MSP (OGC)

ナレッジセンター

   

Managing Successful Programmes。 Office of Government Commerce (OGC)のMSPの説明。 (「99)

下記によって貢献される: Mark Tomlinson

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

MSPのプロセス概観MSP方法は何であるか。 記述

OGCからのMSP方法は利点同一証明および配達のためのプログラム管理プログラムのframeworkである。 変更のプログラム管理プログラムはVision Statementの達成を取扱う。 これはの構成が行っている眺めである。 Vision Statementは構成の内部および外部顧客に何をの定義構成から将来予想すればいいのか記述する。 それはMSPの専門用語で「変形」の後のサービス・レベルを記述する。 Vision Statementはstakeholdersへすべての構成のプログラムの終え目的の声明である。

MSPは「青写真」と言われる文書を含んでいる。 これは、配達の後で、Vision Statementに表現される機能を示すべきである変えられた構成の構造そして構成を着手した。 青写真はビジネス過程によって構成の詳細な説明、人々、情報処理体系および設備およびデータである。 新しい機能の配達のプログラムの焦点を維持することを使用する。

第一歩のための制動機- 「Identifying a Programme」はプログラムの高レベル、戦略目的を提供するプログラム命令である。 プログラム命令から、目的はProgramme Briefに開発される。 プログラム報告書の形式的な承認は後援グループおよび先輩の責任がある所有者からプログラムが更に進む前に要求される。

Programme Brief (続く承認)は主入力「Defining a Programme」である。 それはプログラム支配のためのプログラム定義、計画および作戦の開発に基礎を提供する。 この情報は年長の責任がある所有者および後援グループプログラムが形式的に確立される前に形式的な承認を要求する。

プログラムの支配の整理は「Governing a Programme」で確立され、実行される。 プログラム定義および計画は「Managing the Portfolio」のための基礎および「Managing Benefits」である。

プロジェクトおよび活動は部分に分かれる。 各部分は機能のステップ変更を提供する、そのあとで利点の認識は査定することができる。 「Managing the Portfolio」および「Managing Benefits」の活動は各部分のために繰り返される。 各部分の終わりはプログラムが利点の望ましい結果そして測定可能な認識の達成の方の進歩によって形式的に査定することができる主要な検討ポイントを提供する。 プログラム全体を通して、進歩の監視重大な質問の絶え間ない査定をのような「である私達はトラックの酒造機提供するか。」、「business caseは酒造機有効、関連したであるか。」、「私達はプログラムを再調整することを何でも変える必要があるか」。

「プログラム」を閉めることはされる-青写真が渡され、視野の声明を達成するために必要な機能が実行されるときときプログラムが完了する。 プログラム閉鎖の後で利点の継続認識を査定し、測定するように、それ以上の査定は要求されるかもしれない。
 

MSPの起源。 歴史

OGC (以前CCTA)によって成長する、Office of Government Commerce (OGC)、Chief Secretary to the Treasuryに報告するイギリスの宝庫の独立したオフィス。 OGCは中央市民政府調達およびより広い公共部門の効率そして有効性の増進に焦点を合わせる広範囲プログラムに責任がある。

さらに、OGCに公共部門を渡る民間部門介入を開発し、促進することに於いての重要な役割がある。
OGCにまたプロジェクトおよびプログラム管理プログラムとの部門の援助に於いての重要な役割がある。 卓越性の部門の中心は政府を渡るプロジェクトおよびプログラム管理プログラムの最もよい練習を埋め込むための中心点になる。
 

MSPのframeworkの使用法。 適用

  • ビジネス変更。
  • プロジェクトに作戦の接続。
  • 調整するべき構成されたframeworkはおよび制御変化伝達し合ったり、一直線に並んだり、管理する。

MSP方法のステップ。 プロセス

  1. プログラムの識別。 プログラムを後援するため、プログラム命令を確認するため、年長の責任がある所有者を任命するために、プログラム報告書を生産するために、プログラム定義、検討のための委託権限を開発し、進むために承認するように。
  2. プログラムの定義。 チームをプログラムを定義し、視野の声明を開発し、青写真を開発し、利点のプロフィールを開発し、利点を認可し、stakeholdersを識別し、プロジェクトの有価証券を設計し、部分を識別するために確立するため。 そしてプログラムの構成プログラムのプログラムの支配のコミュニケーションを開発するために整理を開発するようにbusiness caseを設計することは、開発するように構造を、利点の認識の計画を開発し、プログラム計画を開発し、進むために承認することを計画する。
  3. プログラムの支配。 プログラム構成の、プログラムオフィスをセットアップにセットアップするために、物理的なプログラム環境支えるために、リスク管理および問題の決断、-監視-制御を、部分の検討の情報管理報告する、時間の経営、調達およびcontract management、プログラムコミュニケーション終わりセットアップし、ビジネスをいつものように維持する支配の条件を。
  4. 有価証券の経営。 プロジェクトの開始、プロジェクトを利点の認識と一直線に並べ、プロジェクトをプログラム目的と一直線に並べ、進歩を監視し、危険を管理し、問題、プロジェクトの閉鎖を解決し、stakeholdersを管理するために。
  5. 管理は寄与する。 利点の測定を確立するため、利点のプロフィールを精製するため、利点を監視するために、転移を管理するために、文化および人員、サポート利点の認識、および測定の利点への変更を支えるために。
  6. プログラムの閉鎖。 プログラム閉鎖、プログラム審査、更新を確認し、プログラム管理プログラムのチームを解散させ、機能を終了するため支え、stakeholdersを知らせるためにプログラム情報を。

