Clarkson Principles

ナレッジセンター

   

Stakeholder ManagementのためのClarkson Principlesの説明。 (「93- 「98)

目次

  1. 要約
  2. フォーラム
  3. ベストプラクティス
  4. Expert Tips
  5. リソース
  6. 印字

Clarkson PrinciplesはCentre for Corporate Social Performance and Ethics in the Faculty of Managementによって催された4つの会議から起きる[今: Clarkson Centre for Business Ethics & Board Effectivenessかcc (ありなさい)] 1993年と1998年間。 


これらの会議では調査のstakeholder理論、従業員、顧客、製造者、社会および環境への関係をおよび株式会社の責任共有するために、経営学生は検査するそして出現分野の考えを集まった。


Stakeholder ManagementのClarkson Principlesは2001-2003年のビジネススキャンダルに関連して広く論議されたcorporate governanceの心配の初期一般的な意識を表す。


主義1

マネジャーは認めるべきで、積極的にすべての正当なstakeholdersの心配を監視し、そして意思決定および業務に彼らの興味を適切に注意してもつべきである。

主義2

マネジャーはを聞き、彼らのそれぞれの心配および貢献と株式会社の介入のために仮定する危険についてのstakeholdersと率直に伝達し合うべきである。

主義3

マネジャーは行動のプロセスそしてstakeholderの各選挙区民の心配そして機能に敏感であるモードを採用するべきである。

主義4

マネジャーはstakeholdersの中の努力そして報酬の相互依存を確認しその中の企業の活動の利点そして重荷の公平な配分を達成するように試みるべきで彼らのそれぞれの危険および脆弱性を考慮に入れる。

主義5

マネジャーは公共および私用他の実体を避けることができないところでことを危険、協力的に使用する保証するべきで、企業の活動からの発生に最小になり、適切に償われる害を与える。

主義6

マネジャーは譲渡できない人権(生命への例えば、権利)を危難にさらすまたは明らかに理解されたら関連したstakeholdersにpatently受け入れられない危険をもたらすかもしれない活動を全体で避けるべきである。

主義7

マネジャーは企業のstakeholdersとして(a)彼らの自身の役割間の潜在的な対立を、(b) stakeholdersの興味のための彼らの法的および道徳的な責任認め、開いたコミュニケーションを通してそのような対立に、適切な報告および激励システムおよび、ところで必要、第三者の検討演説するべきである。


Clarkson Principlesはstakeholderの特定の主義を開発し、次に主義に従ってそれらを実行するために経営を奨励し、要求する「メタ主義」とみなされるべきである。


本: Jeffrey L. Seglin - The Right Thing -

本: Joseph W. Weiss - Business Ethics -

本: O.C. Ferrell - Business Ethics -


Clarkson Principles フォーラム
  Quotes on the Clarkson Principles. Quotations
Hi, do you know of a remarkable, humorous quote by a famous person or a proverb related to the Clarkson Principles?
Please enter a reaction to share it for other people to enjoy! Please use this template:
Author Name Year of Birth - Year of Dea...
     
 

Clarkson Principles 特別興味グループ


特別興味グループ

Clarkson Principles 教育とイベント


トレーニング、セミナー、イベントを見出す


ベストプラクティス - Clarkson Principles プレミアム

Expert Tips (ENG) - Clarkson Principles プレミアム
 

Who are your Stakeholders?

Ian Mitroff, Emeritus Professor from the University of Southern California, identified seven categories of stakeholder perspectives than can help to d...
Usage (application)Clustering Stakeholders
 
 
 

The Skills Needed to Spot Ethical Issues

Bazerman provides some useful advice on both the challenges in noticing (potential) ethical issues and ways of overcoming them.

CHALLENGES ...
Usage (application)Preventing Ethical Failures, Identifying Ethical Issues, Business Ethics
 
 
 

The Maturity Stages of Corporate Responsibility

Simon Zadek provides a useful best practice five-stage maturity model of how organizations deal with Corporate Responsibility:
- Defensive: deny ...
Usage (application)Organizational Development, Corporate Responsibility Maturity
 
 

リソース - Clarkson Principles プレミアム
 

ニュース

Clarkson principles
     
 

ニュース

stakeholder management
     
 

動画

Clarkson principles
     
 

動画

stakeholder management
     
 

プレゼンテーション

Clarkson principles
     
 

プレゼンテーション

stakeholder management
     
 

もっと

Clarkson principles
     
 

もっと

stakeholder management
     

と比較した: Ashridge Mission Model  |  Stakeholder Analysis  |  stakeholderの地図を描くこと  |  Intrinsic Stakeholder Commitment  |  Strategic Stakeholder Management  |  倫理的な崩壊の7つの印  |  Strategic Intent  |  Moral Purpose


経営ハブに戻る: コミュニケーションとスキル倫理と責任戦略


より多くの方法、モデル、理論

Special Interest Group Leader

ここにいますか


12manageについて | 広告宣伝 | 当社にリンク | プライバシー | サービス条件
版権 2016 12manage - 幹部ファーストトラック。V14.1 - 最近の更新: 3-12-2016。所有者別の全 tm 名。