Johari Window
(Luft Ingham)

ナレッジセンター

   

情報の理解に与え、受け取ること。 ヨセフLuftおよびハリー InghamのJohari Windowの説明。 (「50)

下記によって貢献される: 人の花

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Luft InghamのJohari Window

Johari Windowは何であるか。 記述

ヨセフLuftおよびハリー InghamからのJohari Window方法(JW) (それ故に: ヨセフ及びハリー = Johariは)私達が私達がいかにであるか理解するのを助け情報を与え、受け取る。 JWは個人とチーム間の自己認識の説明し、増進を助けることができる。 またそれがビジネス文脈内のグループ原動力を変えるのに使用することができる。

Johari Windowモデルは時々と称される: 「自己認識の発表またはフィードバックモデル」、および: 「情報処理用具」。 それは実際に情報を表す: 4つの見通しからのグループに関連する人内のまたはについての感じ、経験、意見、態度、技術、意思、刺激、等、:

  1. 競技場。 彼についての人または知られているか、何がによって彼女自身また他知られ。 例: あなたの名前、あなたの毛の色、事実犬を所有する。 1つはExposureおよびFeedback Solicitationの増加によってこの地域のサイズを増加することが可能であり、またそうするべきである (図表2)
  2. 盲点。 何が彼についての人またはであるか、他が知っているものが彼女自身によって未知しかし。 例: あなた自身の方法、あなたについての他の人の感じ。
  3. Façade。 人が他が知らない彼または知っているか、何を彼女自身について。 のような: 好み、何嫌っているものを、あなたの秘密、あなたの希望、欲求。
  4. 未知数。 彼についての人またはであるか、何が彼女自身によって未知未知数は他また行い。 この情報にJWの残りに影響を及ぼす未知の潜在性がある。

コミュニケーションプロセスの初めに、誰かに会うとき、競技場の象限儀のサイズは情報を交換する少し時間および機会がずっとあるので、非常に大きくない。 一般的な経験則は支配的な窓に競技場を拡大することを試みるべきであることであり、従って相互作用(図表2)の透明物なるために、開放性および正直者を示す。 おそらくこれをする場合、他の党はまた彼自身を開ける。


Johari Window 2このトピックについての執筆は頻繁に単数(「自己」)を示す。 しかし「チーム」に単語「自己」を変えることによって、モデルはまたチームに動的アプローチを与える。
 

Johari Windowの起源。 歴史

JWモデルは50年代のアメリカの心理学者によってヨセフLuftおよびハリー Inghamそれらは研究グループの原動力だったが、開発された。 今日JWモデルは柔らかい技術、行動、共感、協同、内側グループの開発および対人開発の現代重点のために特に関連している。 興味深く、LuftおよびInghamは名、ヨセフおよびHarringtonを結合した後Johari Windowモデル「Johari」をと称した。 早い出版物で単語は「JoHari」として実際に現われる。 JWは自己認識を、個人的な開発のために、コミュニケーション理解し、訓練する、広く利用されたモデルに対人関係、グループ原動力、チーム開発および内側グループ関係を増進するためになった。


Johari Windowの使用法。 適用

JWは理解をの教え、考慮し、そして管理するために一般に使用される:

  • 個人が彼ら自身と他といかに伝達し合うか。
  • 個人が彼ら自身と他に彼ら自身をいかに示すか。
  • 個人が世界の彼らの場所をいかに感知するか。

少し考察によってJohariは多数の使用法のためにまた適している:

  • 「行為のまわりで会話を対感知された刺激」促進するCoaching。
  • またはビジネス内のSYNCからあるかもしれない政治および文化的な問題を視覚化するOrganizational Development用具として。
  • チームの原動力を示す管理ツールとして。
  • その人自身の「行動の対反作用」考慮を助ける自己啓発用具として。

Johari Windowのステップ。 プロセス

そこにアンケート互いに関連して個人およびまたはチームの場所を定義するある。

 

Johari Windowの強さ。 利点

  • つかむこと容易適用範囲が広い結果。
  • 方法触媒作用は情報分割を開ける。
  • 方法は共用基準点を創造する。

Johari Windowの限定。 不利な点

  • 伝えられないある事は多分よりよい(あなたの性の行動、精神衛生上の問題または大規模な失敗)。
  • 何人かの人々望むより更に受け取った情報を渡すかもしれない。
  • 何人かの人々否定的に反応するかもしれない。
  • JWを使用して肯定的な行動を補強するか、または否定的な行動を訂正する活動につながらなければ無用の練習はある。

Johari Windowの仮定。 条件

現実にはJohariの仮定はあらゆるフィードバック用具と同じである: プロセスを経験している個人は開発計画、等を創造することを更に進まなければならない。


Johari Window フォーラム
  Communication and Johari Window in Health Care
How can the Johari Window aid to communication in the provision of health care?
Can it also be a hinderance? How?...
     
