Programme Management Maturity Model
(PMMM) (Reiss、Rayner)

ナレッジセンター

   

プログラムを互いに比較しなさい。 Geoff ReissおよびポールRaynerのProgramme Management Maturity Model (PMMM)の説明。 (「00)

下記によって貢献される: Geoff Reiss

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Programme Management Maturity Model (PMMM)は何であるか。 記述

Programme Management Maturity Model (PMMM)は組織内の組織かグループが次をすることができるメカニズムを提供する:

  • それはそれ自身の査定を作ることができる。 (プログラム管理プログラムの言葉で)。
  • それは公平な基礎の他の組織と自身の成熟度を比較できる。
  • それは同じような組織からの基準と自身の成熟度を比較できる。
  • それは強さおよび弱さを理解できる。
  • それは巧妙なプログラムを提供する機能を増進するために計画を開発できる。

基準は次の10の主プログラム管理プログラムプロセスで起こる:

  1. 経営構成。
  2. プログラム学習。
  3. 利点の経営。
  4. stakeholdersの経営。
  5. 問題の経営及びリスク管理。
  6. 質の経営及び監査。
  7. コンフィギュレーション・マネジメント。
  8. 内部コミュニケーション。
  9. アカウントおよび財政。
  10. 規模及び変更の経営。

each of 10の主プログラム管理プログラムプロセスのための成熟度の各段階は質問によって要約される。 プログラムはそれから質問に答えに基づいて評価される。

コンピュータ展開表およびグラフィック用具を使用して、評価はプログラムの視覚プロフィールに変えることができる。 このプロフィールはよく発達して、プログラム管理プログラムの指定10の面のどれがより少なくよく発達しているかどれが示す。 現在、ProgM (プロジェクト管理のための英国コンピュータ学会そして連合の共同プログラムの経営の特殊利益団体)はそのようなプロフィールを発生させるために無料サービスを提供する。 「quid pro quo」は匿名の評価データが構成が維持するプログラムのデータベースに加えることができることである。 モデルの最初の作成以来、ProgMはすべてのタイプの多数の異なったプログラムを世界中から分析し、決算、業績はデータベースに組み込まれた。 このデータベースは今どのプログラムでも比較することができる基準を提供できる。
 

PMMMの起源。 歴史

PMMMはCCTA書で定義されるプロセスに基づいている: 「Managing Successful Programmes」。 それはProgMのプログラム管理プログラムの特殊利益団体によって開発され、公有地に出版された。


Programme Management Maturity Modelの計算。 フォーミュラ

展開表のモデル分析決算、業績。


PMMMの使用法。 適用

組織は他の組織の大きいデータベースと比べて単一プログラムか全面的なプログラム管理プログラムの成熟度を記録できる。


PMMMのステップ。 プロセス

  1. アンケートによって自己申告を完了しなさい。
  2. ProgMにアンケートを送りなさい。
  3. プログラム管理プログラムの10の面で成熟度を示すプロフィールを受け取りなさい。

Programme Management Maturity Modelの強さ。 利点

  • モデルはプログラム管理プログラムの10の確認された面を取扱う。
  • 組織は同じような組織に対して彼ら自身を記録し、急速な利点の提供を助けるように一連の改善を計画できる。
  • プログラムは互いに比較されるかもしれない。
  • 現在用具との準の費用がない。

PMMMの限定。 不利な点

  • 自己申告により不正確なか歪められたデータを引き起こすことができる。
  • プロセスは簡単、ガイドだけである場合もある。

PMMMの仮定。 条件

有用であるためには、査定は正直でなければならない。 構成は変更の少なくとも1つのプログラムを動かしたにちがいない。


Programme Management Maturity Model フォーラム
  System to Manage Important Stakeholders
Organizations perform work to achieve their competitive objectives by projects. Projects are failing because of stakeholders. Therefore, stakeholder management is important and it is vital to use an integrated system to manage stakeholders a...
     
 
  Identifying Stakeholders
Mind Mapping can be pretty useful at the start of the project to identify the stakeholders and their kind of involvement.
The mind map is a thinking method that simulates the way the brain works - ...
     
 
  Stakeholder Participation
I wonder if it is helpful to reframe "management" as "participation". When people say the former, it usually refers to control for ends that are often at odds with the stakeholders' goals and it does not really provide for evolution of goals, ...
     
 
  Programma Management Maturity Model Part of Risk Management
I think this subject is a part of risk management and is as old as projects themselves (since the '60 s). So what's new?
If you needs instruments like these based on 10 key management processes (I severely doubt these are all relevant) you're mo...
     
 

Programme Management Maturity Model 特別興味グループ


特別興味グループ

Programme Management Maturity Model 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Programme Management Maturity Model プレミアム
  Project Stakeholder Management
The interests of stakeholders need to be strongly protected in order to support and insure the success of project. If so, why in the most projects a formal and systematic stakeholder management system does not exist? Why is stakeholder management ...
     
 

Expert Tips (ENG) - Programme Management Maturity Model プレミアム
 

Practical List of Points to Improve your Project Management Maturity

Dr. Harold Kerzner, one of the project management gurus of our time, offers in his book "Project Management - A Systems Approach to Planning, Scheduli...
Usage (application)Hints and Tips to PM Capabilities of an Organization
 
 
 

How to Avoid Running Too Much Projects at the Same Time?

A major pitfall of project-oriented organizations is running more projects at the same time than their capacity to actually carry them out. it is nece...
Usage (application)Project Portfolio Management - Project Portfolio Analysis
 
 

リソース - Programme Management Maturity Model プレミアム
 

ニュース

PMMM programme
     
 

ニュース

PMMM program
     
 

動画

PMMM programme
     
 

動画

PMMM program
     
 

プレゼンテーション

PMMM programme
     
 

プレゼンテーション

PMMM program
     
 

もっと

PMMM programme
     
 

もっと

PMMM program
     

Programme Management Maturity Model (PMMM)をと比較した: OPM3 (PMI)  |  MSP (OGC)  |  PMBOK   |  PRINCE2 (CCTA)  |  IPMAの能力ベースライン(ICB)  |  P-CMM  |  Change Management Iceberg  |  Appreciative Inquiry  |  Positive Deviance


経営ハブに戻る: 変更と組織プログラムおよびプロジェクトマネジメント


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 27-9-2016。所有者別の全 tm 名。