Action Learning (Revans)

ナレッジセンター

   

チームの経験的な学習および複雑な問題解決。 RevansのAction Learningの説明。 (「69)

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Action Learningは何であるか。 記述

Action Learningのための定義の変化は次のとおりである:

  • 技術および経験の色々なレベルを持つ集団を実際の仕事問題を分析し、活動計画を開発するためにひとつにまとめるためのプロセス。 専門家斑は行為が実行されると同時にする、実施から学び、中間コースの訂正を会い続ける。 Action Learningはすることによって学習の形態行う。
  • 個々および組織の開発へのアプローチ。 セットかグループで働いて、人々は重要な組織問題か問題に取り組み、事を変える彼らの試みから学ぶ。 従来の指示は、私達が「困惑」に直面されるときまたは「知識」をプログラムした、正解がある適切な-挑戦である。 但し、私達が「問題」に直面されるとき-正解がない挑戦-私達は重大な反射か「質問の洞察力」を必要とする。 行為の学習は人々が挑戦から学ぶことを可能にするようにサポートの提供によってそのような反射を奨励する彼ら自身およびプロセス自体から、また。 すべてのこれらのレベルの学習の利点は彼らの行為のフィードバックを受け取るために精査の下でただ彼らの根本的な仮定および精神モデルを見つけるがところに知識が他の状態に移動可能で本当らしい」学んでいる関係者が「二重loopで従事することであり。
  • 使用が学ぶ方法として意味を持った問題で動作すること成長の人々への経験基づかせていたアプローチ。 行為の学習プログラムは明確にその処置をとることからの学習を追求している間重大な、実際の問題の処置をとるために規則的に会う小さいグループを含む。 通常、学習の面はグループのメンバーの集合的な経験の機会の学習を創造するのに使用で巧みである学習のコーチによって促進される。

Action Learningは普通次の活動から成り立つAction Learning

  1. 経験的な学習。
  2. 創造的で複雑な問題解決。
  3. 関連した知識の取得。
  4. グループサポートのCo学習。

これらの活動は必要な部品と、不十分Action Learningとして考慮されるためにひとりでにみなすことができる。
 

Action Learningの特徴

  1. することによって学習の重点。
  2. チームで行なわれる。
  3. 会社/組織の問題を扱うこと。
  4. 問題解決の役割に置かれて関係者が。
  5. チーム決定が要求されるところ。
  6. 提示に形式化される。

Action Learningの起源。 歴史

最初に導入される40年代のウェールズそしてイギリスの炭鉱のReg Revansおよび(という)新語を造った「Action Learning」教授。 Revansの解釈では局所作用および学習を促進するために、しかし約組織の変更を持って来るために、Action Learningの目的は公正でない。 「学習システムとして企業でように」 (1969年)。


Action Learningのフォーミュラ

reg Revansはプログラムされた知識(p)および見識がある質問の(q)によってフォーミュラのAction Learningをl = p + q、ところで(l)を学ぶ起こる記述した


Action Learningの使用法。 適用

  • 複雑、容易に解決する問題およびアドレス問題に。
  • 問題の根本的な根本的原因のための解決を見つけるため。
  • 新しく戦略的な方向を定めるか、または新しい機会を最大にするため。
  • 創造的な考えの発生。

Action Learningのステップ。 プロセス

  1. Action Learningのグループの目的を明白にしなさい。 グループへの問題または仕事の提示。 グループは1つのまたは多くの問題を扱うかもしれない。
  2. グループの形成。 グループはボランティアか任命された人々から成り単一の組織の互いの部門の問題で動作できる。 Action Learningのグループに加わるために技術および専門知識の補足の組合せを持つ人々の横断面を集めなさい。 比較しなさい: Belbinのチーム役割。 Action Learningのグループは1数回の間会うかもしれない。 決断のために問題および空き時間の複雑さによって。
  3. 問題を分析し、それらを解決するための行為を識別しなさい。
  4. 問題の所有者はグループに問題を簡潔に示す。 彼はグループのメンバーとして複雑に残るか、または撤回してもいくグループの提言を待つ。
  5. Reframe問題。 一連の質問の後で、Action Learningのコンサルタントの指導のグループは、頻繁に、最も重大のの一致に達し、グループが働かせるべきである重要な問題。 グループは元の示す問題と異なるかもしれない問題の難解な点を確立するべきである。
  6. 目的を定めなさい。 主問題か問題が識別されたら、グループは目的のための一致を追求する。 目的の達成は陽性との長期のための再表明された問題よりもむしろ個人、チーム、または構成の否定的な結果を解決する。
  7. 行為の作戦を開発しなさい。 グループの時そしてエネルギーの多くは識別、および可能なアクションの作戦の、テストしている操縦者に使われる。 Action Learningの先行する段階のように、作戦は反射照会およびダイアログによって開発される。
  8. 取得行為。 Action Learningの会議の間で、グループ全体としておよび個々のメンバーは情報を集める、サポート現状を識別し、開発し、同意する作戦をグループが実行する。
  9. 問題が解決するか、または新しい方向が断固としたであるまで行為および学習の周期を繰り返しなさい
  10. 捕獲の学習。 会議の間のあらゆるポイント中そしてに、Action Learningのコンサルタントは介入するかもしれない。 彼はそれらを可能にするグループのメンバーに質問をしてもいい:
    • 問題を明白にしなさい。
    • グループとしてパフォーマンスを増進する方法を見つけなさい。
    • チームおよび構成かいかに学習彼ら自身を開発するために適用することができる識別しなさい。