 
  Try to Increase the Arena Area
The Johari Window provides an excellent insight into the communication process and decreases a lot of misunderstanding. One should always try to enhance the Arena area....
     
 
  Johari Window in 360 Degree Feedback
The model can serve as a useful tool for the 360-degree appraisal system particularly in situations where the focus is on soft skills as against hard facts about performance figures. It can be ideal ...
     
 
  Johari Window in Case of Reserved Other Person
Johari window does not make sense to me. If someone is reserved how do you tap him/her to communicate? Or reach their blind spot? So that there can be feed back......
     
 
  Johari Window and Mass Media
How can the Johari window concept enhance mass media communication?...
     
 
  Communication Circumstances Requiring NO Feedback
While communicating, the receiver of the message is normally required to give feedback. But there are certain circumstances in which feedback is not required. under what circumstances is feedback NOT necessary?...
     
 
  JOHARI window and Career Development
Is the JW a suitable tool for a career development?...
     
 
  Using This Technique to Set Contacts with Major Companies
I'd like to know more about using such techniques to establish contacts with the managers of large companies....
     
 
  Fear of Eye Communication
How can I overcome the fear of eye communication
I am person of calm going, but when I am communicating with some persons, I am unable to see them directly to their eyes, which is important in good communication.
But though I know this I'm ...
     
 
  The 4th Johari Window (Mystery) is never Realized
As a qualified NLP,TFT, EFT and NES therapist, I would like to be able to incorporate my therapies to empower people to de-mysticise the 4th quadrant in the Johari window.
From my own experience, it is never realized because people are pr...
     
 
  Use of Johari Windows in Office as HR Manager.?
Hi, could somebody tell the answer of this question, its all about Johari windows:
How I can use Johari Windows in my office as HR manager?...
     
 
  Johari Window Set of Questions
Hi, could somebody share the set of questions used in Johari window and how is the interpretation done?...
     
 
  Factors that Complicate Communication
I really appreciate for this hard task of preparing this text I believe ,it will help all learners of the field of communication....
     
 
  Type of Information per Quadrant?
What kind of information do you look for in each quadrant?...
     
 
  References Luft and Ingham
Luft J and Ingham H, "The Johari Window: a graphic model for interpersonal relations', Univ. Calif. Western Training Lab. 1955----- Luft J, 1961, "The Johari Window", Human Relations Training News, 5.1, pp6-7. ----- Luft, Joseph (1969). "Of Human I...
     
 

Johari Window 特別興味グループ


特別興味グループ

Johari Window 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Johari Window プレミアム

Expert Tips (ENG) - Johari Window プレミアム
 

Online Johari Window Tool

According to Kevan Davis and his Online Johari Window tool, the subject is given a list of 55 adjectives, out of which he/she picks five or six to des...
Usage (application)Apply the Johari Window to Yourself
 
 

リソース - Johari Window プレミアム
 

ニュース

Johari window
     
 

ニュース

Johari information
     
 

動画

Johari window
     
 

動画

Johari information
     
 

プレゼンテーション

Johari window
     
 

プレゼンテーション

Johari information
     
 

もっと

Johari window
     
 

もっと

Johari information
     

Johari Windowをと比較した: Brainstorming  |  Emotional Intelligence  |  PAEI  |  リーダーシップのパイプライン  |  4 Dimensions of Relational Work  |  チーム開発の段階  |  Whole Brain Model  |  Delphi Method  |  Framing  |  Attribution Theory  |  Hierachy of Needs  |  Team Management Profile  |  Coaching  |  Mentoring


経営ハブに戻る: コミュニケーションとスキル人材知識と無形財産


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 11-12-2016。所有者別の全 tm 名。