Bridging Epistemologies
(Brownコック)

ナレッジセンター

   

所有物および行為のepistemologiesを繋ぐ知識の作成の方の生成的なダンス。 Cook and BrownのBridging Epistemologiesの説明。 (「99)

下記によって貢献される: トムde Geytere

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

コックの茶色のBridging Epistemologiesモデル

Bridging Epistemologiesのframeworkは何であるか。 記述

S.D.N.組織、知識労働等を知識創造する知識の性質の単一の、従来の理解に組織の知識、知的な資本の大いに現在の仕事が基づいているBrownコックおよびJ.S.は論争する。 この「所有物のepistemologyでは」、知識は何かのように扱われる所有している民を住まわせる。 まだ、この視野はあるかどれが知っているために個人およびグループの練習に説明できない。


練習のepistemologyのための行為呼出しとして知っていること」。 さらに、所有物のepistemologyは明確な余分の暗黙の知識に特権を与えがちである またそれはグループの知識上の個々の知識に特権を与えがちである。

組織の現在の仕事はこの特権を与えることと知っていることに払われる注意乏しいによって限られる。 組織はよりよく、暗黙明確なら理解される、個人およびグループの知識は明瞭な4および知識のcoequal形態として扱われる。 それぞれは仕事をしている他によってできない。 知識および知っていることは相互に可能にするのように見られるべきである; ない競争のように。


collectivesによる行為はそれらの内の個人の行為だけに減らすことができない。 Cook and Brownは4つのタイプの知識を識別する: それらが知っているアクティブプロセスによっていかに繋がれるか個々および集合的なレベルで明確、暗黙、および考慮しなさい(OUBS 2001年)。 別の知識がタイプするプロセスは「生成的なダンス」として記述されている実際に使用される。 この隠喩に従って、知識の作成は知識の要素(所有物)の目録に、用具(行為)としてそれらを使用する機能に単に頼らない。


知っていることが社会的で、物理的な世界との私達の相互作用の面であること、そして知識および知っていることの相互作用が知っている新しい知識そして新しい方法を発生できること、知識が知っている用具であることCook and Brownの把握。


Bridging Epistemologiesモデルの起源。 歴史

Cook and Brownからのモデルはから成長した:

  • 暗黙および明確な知識(1983年)間のPolanyiの区別。 暗黙の知識は容易に目に見え、expressibleでないものがである。 特定および形式化し、伝達し合うこと堅い暗黙の知識は個人的、文脈である。 主観的な洞察力、直観および直感は認識および技術的な要素が含まれているこの部門で下る。 明確な知識は単語および数に表現し、ハードデータ、科学的なフォーミュラ、集成されたプロシージャおよび普遍的な主義の形で容易に伝達し合い、共有することができる。 (NonakaおよびTakeuchi)。
  • 浪費家のepistemological多元主義(1998年): (1)客観的な知識は事の知識の一方通行だけであり、(2)明確な、暗黙の知識のある面はただ一まとめに知られている(Blackler 1995年にまた会いなさい)。

それは知識の動的要素を加え、知識の従来の知識ように資産か資源の概観に反対する。 このモデルはSECI modelのNonakaそして様々な知識の要素の変形として知識の作成を見るTakeuchiの眺めに類似している。
 

Bridging Epistemologiesのframeworkの使用法。 適用

framework Cook and Brownはなぜ、そして組織の文脈および理解することの知識について考えるのを助ける私達が事をいかに一まとめに知っているか。 モデルはプロダクトとプロセス革新間のリンクを増強する。 意見では、個人間で配られる知識の形態およびグループは製品開発のためだけの必要でない; 労働者互いに反映される「知っている」方法はおよび仕事の彼らの目的の相互作用にまた必要である(OUBS 2001年)。


Bridging Epistemologiesモデルの例

モデルはパン屋の簡単な例を使用して説明される: 関連した用具は次のとおりである:

  • 概念として知識。 等をか使用するどの位塩使用するべき小麦粉個人が知っている理論。
  • 技術。 パンを作る機能
  • 物語。 事がいかに造り上げられたか
  • ジャンル。 パン屋の文脈

徒弟は学ぶことができるまたはすべてのこれらの要素、彼または彼女の部分であるために意志はパンを作ることを経験が必要とする: 行為として知識。


Bridging Epistemologiesの仮定は模倣する。 条件

  • 知識は様々な形態(個々か暗黙等)から変形させることができないが明瞭な形態に存在している。

記事: Cook and Brown - Bridging Epistemologies.