    一定期間後に、進歩、学ばれるレッスンおよび次のステップを論議するためにグループを再び召集しなさい。 未来の参照のための学習過程を文書化しなさい。 学習の毎段階後に学ばれるレッスンを記録しなさい。

Action Learningの強さ。 利点

  • 同時に機能し、学ぶ理性的で、創造的な方法を提供する。 これは急速に変わっているevermore予測不可能な挑戦に直面し、仕事の環境で必要になった。
  • 複雑で、緊急な問題の解決を助けることができる。
  • 巧みなリーダーを開発するか、またはチームを開発する役立つもの。
  • 企業体質を変形させ、組織を学ぶことの創造を助けることができる。
  • 教育の投資に対するリターンとして有形結果を生産する。
  • 大人はそれがすぐに彼らの生命に関連しているいつか学ぶために最も独創力のある。 関係者は有効に適用することができものが有効に適用することができないものが有形問題のframeworkそして技術の実用性をテストでき彼ら自身については見られる。

Action Learningの限定。 不利な点

  • Action Learningの多数のでき事をそれを有効にさせるために組織するのに必要。
  • Action Learningプログラムの設計そして内容は成功に重大である。
  • 例の仕事またはプロジェクトの業積は可能性としては反射学習過程を圧倒できる。 反射およびフィードバックなしで、Action Learningは仕事の正常な日に類似している。
  • 単一の個々か単一の機能見通しが支配するチームでは、グループは非常に革新的または見識がない結果を生産しがちである。 (比較しなさい: Groupthink)。
  • よく、客観的な世話役は必要である。
  • プロジェクトの結果の悪いフォローアップの危険。

本: R.W. Revans - Action Learning: New Techniques for Management -

本: Michael Marquardt - Action Learning in Action: Transforming Problems and People… -

本: Michael Marquardt - Optimizing the Power of Action Learning: Solving Problems and Building Leaders… -


Action Learning フォーラム
  ROI for Action Learning - Yes or No?
Is there hard evidence for a attributable Return on Investment for Action Learning programmes out there somewhere? I have been searching for robust organisational studies which can provide this. My personal experience identifies anecdotal evidence at...
     
 
  Distance: An Action Learning Delusion?
The distance between our actions and the observable, known, impact of those actions can be close (when we have a coaching conversation with a team member) or far (when we take a decision at head office and the primary impact is in the customer/patien...
     
 
  Which Comes First - Action or Learning?
Does action always precede learning or does learning precede action? Does this matter? Can both take place simultaneously?
Not exactly questions on the meaning of life but still intriguing
And what does 'action' mean - if you read a book o...
     
 
  Action Learning in Fire Departments
I am exploring the possibilities of action learning in the discipline and work practices of fire departments in the Netherlands. I'm searching for examples of investigated action learning in similar disciplines or professional groups, especially in t...
     
 
  The Difference in Learning Between Knowing and Doing
When it comes to learning, there is a world of difference between knowing and doing. Many learning programmes leave participants 'knowing' lots about leadership or team working (for example), but do not deliver on 'doing'.
This can be understood...
     
 
  New Radka Action Learning Matrix
Please have a look at my new Action Learning Matrix which can be used to understand the learning dynamics of teams and leaders. It has been placed in the 'Resources - Action Learning' part of this AL Knowledge Centre. I would be very interested in an...
     
 
  Experiential Learning Through Virtual Simulation
One of the processes involved in action learning is experiential learning: a learning technique that takes into account the impact of emotions and subjectivity and its influence on the learners experience. Team-based experiential learning is an effe...
     
 
  A New Name for Action Learning?
What do you think: Is it time for a name change and a relaunch?
How about: Learning in Action - sounds more dynamic.
Or: Action for Learning?
Any other ideas for a new, better name for a new future for Action Learning?...
     
 
  Socrates and Action Learning?
The Socratic Method - which he used more than 2000 years ago still works and has many similarities to an Action Learning approach. For example what about Socratic Circles for Business? Follow the steps below with some facilitation:
1.&#...
     
 
  Key Features of Action Learning
Here's a list of the key features of Action Learning (AL) in a business context.
- Small action sets with people who work together in a supportive and challenging way with each other
- Clear ground ...
     