MSPの強さ。 利点

  • 変更の配達。 それらが統合された方法で最新のビジネスの業務は不利に影響されないことを保障する計画され、実行することができるので変更のより有効な配達。
  • 作戦とプロジェクトのレベル間のalignment。 作戦とプロジェクト間のギャップの連結による戦略的な率先への有効な応答。
  • マネージメントサポート。 活動を上級管理にframeworkを変更プロセスを指示し、管理するために提供することによってビジネス変更の目的に焦点を合わせておく。
  • 資源管理。 優先順位付けプロジェクトおよびプロジェクトの統合にメカニズムを提供することによる資源のより有効な経営。
  • リスク管理。 より広い文脈が理解され、明確に認められるので危険の経営をよくしなさい。
  • 利点の認識。 実質ビジネスを達成する助けは利点の同一証明、認識および測定の形式的なプロセスによって寄与する。
  • 予算統制。 新しい下部組織、基準および質の政体をもたらす費用が正当化され、測定され、査定することができるframeworkを通して制御を増進する。
  • 増進されたパフォーマンス。 新しい運営業務が望ましい利点を定義し、新しい働き練習かの達成につなぐことによって増進されたパフォーマンスをいかに提供するか明白にする。
  • business caseの経営。 より有利な未来の運営業務と明らかに最新のビジネスの業務を比較するbusiness caseを造り、維持することによるbusiness caseのより有効な経営。
  • 調整及び制御。 プログラムから明らかにプロジェクトの有価証券を経営するおよび予想される利点を実現する役割そして責任を定義することによる活動の頻繁に複雑な範囲のより有効な調整そして制御
  • 転移の経営。 働く新しい方法への流れからの未来の運営業務移動のために構成を準備するための明らかな認識そして責任によるへのスムーズな移行。
  • 一貫性。 必須の変更の統合された定義、計画、配達および保証による新しいですか改められた方針、基準および働き練習の一貫したシステムの達成。

MSPの限定。 不利な点

  • MSPは規定するプロセスを提供しないし、すべての原料を含んでいないすなわちbusiness caseをいかに創造できるか精製されたbusiness caseを必要とするが、説明しないことに注意する。 それはあなたの構成内の既存のプロセスそしてシステムの上に坐る。
  • MSPは現実には互いに関連する多くのプログラムがあるかもしれないがだけ1つのプログラムを論議する。

MSPの仮定は模倣する。 条件

  • その適した資源は利用できる。 すなわち: プログラムオフィスは一般に「一人バンド」役割でない。
  • 上級管理は変更と一致し、積極的にそれを後援しなければならない。

本: Managing Successful Programmes (2nd edition), 2004, The Stationary Office - ISBN: 0-11-330917-1 -


MSP フォーラム
  Quotes on Managing Programmes. Quotations
Hi, do you know of a remarkable, humorous quote by a famous person or a proverb related to managing programmes?
Please enter a reaction to share it for other people to enjoy! Please use this template:
Author Name Year of Birth - Year of Death, ...
     
 

MSP 特別興味グループ


特別興味グループ

MSP 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - MSP プレミアム

Expert Tips (ENG) - MSP プレミアム

リソース - MSP プレミアム
 

ニュース

MSP program
     
 

ニュース

program management
     
 

動画

MSP program
     
 

動画

program management
     
 

プレゼンテーション

MSP program
     
 

プレゼンテーション

program management
     
 

もっと

MSP program
     
 

もっと

program management
     

Managing Successful Programmes (MSP)をと比較した: OPM3 (PMI)  |  IPMAの能力ベースライン(ICB)  |  PMBOK  |  PMMM  |  PRINCE2 (CCTA)  |  P-CMM  |  Change Management Iceberg  |  Appreciative Inquiry  |  Positive Deviance  |  Balanced Scorecard


経営ハブに戻る: 変更と組織プログラム・プロジェクト管理  |  戦略


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 4-12-2016。所有者別の全 tm 名。