8D問題解決(8つの訓練)

ナレッジセンター

   

質問題の再発を識別し、訂正し、そして除去しなさい。 8D問題解決の説明(8つの訓練)。 (1987年)

下記によって貢献される: DavidブルースDoane

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

8D問題解決(8つの訓練)8D問題解決方法は何であるか。 記述

8D問題解決の(8つの訓練の)アプローチが質問題の再発を識別し、訂正し、除去するのに使用することができる。 8Dはプロダクトおよび工程改善のための問題解決の方法である。 それはチーム共同作用を強調する8つの訓練に構成される。 チームは全体として個人の質の合計よりスマートよく、であると信じられる。 8Dはある別名: 全体的な8D、Ford 8D、または上8D。
 

8つの訓練の概念の起源。 歴史

米国の政府は米国軍用規格1520年としてそれを示す第二次世界大戦の間に最初にプロセス8Dのように使用した(不適格な材料のための是正処置および傾向システム)。 Fordモーター会社は最初にコースの手動と表題がつけられたの「チームによって方向づけられた問題解決」の1987年に8D方法を文書化した。 このコースは年々繰り返していた同じ問題で欲求不満を育てる表面仕上げだった自動車製造業者のPower列車構成の上級管理の依頼により書かれていた。


8つの訓練の問題解決のアプローチの使用法。 適用

  • 主要な不遜
  • 顧客の不平
  • 再発生は出る
  • チームアプローチは必要とした

8D問題解決のステップ。 プロセス

D0. 意識を準備し、創造しなさい。 最初に、8Dのために準備する必要がある。 あらゆる問題が8Dを保証しないし、要求しない。 また、8Dはある専門にされた技術および文化を含む事実基づかせていた問題解決プロセスその好意の連続的な改善である。 8Dが組織で効果的にはたらく前に必要な教育訓練があるかもしれない。

  • D1. チームを確立しなさい。 知識、問題を解決し、是正処置を実行する時期、権限および技術がある十字機能チームを集めなさい(有能なチームリーダーと)。 そして有能なチームを確立するために構造、目的、役割、プロシージャおよび関係を置きなさい。
  • D2. 問題を記述しなさい。 測定可能な言葉の問題を定義しなさい。 特定、限量化可能な言葉でそれを記述することによって内部か外部顧客問題を指定しなさい: だれか、時、ところ、なぜ、いかに何、何か(5W2H分析)。
  • D3. 暫時原子格納容器の行為を実行し、確認しなさい。 一時的な苦境。 永久的な是正処置が実行されるまで問題から顧客を保護するそれらの中間行為を定義し、実行しなさい。 データの原子格納容器の行為の有効性を確認しなさい。
  • D4. 根本的原因を識別し、確認しなさい。 問題がなぜ起こったか説明できるすべての潜在的な原因を識別しなさい。 図表をもたらし、もたらしなさい。 問題記述およびデータに対して各々の潜在的な原因をテストしなさい。 根本的原因を除去するために代わりとなる是正処置を識別しなさい。 2つの平行タイプの根本的原因があることに注目しなさい: でき事が)起こることができるように可能にしたの根本的原因でき事(システム、および脱出/脱出Point (でき事によってが検出なしで脱出することができるように)可能にしたの根本的原因システム。
  • D5. 是正処置を選び、確認しなさい。 指定是正処置が顧客のための問題を解決し、望ましくない副作用を引き起こさないことを確認しなさい。 偶発事の行為を、副作用の潜在的な厳格に基づいて必要ならば定義しなさい。
  • D6. 永久的な是正処置を実行し、認可しなさい。 根本的原因を保証するために進行中の制御を除去される選びなさい。 一度生産で、長期的な効果を監視し、必要に応じて付加的な制御および偶発事の行為を実行しなさい。
  • D7. 再発を防ぎなさい。 同じを防ぐために取られる必要があるまたは将来起こることからの同じような問題を認識し、実行しなさいステップ: 指定、更新の訓練、検討のワークフローを変更し、管理システム、オペレーティングシステム、練習およびプロシージャを増進しなさい。
  • D8. チームを祝いなさい。 あなたのチームの集合的な努力を確認しなさい。 あなたの達成を公表しなさい。 構成中のあなたの知識そして学習を共有しなさい。

8D問題解決方法の強さ。 利点

  • 根本的原因、成長の適切な行為が根本的原因および永久的な是正処置を実行することを除去すると見つけることの有効なアプローチ。
  • 問題が脱出するようにした制御システムを探検する助け。 Point制御システムの機能を失敗を検出するか、またはいつ、そして調査される引き起こす増進するために再度起これば。
  • 防止loopは1位に存在する失敗および原因のメカニズムを可能にした条件を可能にしたシステムを探検する。

8D問題解決のframeworkの限定。 不利な点

  • 8D訓練は成長し時間のかかり、にくい場合もある。
  • Paretoの図表、魚の骨の図表およびフローチャートのようなデータ収集および分析ツールと同様、8D問題解決プロセスの訓練がちょうど少数を示すように要求する。

本: Rambaud、Laurie。 (2006年)。 8Dは問題解決を構成した: 良質8Dの創造へのガイドは報告する(螺旋綴じ) -


8D問題解決 フォーラム
  Add D0 to 8D Problem Solving: Create the Appropriate Culture
There should be a D0 phase added to create the organization culture to initiate this kind of practices, especially in Asian countries....
     
