Appreciative Inquiry
(Cooperrider)

ナレッジセンター

   

組織の開発および変更で肯定的な考えること。 CooperriderのAppreciative Inquiryの説明。 (「86)

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Appreciative Inquiryは何であるか。 記述

Appreciative Inquiry (ai)の次の練習方向づけられた定義はDavid L. Cooperriderによって提供される:
Appreciative Inquiryは人々、彼らの組織およびそれらのまわりに関連した世界の最もよいののためのcoevolutionary調査についてある。 最も広い焦点では、それは最も生き、最も建設的に最も有効な、そして経済的で、生態学的な、人間の言葉で可能とき「生命」を与えるものがのリビング・システムに組織的発見を含む。 aiは、中央方法で、理解するシステム容量を増強する質問をすることの芸術そして練習を予想し、高める肯定的な潜在性を含む。 それは何百または時々たくさんもの人々に関する「無条件肯定的な質問」の制作によって中央に照会の動員を頻繁に含む。


aiでは、介在の困難な仕事は想像および革新の速度と取替えられる; 否定、批評および螺線形になる診断の代りの、発見があり、夢を見、そして設計する。 どんな人々が過去および現在容量として造るため述べているかaiのシーク、基本的に、の全人々と大きい全体間の建設的な連合を: 知恵の達成、資産、未踏査の潜在性、革新、強さ、高い思考、機会、基準、高いポイントの時、住まれていた価値、伝統、戦略的な能力、物語、表現、より深い企業の精神または精神への洞察力-および評価され、可能な未来の視野。 gestalt、慎重のaiが、すべてでそれ、この「肯定的な変更の中心」のアカウントから働くように努めるようにこれらすべてを一緒に取る-およびあらゆるリビング・システムに陽性の多くの未開発および豊富なおよび促すアカウントがあると仮定する。 あらゆる変更のアジェンダにこの中心のエネルギーを直接つなげば突然そして民主的に動員されることを可能ことを変更は決して考えなかった。


aiの哲学に従って、人間システムは照会の手段と目的が肯定的に関連するときあくまで質問に約尋ねる、この傾向は最も強いおよび最も支持できることをの方に育ち。 目標が人間の精神を解放し、意識してよりよい未来を組み立てることならグループが肯定的な変更にすべての共通および明確な特性の芯を取らせるべきであるすることができる多産の事。


CooperriderはAppreciative Inquiryの5つの基本原則を述べる

  1. Constructionistの主義。 単に示される: 人間の知識および組織の運命は織り交ぜられる。 有能であるためにはようにエグゼクティブ、リーダー、変更の代理店、等、私達が組織を理解し、読み、そして生活、人間の構造として分析することの芸術で熟達しなければならない。
  2. 同時性の原則。 照会および変更が偽りなく別の時でないが確認されたり、同時であることがここに。 照会は介在である。 変更- i。e、民を住まわせる事は、発見し、学び、そしてダイアログを知らせ、未来のイメージを促す事民を住まわせる事考え、述べている-の種は私達が尋ねる一番最初の質問で暗黙である。 私達の質問は私達が「見つける」ものに影響を及ぼしている。 」ことをそして私達が「発見する何を(データ)言語材料、未来が想像される約話し、組み立てられる物語に、なるか。
  3. 詩的な主義。 ここの隠喩は人間の組織が機械より開いた本のような大いに多くであることである。 組織の物語は絶えずco書かれている。 さらに、過去、現在、または未来は学習、インスピレーシヨン、または解釈の無限のもとである。 正確にのように、詩歌または聖書のテキストのよい部分の例えば、無限の説明的な可能性。 重要な含意は私達が人間システムまたは構成の人間の経験と関連している事実上トピックを調査してもいいことである。 私達はあらゆる人間構成の疎外の性質にか喜び、熱意または低い意気込、効率または超過分、尋ねてもいい。
  4. 予期可能な主義。 私達が建設的な組織の変更を発生させるために有する無限人的資源は未来についての私達の集合的な想像そして会話である。 実際は導く組織の生命の予期可能な概観の基本的な定理の1つは有機体または構成の現在の行動とと称されるかもしれないものがそれが未来のイメージであることである。 スクリーンのフィルム映写機と同じように、人間システムは彼ら自身に先んじて永久に予想の地平線を予測している。 話では、隠喩および言語でそれらは使用する。 これは動員の代理人として現在に未来を強力に持って来る。
  5. 肯定的な主義。 この最後の主義はあまり抽象的でない。 それは鑑賞的な照会の経験の年から育つ。 単に、建物と支える変更の運動量に、多量の肯定的な情緒および社会的な結合が必要ののは私達の経験である。 事は緊急な目的の希望、興奮、インスピレーシヨン、気遣、友情、感覚、および意味を持った何かを一緒に創造することの薄い喜びを好む。 私達が見つけた何を私達尋ねれば私達の仕事でより肯定的質問、ことであり、長続きがするの成功した変更の努力はある。 それは、私達見つけた、世界の観点からの私達の照会を始めるとので解決するべき問題助けない。 私達は有能であるより長く私達は永遠に続く初心者の探究心を保ってもいい。 私達がし、そして種制作するべきで、違いを生じる主要な事、よりよく、触媒作用の方法で、無条件肯定的な質問。