 
  New Year Action Learning Resolutions
Now may be a good point to put time in the diary very early in 2014 to actively reflect on 2013 and what has been learned - with a clear intent to take action in the New Year to improve our lives?...
     
 
  Does Action Learning Deal with the Knowing - Doing Gap?
Action Learning is surely working in this era of human behavior and learning? Is there far too much knowing in organizations and far too little doing?...
     
 
  Action Learning Mantra - Right or Wrong?
Revans said: There is no learning without action and no sober and deliberate action without learning.
Is this really true? Cannot some people keep taking the same action over and over without learning? Can organisations not do this as wel...
     
 
  Action Learning Facilitation
Revans (1998) himself was critical of the need for facilitators apart from the earliest stages of the process, believing that independence was important.
How important is the role of a facilitator in an Action Learning set in the current busines...
     
 
  Conditions for Action Learning. Circumstances
My experience in a corporate organization is that you need:
1. An active driver (champion) behind the AL process, to ensure that everyone commit the time they promised initially.
2. Monitoring also drives the behavior....
     
 
  Why Action Learning? Purpose
Many "study groups" result in heightened awareness and increased knowledge but often stop there. In my work with action learning teams (mostly corporate based) the key purpose is getting increased or better RESULTS. Leveraging and combining:
     
 
  Similar Knowledge Level
First of all, to succeed in active learning, the different entities involved should not be far in terms of basic knowledge to be able to achieve an initial transfusion of knowledge from the highest to the lowest level. Then, add tο the gr...
     
 
  Introduction to 2nd and Consecutive Sessions
I have learned that is very important to start second and consecutive sessions in a learning course with a brief review of the past concepts, to reinforce them in the process. Just select some questions to evaluate how the participants are inv...
     
 
  New Technologies for Action Learning
Great overview, my interest is how the new technologies "leverage" action learning (and research)?...
     
 

Action Learning 特別興味グループ


特別興味グループ

Action Learning 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Action Learning プレミアム
  Action Learning in Leadership Development
Leadership development programs that most organizations currently use do not deal with all dimensions necessary for becoming an excellent leader, according to M. Marquardt.
As a result, leaders are perfectly able to handle problem-solving models...
     
 
  Virtual Action Learning
Is anyone doing virtual action learning? If so i'd be very interested to hear from you. I'm researching this emerging form of action learning....
     
 

Expert Tips (ENG) - Action Learning プレミアム
 

Capturing Learned Lessons: After Action Reviews

Knowledge from bad and good experiences will lead you and your organization to better future performance. You can improve your learning culture with <...
Usage (application)How to Capture Organizational Learning? Best Practices
 
 
 

'Action' Learning is Misleading...

Note that the title "Action Learning" can be a bit misleading, because it emphasizes action, learning in practical situations rather than study...
Usage (application)Understanding Action Learning
 
 
 

Action Learning Groups / Programs

According to Michael J. Marquardt (Action Learning in Action), there are two basic types of programs: Single-project programs and open-group programs....
Usage (application)Creating an Action Learning Organiztion
 
 
 

6 Action Learning Components

According to Michael J. Marquardt (Action Learning in Action), Action Learning has Six Interactive Components:
1. A problem
2. The gr...
Usage (application)How To Apply It
 
 
 

Execution as Learning

Also compare Action Learning with the quite similar Execution as Learning-approach by Amy Edmondson....
Usage (application)Similar Approach
 
 
 

Core Characteristic of Action Learning

The difference between a simple work team (like a task force or a quality circle) and an Action Learning group is the simple work team is charg...
Usage (application)What Makes an AL Group Different?
 
 
 

Alignment is key

Having used action learning in several programs over 3 years I now always align the Action Learning with the strategy of the business in order to ensu...
Usage (application)Change and innovation
 
 

リソース - Action Learning プレミアム
 

ニュース

action learning
     
 

ニュース

organizational learning
     
 

動画

action learning
     
 

動画

organizational learning
     
 

プレゼンテーション

action learning
     
 

プレゼンテーション

organizational learning
     
 

もっと

action learning
     
 

もっと

organizational learning
     

RevansのAction Learningをと比較した: Team Management Profile  |  チーム開発の段階  |  8D問題解決  |  Appreciative Inquiry  |  Positive Deviance  |  Analogical Strategic Reasoning  |  Knowledge Management (Collison及びParcell)  |  SECI model  |  Bridging Epistemologies  |  Organizational Learning  |  Organizational Memory  |  特性要因図  |  Root Cause Analysis  |  Metaplan  |  Groupthink  |  Six Thinking Hats  |  Emotional Intelligence  |  Training Within Industry  |  ピラミッドの主義


経営ハブに戻る: 変更と組織コミュニケーションとスキル方針決定と評価知識と無形財産戦略


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 4-12-2016。所有者別の全 tm 名。