Bridging Epistemologies フォーラム
  Tacit Knowledge and Experience Transfer
A large part of a persons unique expertise is by nature, tacit. Tacit knowledge is also known as personal knowledge, which gradually has become a part of the skilled worker. These qualities are rarely easy to define or explain in words, whether verb...
     
 
  Communicating Bridging Epistemologies to Superiors
This information is very insightful and should be used in everyday life. We all should find a way to communicate this to our superiors without being insubordinate. I know I am!...
     
 

Bridging Epistemologies 特別興味グループ


特別興味グループ

Bridging Epistemologies 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Bridging Epistemologies プレミアム

Expert Tips (ENG) - Bridging Epistemologies プレミアム
 

Barriers that Hinder Effective Knowledge Sharing

According to Chris Collison, there are seven common barriers or syndromes that hinder effecti...
Usage (application)Effective Knowledge Sharing, Pitfalls to Avoid, Knowledge Management Implementation
 
 
 

Positive Effects of Age Diversity on Company Productivity and (Tacit) Knowledge Sharing

Backes-Gellner and Veen (2013) outlined the main advantages of having a diverse workforce within a company. The following positive effects were pointe...
Usage (application)Tacit Knowledge Transfer, Workforce Productivity, Incentive Management
 
 
 

How to Identify and Map Knowledge

In his article Knowledge Mapping: The Essentials for Success, Wesley Vestal provides following six tips to identify and map knowledge:
1. Defin...
Usage (application)Knowledge Identification, Knowledge Capturing, Knowledge Storage
 
 
 

Critical Activities to Build a Learning Organization

Learning organizations are distinguished because they are undertaking certain activities to foster the internal learning process. Those activities inc...
Usage (application)Implementing Organizational Learning, Best Practices
 
 
 

Capturing Learned Lessons

Knowledge from bad and good experiences will lead you and your organization to better future performance. You can improve your learning culture with <...
Usage (application)How to Capture Organizational Learning? Best Practices
 
 
 

How Culture Levels Explain Failures in Organizational Learning and Innovation

Schein (as cited by Bertagni et al., 2010) tries to elaborate on the question why organizational innovations often fail or are only successful in the ...
Usage (application)Improving Organizational Learning, Organizational Innovation, Changing Organization Cultures
 
 
 

Knowledge Management Scope

Research by Deishin Lee (HBS) and Eric Van den Steen (MIT) shows that recording mediocre know-how can actually be counter-productive, since such medio...
Usage (application)Knowledge Management, Level of Know-how
 
 
 

Components of Learning Agility

One of the critical factors for achieving organizational agility is learning agility, which refers to the ability and eagerness to learn from experien...
Usage (application)Organizational Agility, Organizational Learning, Knowledge Management
 
 
 

Knowledge Management Focal Point

Research by Deishin Lee (HBS) and Eric Van den Steen (MIT) shows that information about successes is typically more useful than information about fail...
Usage (application)Knowledge Management Focus
 
 

リソース - Bridging Epistemologies プレミアム
 

ニュース

bridging epistemologies
     
 

ニュース

knowledge organization
     
 

動画

bridging epistemologies
     
 

動画

knowledge organization
     
 

プレゼンテーション

bridging epistemologies
     
 

プレゼンテーション

knowledge organization
     
 

もっと

bridging epistemologies
     
 

もっと

knowledge organization
     

Bridging Epistemologiesをと比較した: SECI model  |  Organizational Learning  |  Organizational Memory  |  Action Learning  |  Knowledge Management (Collison及びParcell)


経営ハブに戻る: 変更と組織人材知識と無形財産


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 3-12-2016。所有者別の全 tm 名。