Appreciative Inquiry方法の起源。 歴史

aiは方法の無数で観測者によって記述されていた: 意識した進化の範例として新しい世紀(Hubbard 1998年)の現実のために連動になった; 隠喩および生成的な理論(Gergen 1996年)のもととして、言語知っている物語の、関係方法、および潜在性の重点の肯定的な極端に現実の社会的な構造の考えを-特に取る方法として; Action Researchの最も重要な前進として過去10年間に(Bushe 1991年); Maslowの肯定的な社会科学(Chin 1998年の視野への子孫そして「相続人として」; curran 1991年); 強力な第二世代odの練習(French and Bell 1995年として; porrras 1995年; mirvis 1993年); 大いに必要な直接参加による科学のモデルとして、「照会の新しいヨガ」 (Harman 1991年); 完全に問題基づかせていた経営の行くために割り当てるその際きわめてTQMへの戦略計画、調査方法、文化変更、合併の統合方法、アプローチ、測定システム、sociotechnicalシステム、等(White 1997年)を変形させ変更への根本的に肯定的なアプローチとして; そして最後に、od'sの哲学者の石(Sorenson、ととして。 Al 1996年)。


Appreciative Inquiryのステップ。 プロセス

  1. 発見。 肯定的な変更の中心への全システム照会の動員;
  2. 。 明らかな決算、業績方向づけられた視野を、すなわち発見された潜在性とより高い目的の質問に関連して創造する、「なるために私達をと称する世界は何であるか」。
  3. 設計。 理想的な構成の可能性の提案を創造する、人々の感じが拡大しか、または肯定的な中心を食し、そして連結された新しい夢を実現することができる組織設計; そして
  4. 運命。 深い目的のまわりで希望および運動量を造るために可能にするな全システムの肯定的な機能をそれは増強し、調節学習のためのプロセスを創造しておよび即興ジャズグループをそのうちに好む

組織は、ai理論を、である人間のrelatednessの中心、まず第一に言い、鑑賞的な目がどこにあるか関係は繁栄させる。 時人々が互いの最もよいの見る、断言の方法で彼らの夢そして最終的な心配を共有する時、そして公正でない新しい世界よりよい世界を創造するために完全な声で接続される時。 鑑賞的なlearningsの速度そして主として非公式の広がりは、私達信じる、変更の排出された理論の幻滅の成長の感覚提案する。 特にそれらと人間の欠損の用語にwedded。 aiはより建設的の人々、グループおよび組織を、肯定的使用する提案し、対応する衝動を、精神的な方法生命断言する。


本: David L. Cooperrider - Constructive Discourse and Human Organization -

本: David L. Cooperrider - Appreciative Inquiry Handbook: The first in a series of…  -


Appreciative Inquiry フォーラム
  When Would Appreciative Inquiry not Work? And Why?
I have been part of the corporate world for 13 years and was subject to many change initiatives. None of which really ever worked.
I have seen people see through the facilitation process and give the answers/stories they know would be acceptable...
     
