Capability Maturity Model
(CMM)

ナレッジセンター

   

組織プロセスの管理の5つの発展の段階。 Capability Maturity Modelの説明。 CMM。

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Capability Maturity Modelの統合- CMMIモデルCM-CEIのCapability Maturity Modelは組織のプロセスが管理される5つの発展の段階(レベル)を記述する組織モデルである。


最初にソフトウェア開発のために発達するCapability Maturity Modelの後ろの思考は、組織がソフトウェア・アプリケーションを吸収し、運べるべきであることである。 モデルはまた1つのレベルからの次に組織を持って来るのを助ける活動および特定のステップを提供する。


Capability Maturity Modelの5つの段階

  1. 頭文字(プロセスはアドホック、無秩序である、または実際に少数のプロセスは定義される)
  2. 反復可能(基本プロセスは確立され、これらのプロセスに付くべき訓練のレベルがある)
  3. 定義されて(すべてのプロセスは互いに定義され、文書化され、標準化され、そして統合される)
  4. 管理されて(プロセスはプロセスおよび質の詳しいデータの収集によって測定される)
  5. 最大限に活用すること(連続プロセスの改善は適切にからの量的なフィードバックによってそして新しい考えおよび技術の操縦採用され、)

ソフトウェア成熟度モデル

CMMはソフトウェアプロセス成熟度の下にある主義および練習を記述する。 ソフトウェア発展道によってソフトウェアプロセスの成熟度を増進するために組織を助けることを意図する。 この道は成長した、訓練されたソフトウェアプロセスの方のアドホックな、無秩序プロセスから、行く。 焦点は訓練されたソフトウェアプロセスから成り立つかもしれない模範的な練習および主プロセス区域の識別にある。 成熟度のframeworkはCMMによって確立する文脈を提供した:

  • 練習は繰り返すことができる。 活動を繰り返さなければ、それを増進する理由がない。 一貫して実行し、実行に構成を強制する方針、プロシージャおよび練習がある。
  • 最良の方法はグループを渡って急速に移すことができる。 従って練習はプロジェクトの境界を渡る移動を可能にする十分に定義され構成に標準化を提供する。
  • 最良の方法の実行の変化は減る。 量的な目的は仕事のために確立される; 査定が可能であるベースラインを形作るそして手段は確立され、取られ、そして維持される。
  • 練習は絶えず機能(最大限に活用すること)を高める増進されている。

Capability Maturity Modelはソフトウェア開発だけ、また組織の発展のレベルを一般に記述する有用および組織が実現するか、または向けたいと思う経営のレベルを記述するためにであるが。


Capability Maturity Modelの構造

  • 成熟度は-連続的な改善を達成するために必要である訓練に進行を提供する層にされたframeworkを水平にする。 それは組織が新しい練習、技術、または活動の用具の影響を査定する機能を開発すること国家にとってここに重要である。 それ故にそれは採用するの問題これらのむしろそれである革新的な努力が既存の練習にいかにの影響を及ぼすか決定の問題でない。 これはプロジェクト、チームに権限を与え、サポート選択にそれらに基礎を与えることによる組織は。推論した)
  • 主プロセス区域-主プロセス区域(KPA)は一まとめに行われたとき考慮される重要な一組の目的を達成する関連の活動の集りを識別する。
  • 目的-主プロセス区域の目的はその主プロセス区域のためになければならない州を要約する。 州は有効な、不変の方法で実行されなければならない。 目的が達成された範囲はどの位機能を構成がその成熟度のレベルに確立したかの表示器である。 目的は各々の主プロセス区域の規模、境界および意思を示す。
  • 共通機能-共通機能は主プロセス区域を実行し、制度化する練習を含んでいる。 この5つのタイプの共通機能は下記のものを含んでいる: 、行う能力行うコミットメントは活動、測定および分析、および実施を確認すること行った。
  • 主練習-主練習は主プロセス区域の実施そして制度化に効果的に貢献する下部組織および練習の要素を記述する。

プロセス定義の規準

プロセス定義の規準はプロセスを行っている人々によってそれのためのソフトウェアプロセス記述に使用可能のために含まれていなければならないプロセス要素のセットである。 規準を確立するためには質問をしている-どんなソフトウェアプロセス情報私が文書化する必要があるか」。がか「

そのようなプロセス要素は次のとおりである:

  • 目的-プロセスはなぜ行われるか。
  • 入力-どんな仕事プロダクトが使用されるか。
  • 出力-どんな仕事プロダクトが生産されるか。
  • 役割-だれ(または何)活動を行うか。
  • 活動-何がされるか。
  • 記入項目の規準-プロセスはいつ(どんな情況の下で)始まることができるか。
  • 出口の規準-プロセスはいつ(どんな情況の下で)完全考慮することができるか。
  • プロシージャ-活動はいかに実行されるか。
  • 行われる検討および監査
  • 管理され、制御される仕事プロダクト(またはコンフィギュレーション・マネジメントの下に置かれて)。
  • 作られるべき測定
  • 訓練
  • 用具

本: James R. Persse - Implementing the Capability Maturity Model -

本: Mary Beth Chrissis - CMMI: Guidelines for Process Integration and Product Improvement -


Capability Maturity Model フォーラム
  Modifying the Capability Maturity Model
Are there any legal restrictions in regards to the use of CMM? I would like to modify its basic concept....
     
 
  Capability Maturity Model in Government
Is it possible to use this methodology in government? In SOEs? In state enterprises? Are there any cases existing? Please I need some orientations. Thanks....
     
 
  Capability Maturity Model Integration Companies
I need statistics of companies in the world that implement CMMI. Who has more information about this. Any CMMI References?...
     
 
  Organisational Process Model in S/w Industry
Dear all, can anyone suggest me which organisational process model is best to apply in software company? Thanks for your suggestions......
     
 
  Hybrid Maturity Model Integrates Human Rights
In Canada, a new maturity model is being developed to integrate human rights into day-to-day business activities. The model is a hybrid of the CMM, the people CMM and a diagnostic tool for employment equity....
     
 
  Weaknesses of Capability Maturity Model?
What are the main weaknesses or limitations of CMM?...
     
 
  Capability Maturity Model Integration Level 5
CMMI level 5 should be made easier without too much thrust on usage of mathematical analysis. Ultimately the business needs to be captured....
     
 
  Capability Maturity Model > CMMI
This article needs to be updated. It is currently focused on CMM-SW that has been replaced in 2002 by a more comprehensive model (CMMI)(Capability Maturity Model Integration) in terms of scope and depth. CMMI is applicable not only to software, but a...
     
 

Capability Maturity Model 特別興味グループ


特別興味グループ

Capability Maturity Model 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Capability Maturity Model プレミアム

Expert Tips (ENG) - Capability Maturity Model プレミアム
 

Weaknesses of the CMM Model

- CMM does not describe HOW to create an effective software development organization.
- CMM compliance is not a guarantee that a project will be ...
Usage (application)Implementing Process Improvements
 
 
 

Process and Enterprise Maturity Model

Although most executives are aware that a redesign of business processes can lead to extraordinary improvements in cost, quality, speed, profitability...
Usage (application)Alternative to CMM, Process-Based Transformation Efforts
 
 
 

The CMMI Model

The Capability Maturity Model Integration (CMMI) is the successor of the Capability Maturity Model (CMM). A new version of CMMI v1.2 was released in A...
Usage (application)Process Improvement
 
 
 

IDEAL Model

Originally, the IDEAL model was a life-cycle model for software process improvement based upon the Capability Maturity Model (CMM) for Software...
Usage (application)Alternate Process Improvement Model
 
 
 

Origins of CMM

In the mid 1980s, the United States Air Force funded a study at the Software Engineering Institute (SEI) of the Carnegie-Mellon University in Pittsbur...
Usage (application)Teaching Process Improvement, History
 
 

リソース - Capability Maturity Model プレミアム
 

ニュース

capability maturity
     
 

ニュース

maturity model
     
 

動画

capability maturity
     
 

動画

maturity model
     
 

プレゼンテーション

capability maturity
     
 

プレゼンテーション

maturity model
     
 

もっと

capability maturity
     
 

もっと

maturity model
     

Capability Maturity Modelをと比較した:  People CMM  |  OPM3  |  Balanced Scorecard  |  Baldrige Award  |  EFQM  |  Change Approaches  |  Organizational Learning  |  Kaizen


経営ハブに戻る: 変更と組織人材知識と無形財産サプライチェーンと質


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 1-10-2016。所有者別の全 tm 名。