People CMM

ナレッジセンター

   

絶えず労働力の成熟度を開発しなさい。 説明People CMM。

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

人々のCMMは何であるか。 記述

People Capability Maturity Model (People CMM)のframeworkはカーネギー・メロンSEIによって維持される。 それは労働力の成熟度を開発するために組織を助け重大な人々に演説することは出る。 のような分野の現在の最良の方法に基づく: 人的資源、知識管理および組織の開発、それは労働力を経営するおよび開発するプロセスの増進を組織に指示できる。 それは連続的な労働力の開発のプログラムを特徴付けるために確立し、組織を改善の行為のための優先事項を置き、工程改善を用いる労働力の開発を統合し、卓越性の文化を確立する労働力の練習の成熟度を、助ける。
People CMM

People CMMは絶えず組織の労働力の機能を増進する労働力の練習を実行するために道路地図を提供する。 組織が午後練習するすべての最もよい労働力を実行できないので、段階的なアプローチは取られる。 モデルの各々の進歩的なレベルは組織の文化の独特な変形を生産する。 これを達成するためには、組織は引き付けるより強力な練習が装備され労働力を開発し、組織し、そして動機を与える。 従って、People CMMは構成の経営目標、パフォーマンスおよび変更の必要性の増加するalignmentによって成熟する労働力の練習の総合システムを確立する。


People CMMの10の原則。 哲学

  1. 成長した組織では、労働力の機能は業績と直接関連している。
  2. 労働力の機能は戦略的優位の競争問題そしてもとである。
  3. 労働力の機能は構成の戦略的な経営目標に関連して定義されなければならない。
  4. 知識強い仕事は職務内容からの労働力の能力に焦点を移すことができる。
  5. 機能は多数のレベルで測定され、増進することができる。 個人、ワークグループ、労働力の能力および構成を含んで。
  6. 組織はビジネスとして中核能力のために重大であるそれらの労働力の能力の機能の増進に投資するべきである。
  7. 操作上の経営は労働力の機能に責任がある。
  8. 労働力の機能の改善は証明された練習およびプロシージャから構成されるプロセスとして追求することができる。
  9. 構成は個人はそれらの利用を担当するが、改善の機会を提供するために責任がある。
  10. 技術および組織の形態以来急速に展開させなさい、組織は絶えず労働力の練習を展開させ、新しい労働力の能力を開発しなければならない。

People Capability Maturity Modelは連続的な基礎を確立する5つの成熟度のレベルから成っている:

  • 絶えず個々の能力を増進するため。

  • 有能なチームを開発するため。

  • 増進されたパフォーマンスに動機を与えるため。

  • 労働力を形づけるために構成は未来の経営計画を達成する必要がある。

各成熟度のレベルは構成の労働力を開発するための新しい機能を制度化する明示されている発展のプラトーである。 成熟度のframeworkに続くことによって、組織は従業員が効果的に実行するために不意であること労働力の練習をもたらすことを避けることができる。


People CMMのframeworkの5つの段階

  1. 最初のレベル。 典型的な特徴: 責任の練習、変位、儀式主義的な練習および感情的に孤立した労働力の実行の不一致。

  2. 水平に管理される。 典型的な特徴: 関連した知識の仕事の積み過ぎ、環境の気晴らし、明白でないパフォーマンス目標またはフィードバック、欠乏、または技術、悪いコミュニケーション、低い意気込。

  3. 水平に定義される。 そこに基本的な労働力の練習を行っているが、これらの練習が構成を渡る単位そして少し共同作用を渡っていかにに行われるか不一致がある。 構成は経済活動を行なうために必要とされる共通の知識および技術が識別されなかったので労働力の練習を標準化する機会を逃す。

  4. 予想可能なレベル。 構成は労働力の能力のframeworkによって創造される機能を管理し、開発する。 構成は機能およびパフォーマンスを量的に管理今できる。 構成は能力基づかせていたプロセスの労働力の機能のことができ、量を示すそれらが割り当ての実行で使用するので仕事を行うための機能を予測できる。

  5. 水平に最大限に活用すること。 全体の構成は絶え間ない改善に焦点を合わせる。 これらの改善は個人およびワークグループの機能、能力基づかせていたプロセスのパフォーマンス、および労働力の練習および活動になされる。 構成はレベル5で改善のために成熟度のレベル4で量的な経営の活動の確立された決算、業績を、使用する。 成熟度のレベル5の組織は整然とした方法で定期的に行われるべき通常のビジネス過程として変更の経営を扱う。


People CMM フォーラム
  The Real Management Challenge: Managing People
HOW TO MANAGE PEOPLE: That is the real management challenge. Human beings are so unpredictable that sometimes I agree with the church and the military. Orders are supposed to be complied with. No messing around with it.
Sometimes, trying to reac...
     
 
  People CMM (PCMM) in Government?
We have a duty - is it possible to use the PCMM in government or in SOEs or in state enterprises? Anyone has any experience?...
     
 
  Is (P) CMM a Descriptive or a Prescriptive Method?
Many methods like CMM provide descriptive as well as prescriptive results:
- Descriptive results (only) show where one stands
- Prescriptive methods additionally show how to improve and thus have a prescription in them.
By over-docume...
     
 
  Can PCMM be applied along with any Process Improvement Models?
As far I know the selection of an improvement program within the purview of necesity to the organization. Thus different organization would adopt a model relevant to their business / goals not neccessarily selecting cmm/i frameworks as their process ...
     
 

People CMM 特別興味グループ


特別興味グループ

People CMM 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - People CMM プレミアム

Expert Tips (ENG) - People CMM プレミアム
 

Weaknesses of the CMM Model

- CMM does not describe HOW to create an effective software development organization.
- CMM compliance is not a guarantee that a project will be ...
Usage (application)Implementing Process Improvements
 
 
 

Process and Enterprise Maturity Model

Although most executives are aware that a redesign of business processes can lead to extraordinary improvements in cost, quality, speed, profitability...
Usage (application)Alternative to CMM, Process-Based Transformation Efforts
 
 
 

The CMMI Model

The Capability Maturity Model Integration (CMMI) is the successor of the Capability Maturity Model (CMM). A new version of CMMI v1.2 was released in A...
Usage (application)Process Improvement
 
 
 

Alternate Process Improvement Models

The IDEAL Model.
Originally, the IDEAL model was a life-cycle model for software process improvement based upon the Capability Maturity Mo...
Usage (application)Process Improvement, Continuous Improvement, Kaizen, CMM
 
 
 

Origins of CMM

In the mid 1980s, the United States Air Force funded a study at the Software Engineering Institute (SEI) of the Carnegie-Mellon University in Pittsbur...
Usage (application)Teaching Process Improvement, History
 
 

リソース - People CMM プレミアム
 

ニュース

people CMM
     
 

ニュース

PCMM workforce
     
 

動画

people CMM
     
 

動画

PCMM workforce
     
 

プレゼンテーション

people CMM
     
 

プレゼンテーション

PCMM workforce
     
 

もっと

people CMM
     
 

もっと

PCMM workforce
     

People CMMをと比較した:  Capability Maturity Model  |  OPM3  |  MSP  |  Balanced Scorecard  |  Beyond Budgeting  |  Baldrige Award  |  EFQM  |  Change Approaches  |  Knowledge Management (Collison及びParcell)  |  Organizational Learning  |  Organizational Memory  |  Kaizen  |  Intellectual Capital Rating  |  Value Profit Chain  |  PMMM


経営ハブに戻る: 変更と組織 | 人材知識と無形財産


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 3-12-2016。所有者別の全 tm 名。