。


Six Sigmaモデルは会社がnear-perfectプロダクトおよびサービスを開発し、提供することに焦点を合わせるのを助けることができる非常に訓練されたアプローチである。 それはヨセフJuranの質経営のルーマニア生まれる米国の開拓者の統計的な仕事に基づいている。 どの位まである特定のプロセスが完全さ(標準偏差)から逸脱するか手段こと単語「シグマ」は統計的な言葉に使用するギリシャの印である。 シグマ数がより高ければ、完全さに近い方にある。 1シグマは非常によくない; 6シグマは百万ごとの3.4の欠陥だけと定義される。 Six Sigmaの後ろの中央考えは「逃走する」か何測定できればことプロセスで持ちなさい、それらをいかに除去できるか把握できる組織的にである。 従ってほとんど「zero defects」来ることができる。

Six Sigmaの缶の日本の起源はまだ使用する「ベルト」のシステムによって見られる。 Six Sigmaに新しく、基本訓練で行けば、グリーンベルトを得る。 Six Sigmaのチームを導くための責任があるだれでも黒帯とと称される。 最終的に黒帯を指示するMasterの黒帯とと称される特別なエリート集団がある。

 

Six Sigma 6 Σ

Six Sigmaの5つのステップ。 プロセス

普通、Six Sigmaプロセスに次の5つの段階がある:

  1. 定義。 Six Sigmaのあらゆるプロジェクトの第一歩は問題を明白にし、測定可能な目的を少数の月の内に達成することができるように規模を狭くすることである。 それからチームはプロセスを詳しく検査し、改善を提案し、それらの提言を実行するために集まっている。 製造する世界では、プロジェクトマネージャーおよび彼らのスポンサーは欠陥を構成する始め、次に一組のそのような欠陥の発生を減らすように設計されている目的を確立するものが定義によって普通。
  2. 測定。 Six Sigmaのプロジェクトの第2ステップでは、チーム収集データは高レベル分析のためにそれを準備し。
  3. 分析。 プロセスが、そして堅い支持データの質が確認されたら地図を描かれ、文書化され、Six Sigmaのチームは分析を始めることができる。 チーム・メンバーは通常人々が必要とされるに応じて行動し損うまたは人々が各段階で有効な制御を保障し損う方法を識別することによって始まる方法を識別することによって
  4. 改善。 改善を推薦し、決定し、そして実行しなさい。
  5. 制御。 Six Sigmaのプロジェクトの最終段階では、チームは制御を創造する。 これらは可能にする改善を支え、拡張する会社である。

Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers error '8007000e'

[Microsoft][ODBC Microsoft Access Driver] Not enough space on temporary disk.

/menu_comments.asp, line 140 Failed to execute script: Http Status Code = 500

Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers error '8007000e'

[Microsoft][ODBC Microsoft Access Driver] Not enough space on temporary disk.

/menu_expert_tips.asp, line 797 Failed to execute script: Http Status Code = 500

Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers error '8007000e'

[Microsoft][ODBC Microsoft Access Driver] Not enough space on temporary disk.

/menu_resources.asp, line 1249 Failed to execute script: Http Status Code = 500

と比較した: Kaizen  |  Deming Cycle  |  Scientific Management  |  8D問題解決  |  Value Chain  |  Just-in-time  |  Value Stream Mapping  |  価値工学  |  Hoshin Kanri -方針の配置


経営ハブに戻る: サプライチェーンと質


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2017 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 23-6-2017。所有者別の全 tm 名。

Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers error '8007000e'

[Microsoft][ODBC Microsoft Access Driver] Not enough space on temporary disk.

/menu_expert_tips.asp, line 797 Failed to execute script: Http Status Code = 500

Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers error '8007000e'

[Microsoft][ODBC Microsoft Access Driver] Not enough space on temporary disk.

/menu_resources.asp, line 1249 Failed to execute script: Http Status Code = 500