 
  Difference Between 8D and 6 Sigma? And Commonalities?
What is the relation between 8D and 6 Sigma?...
     
 
  D6 is Redundant and Add Judgement at D5
If review the chart, we find this may change as,
If verify the corrective action at D5, then D7, else identify possible soluton(red box)....
     
 
  Should D1 and D2 Be Changed?
You have to describe problem at first, then set up a team....
     
 
  8D = CLosed Loop Process
This method is well known too as closed loop, a process to search root cause and adopt corrective actions. These corrective actions should generate changes in conducts and methods and be standarized though documented procedures....
     
 
  The Key to Intelligent Solving
Pick it up the best team according in profile to the target to be reached.
Analyze the history of the problem 5W2H in depth.
Get yourself started with a first solution option by identifying the causes and roots.
After that come to the ...
     
 
  Does 8D Problem Solving Work with 3rd Party?
How does one deal with the fault of 3rd party or something which is out of our control - does this apply to 8D as well?...
     
 
  Why is Structured Problem Solving Taking Too Long?
Is anyone aware of any research that has been conducted on 'Why does problem resolution take longer than desired'? I am trying to find empirical research for my MSc dissertation, unfortunately with little success, so far....
     
 
  8D Problem Solving Examples
Please share some practical examples of problem solving using 8D... Thanks......
     
 
  What Is, What is Not
When I took 8D training (2003) I was most impressed with the "What is What is Not" questioning process (in D2. Describing the Problem). It allowed the problem to be viewed from different angles and would illuminate areas that normal thinking or obser...
     
 
  8D Forms and Programs
Is there any one that can give good reference to programs that handle 8D or web pages there I can get some 8D-forms so I can avoid to find the wheel again....
     
 
  Is there a 9th D in 8D Problem Solving?
Are there any updates for this method? Is there a 9th D?...
     
 
  Emergency Response Action (ERA) in Global 8D D0
In Discipline D0 of the Global 8D Process there is also the Emergency Response Action (ERA) which needs to be implemented to protect the Customer against the Symptom. The ERA can be replaced by the Interim Containment Action (ICA)....
     
 

8D問題解決 特別興味グループ


特別興味グループ

8D問題解決 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - 8D問題解決 プレミアム
  How Does One Prevent Recurrence of a Problem?
How do you do to prevent recurrence? By making an Efficacy Analysis. Some signs to consider:
- Problem didn't occur again;
- Establish a period of time to do follow-up;
- Perform abrangency analysis....
     
 
  8D Problem Solving : D2 Phase (Describing the Problem)
When we are searching for the problem root cause, as far as I know from previous knowledge, we should avoid asking: who?
Because the intention is not to blame people, but to fix the system....
     
 
  Using the 5 Whys in 8D
Is there a 5 Whys in 8D? How does it work?...
     
 

Expert Tips (ENG) - 8D Problem Solving (Eight Disciplines) プレミアム
 

Capturing Learned Lessons

Knowledge from bad and good experiences will lead you and your organization to better future performance. You can improve your learning culture with <...
Usage (application)How to Capture Organizational Learning? Best Practices
 
 
 

3 Potential Categories of (Root) Causes

Latino and Latino consider in a 1999-paper called 'Root Cause Analysis Improving Performance for Bottom Line Results' that causes of problems can be...
Usage (application)Root Cause Analysis, Ishikawa, 8D, TOC
 
 
 

How Can I Improve my Problem Description?

Many people start their problem solving process with the D2 phase, understanding a situation and describing the problem. However, often ...
Usage (application)Elements of Problem Description
 
 

リソース - 8D問題解決 プレミアム
 

ニュース

8D問題解決
     
 

ニュース

8D問題解決
     
 

動画

8D問題解決
     
 

動画

8D問題解決
     
 

プレゼンテーション

8D問題解決
     
 

プレゼンテーション

8D問題解決
     
 

もっと

8D問題解決
     
 

もっと

8D問題解決
     

8D問題解決と比較した(8つの訓練)を: Root Cause Analysis  |  Total Quality Management  |  Kaizen  |  Six Sigma  |  Deming Cycle  |  Theory of Constraints  |  特性要因図  |  Delphi Method  |  Action Learning


経営ハブに戻る: サプライチェーンと質


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 6-12-2016。所有者別の全 tm 名。