 
  AI and Seeing the Good in Others
As I look at the reactions to the comments, I'm struck by the ratio of thumbs up to thumbs down. Is this common in an AI community?...
     
 
  AI for Community Group Mobilization
In what ways can we use appreciative inquiry for community group mobilization? Can someone give examples of successful community group mobilization using AI?...
     
 
  Suggestions on Inspired Action Activities/
Hi I am putting together a large scale summit and am looking for activties to help prioritize the various inspired actions and to facilitate people to commit to moving the actions forward. Does anyone have advice? I'm most grateful....
     
 
  Appreciative Inquiry in Mental Health
A psychiatrist works in a rehabilitation hospital for men with mental health problem (longstanding). It is a low secure unit and her interest is in the possibility of introducing AI type approaches within team meetings, and with smaller groups of ...
     
 
  Implementing AI in a R&D Setting
We used AI as an OD intervention on developing a culture of organisational excellence in a defence R&D organisation.
People at various levels committed themselves as a result of AI for an improvement plan in their behaviour and way of dealing w...
     
 
  AI in Leadership Program at University
We have used AI in a leadership program at the university - after discovering their authentic leadership qualities, ai was utilized for research topics and projects on campus. Amazing results:...
     
 
  Appreciative Inquiry - 6D Cyclus
So good to hear that AI is used more and more! Very interesting also how AI is doing in other countries. A book that helped me to comprehend AI is the one by Jane Magruder Watkins: Appreciative Inquiry: Change at the Speed of Imagination.
You we...
     
 
  Transformation Vision in Change Management
I am involved with change management in public organizations and a common way to start the process is to create a transformation vision. The first aspect that this document addresses is "the need for change" and goes on normally to define what...
     
 
  We Move in the Direction We Inquire...
We move in the direction we inquire. While the appreciative inquiry helps us enrich our lives and institutions and on the other hand depreciative inquiry leads us to the depreciative path. It is like there are two options in the world and you get wha...
     
 
  AI in the public sector in the UK?
We would like to interview you if you are using AI in the public sector in the UK. We are looking for case studies for a forthcoming book....
     
 
  AI to Change Team Culture
AI is pretty new to me too. There is one dysfunctional team in particular that I am working with that would benefit greatly from the positive culture change that AI would allow.
Again though I am fairly new to this so help and tips would be gre...
     
 
  Implementing Appreciative Inquiry in a Pragmatic Way
Who can give some advice or tips on a pragmatic "how to" implement AI..?...
     
 
  Appreciative Inquiry - Positive Change in My Life
Last October, I decided to make a positive change in my own life. I had a successful career in both the private sector at the executive level in human resources and quality systems and in implementing organizational change.
I decided to take a s...
     
 
  Application in IT Project Management & Change Management
I have a long experience in IT project management. Usually the difficulty remains in application deployment. Conducting change management with AI makes it successful and the people more enthousiastic! It is interesting to apply the definition phase...
     
 
  AI for coaching and teambuilding
I use Appreciative Inquiry a lot, for team-building, individual coaching, and group facilitation. My experience has been that most people love it, and appreciate the opportunity to look at what's working rather than trying to find problems to fix. ...
     
 

Appreciative Inquiry 特別興味グループ


特別興味グループ

Appreciative Inquiry 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Appreciative Inquiry プレミアム
  Appreciative Inquiry: Methodology, Set of Principles and Philosophy
As a long standing practitioner in AI (since 1994/1995) I would like to say that AI is a 'both and' rather than an 'either-or' approach.
From that perspective AI can be seen as a methodology (the 4 or 5 D's), and/or a set of principle...
     
 
  The Mechanism Behind Appreciative Inquiry
For me, AI is about helping systems and players therein to re-align their neural networks in the direction of 'what works here' rather than 'what does not work'.
The unconscious is such a powerful force in our organisational and i...
     
 
  Liberal or Formal Appreciative Inquiry?
Great discussions all! Here is a question for you: do you use AI typically in its strict format with protocols etc., or more often in a let's say more liberal or loose format?...
     
 
  Advantages of Appreciative Inquiry
What value / benefits do you see from using this tool? Please give examples of the value that came from AI. Thanks......
     
 

Expert Tips (ENG) - Appreciative Inquiry プレミアム
 

Addressing Concerns Against Change and their Remedies

According to Ken Blanchard in the article Mastering the Art of Change (Training Journal, January 2010), it is important for leaders to address the f...
Usage (application)Change Management, Organizational Change, Turnaround Management
 
 
 

Understanding Why Employee Appreciation is Important

The concept of bases of social power is very important for organizations in the context ...
Usage (application)Acknowledging the Power of Employees
 
 
 

Key Success Factors when you're Designing your Change Management Program

In their article "Making Change Happen, and Making It Stick" (published in the online edition of strategy+business, December 20, 2010), Ashley Harshak...
Usage (application)Best Practices, Change Management, Organizational Change
 
 
 

Innovating Bottom-up or Top-down

Check out 2 recent articles by professor Deschamps on ...
Usage (application)Corporate Innovation Approaches
 
 
 

The Ideas Factory

This is wonderful. All along we were instinctively using many of these principals. We created an absolutely unique process and we call it "The Ideas F...
Usage (application)Appreciative Inquiry Process
 
 
 

Phases of Appreciative Inquiry

A typical Appreciative Inquiry process includes following three phases:
1. Commitment by Leadership: The first phase is the commitment of key lea...
Usage (application)Implementing Appreciative Inquiry
 
 
 

Six Crucial Mind Shifts for Strategy Execution / Implementation

Speculand (2009) suggests six mind shifts that people should consider when they're implementing new strategies in organizations. These are outlined an...
Usage (application)Change Management, Strategic Change, Resistance to CHange, Strategy Implementation
 
 
 

Using Appreciative Inquiry to Improve Business Processes

Organizations focusing on developing their processes may use the appreciative process to improve them.
They can apply it when a division manager...
Usage (application)Organizational Development
 
 
 

A Closer Look at How Change and Innovation Decisions are Made

Kim, T (2015) elaborates on decision making on "non-routines" or innovations. According to him, non-routines can be seen as innovation in the sense th...
Usage (application)Decision-making on Organizational Change, Innovation Decision-making, Contingent, Participative Decision-making
 
 
 

Appreciative Inquiry at a Hospital

As Chief Medical Officer, I was involved in the change management of the Ghent university hospital. What and how we did has been described in my maste...
Usage (application)Best Practice: Applying AI in Medical Sector
 
 
 

Wonderful AI Community

Lots and lots of questions on AI are discussed on the AI discussion lsit. Participants are willing to share their vast experience in an (of course) po...
Usage (application)AI-community with lots of sources
 
 

リソース - Appreciative Inquiry プレミアム
 

ニュース

appreciative inquiry
     
 

ニュース

organizational change
     
 

動画

appreciative inquiry
     
 

動画

organizational change
     
 

プレゼンテーション

appreciative inquiry
     
 

プレゼンテーション

organizational change
     
 

もっと

appreciative inquiry
     
 

もっと

organizational change
     

Appreciative Inquiryをと比較した:  Change Management Iceberg  |  Positive Deviance  |  Forget Borrow Learn  |  Hoshin Kanri -方針の配置  |  Kaizen  |  Business Process Reengineering  |  DICE Framework  |  Change Model Beckhard  |  Changing Organization Cultures  |  Stage-Gate Cooper  |  Action Learning  |  Change Phases  |  Force Field Analysis  |  Core Group Theory  |  MSP  |  PMMM  |  Bases of Social Power  |  Planned Behavior  |  Metaplan  |  Team Management Profile  |  チーム開発の段階  |  Office of Strategy Management  |  使用人リーダーシップ


経営ハブに戻る: 変更と組織人材リーダーシップ  |  プログラムおよびプロジェクトマネジメント


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 29-9-2016。所有者別の全 tm 名。